27.5と29

画像
実際に見えている風景を、写真によって再現することはできません。
29インチの前に27.5インチを配置して掲載したかったのですが、そのレイアウトでバイクを配置すると、車輪の大きさが同じ位になります。
諦めて、29を前に持ってくると、その差は“演出かっ!”という程に強調されます。何のコメントもなしで掲載すると、お叱りを受けそうなくらい。

少し前までエキスパートクラスまでのXCレースのスタートで面白い現象が起きていました。
29インチのライダーさんたちは26インチよりもローギアを選択。26インチのライダーはいつもの通りでスタート。29インチのライダーが独楽鼠のようにクランクを回している横を、26インチのライダーが力強く加速していく姿を見かけました。最近は29インチのライダーさんたちが慣れてきたため、そのような風景を見かけることは少なくなってきています。
29インチは静止状態から加速をするためには26インチよりも大きなトルクが必要となります。トルク(学術的に正確な表現は、パワーとなります。)が足りない分、低いギアで回転数を上げ、その辻褄を合わせていくため、独楽鼠現象が発生していたのです。つまり選択したギアが29インチのメリットを殺してしまう程、低過ぎていたわけです。

同じ価格帯の27.5インチと29インチのフレームを、同じグレードのパーツで組み上げて重量を比較すると、その差の大きさに驚きます。29インチの大きなホイールに大きなタイヤ、これを支えるためにフレーム自体も補強されていますから、当然と言えば当然のこと。
ホイールだけでも、かなりの重量差が存在します。レースの最中は、その重量差のあるホイールをひたすら回し続けなければなりません。十分なトレーニングを積める環境のライダーはトルク型に体を適応させることで問題の解決を図ることができます。そうすることによって、はじめて29インチのメリットを十二分に生かすことができるようになります。

27.5は26インチよりもわずかに大きいだけ。大径化によるメリットも左程大きなものではありません。

画像
これは26インチ、27.5インチ、29インチを単純化したモデル。

大きくなれば、リムとタイヤの分だけの重量が増えます。27.5インチ、重量の増加も大きなものではありません。何のトレーニングも無しで、乗り換えるだけでメリットが享受できるのは27.5インチが限界なのかもしれません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 43

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい