ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014 iCD 配線図(参考例)

<<   作成日時 : 2013/08/06 19:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

画像
フロントサスだけなら、ケーブルは2本。
フロントサスとリアサスになると、ケーブルは3本必要となります。
ケーブルはEW-SD50を使用することができます。

リアサスだけの取り付けは想定されていません。(リアサスだけの購入は不可とお考えください。)
必要な補器類はフロントサスペンションに添付されていますが、バッテリー本体・バッテリー充電器用電源ケーブル(日本規格)及び配線用のケーブル(サイズ選択が必要なため)は別途ご購入いただく必要があります。

EWSDはSiemens(シーメンス)社によって開発された国際的な規格的のようで、
Electronic Worldwide Switch Digitalの略。

ちなみに電車に取り付けられているATSは、Automatic Train Stop
そのまんまやないかい!
若い頃は、もっとすごいものの略号かと思ってました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
2014 iCD 配線図(参考例) ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる