ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015 36 FLOATシリーズ エアスプリングサイド 日本語マニュアル

<<   作成日時 : 2015/02/17 19:08   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

フォークの空気圧設定

2015年36 FLOATシリーズの最大設定空気圧は125psiです。

ライディングスタイル、地形、バイクのジオメトリーなど、様々な状況に応じ、下記の『サグを設定する際の推奨開始空気圧』に記載された値に対し±10psiの範囲でポンプを使い加圧するだけで、性能を発揮させることができる適正なサグを得ることできます。
表の数値を参考に、気軽にフォークの空気圧設定を行ってください。

フォークのトラベル量の15%〜20%にサグを設定します。

1. 左フォークレッグの上にある青いエアキャップを反時計回りに緩めて外し、シュレーダーバルブを露出させます。
画像

2. シュレーダーバルブにFOX高圧ポンプを取り付けます。

3. 「サグを設定する際の推奨開始空気圧」に記載されている、あなたの体重に合わせた適正空気圧まで加圧して下さい。その後ポンプを取り外します。

4. 左アッパーチューブのサグセッティング用Oリングを使用(もしくはジップタイを一時的に取り付けて下さい。)、ダストワイパーに対してOリング(またはジップタイ)を下側にスライドさせます。
画像

5. HIとLO、2つのRC2アジャスターが全開の位置(両方とも完全に反時計回り)に設定して下さい。

6. ライディングウェアを着た状態(水分補給用パックを使用する場合には装着した状態で)で、自分を支えるため壁やテーブルの近くにあなたのバイクを移動し、乗車して下さい。サスペンションを完全に沈ませるため、少なくとも10秒間、あなたのライディングポジションを維持するようにして下さい。サドル、ハンドル、ペダルに対し均等に体重をかけるように意識して下さい。

7. あなたがライディングポジションを取っている間に、友人の手助けなどでOリング(またはジップタイ)をフォークダストワイパーに対して下側にスライドさせて下さい。

8. Oリングやジップタイを動かさないよう、ゆっくりとバイクから降りて下さい。Oリングまたはジップタイからダストワイパーの上端までの長さを測定します。これがサグの測定値となります。推奨サグ設定の値が、以下の表に記載されています。

9. サグの測定値がフォークのトラベルの15〜20%の間になるまで、ポンプを使って加減圧を行って下さい。

10. 手順2から8までを繰り返して、サグの測定値を再確認して下さい。

11. 適切なサグ設定を行うことができたら、その数値を記録しておき、青いエアキャップを時計回りに一杯まで締め込みます。

画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。毎回楽しくBlog拝見させて頂いております。
先日待望のフルサスMTBが組み上がり、こちらのBlog記事を参考に前後20%のサグにしようとセッティング中なのですが・・・使用サスペンションは
フロント 2015年 FOX FLOAT RC2 36 160mm 27.5inch
リアサス FOX FLOAT CTD X 2.50inch  
を使用しています。        
体重77kgあるのですがフロントサスペンションのを空気圧45psi程度にしなければ20%のサグになりません。
別の記事(2015/5/14)で拝見したのですが、フロントを持ち上げるとストロークが伸びる分は計算に入れないとなっていますが、その場合さらに空気圧を下げなければいけません。
またリアサスペンションの空気圧は200psi程度にしなければ20%のサグになりません。
フレーム形状やポジションで空気圧は変わってくるとは思うのですが、フロントは余りにも低圧・リアは高圧気味に思うのですが、いかがなものでしょうか?
ポンプはFOXのポンプを使用しています。取り付け方法が悪く正確に圧が計測できていないのでしょうか?
また、前後サグは同じ%が基本のようですが
今回購入したフレーム推奨サグが28%なのですが、その場合前後28%にすれば良いのか?それともリア28%フロント20%が基本となるのでしょうか?
質問ばかりで申し訳ありませんが
ご教授の程、宜しくお願い致します。
へたれMTB乗り
2015/05/12 09:59
へたれMTB乗りさん、こんにちは。

>フロントを持ち上げるとストロークが伸びる分は計算に入れないとなっていますが、その場合さらに空気圧を下げなければいけません。

2015年の36ならばネガティブスプリングが入っていませんから、伸びる量はほとんどないはずです。一旦、100PSIまで加圧すると限界まで伸びますから、その後にお使いになられる内圧まで下げてみて下さい。低圧に設定してもフォークの長さは変わらなくなると思います。

初期を柔らかくするためには気室設定を大きくとるようにして下さい。エアサイド、空気を抜いた後でトップキャップを緩めて外し、ボリュームスペーサーを抜いてください。これで少しは改善されるはずです。
まずはリアを20%で固定した状態でフロントの沈み込みを大きくしましょう。
まずは、ここまでの作業を行ってみて下さい。
フロントとリアの気圧の差は気にされなくても大丈夫です。
大島
2015/05/12 20:22
早速の回答ありがとうございます。
100PSIまで加圧後に設定した所、ストロークの長さが変わらなくなり、50PSI程度でサグ20%になりました。
ひとまずこの設定でサスペンションの慣らしをし、その後もう一度セッティング詰めて行きたいと思います。ご教授ありがとうございました。
前後サスMTBのセッティングは難しいですね。
もう一つ質問なのですが、もう一台MTB(ハードテイル)を所有しているのですが、そちらには2013年FOX FACTORY 32 TALAS 140mm 26inchを装着しているのですが、インナーレッグの長さを測ると140mmあります。
しかし36 FLOATの方は約166mm程あるのですが通常でしょうか?
へたれMTB乗り
2015/05/13 08:44
へたれMTB乗りさん、こんにちは。

こちらこそ、ありがとうございます。
軽量であるが故、シビアになりますが、その変化の大きさをローコストで楽しむことができるのもMTBの魅力ですので。

TALASもネガティブスプリングが、コイルではなくエア方式になっています。
全く問題のないレベルで異常ありません。安心してお使いください。
今後とも宜しくお願い致します。
大島
2015/05/13 22:45
大島さん、こんばんは。

質問が御座います。
2016 36FLATを使用しております。
2016もスペーサーを外せば気室設定が大きくなるのでしょうか。

スペーサーを外して大きくなる場合には、スペーサーを全て外しても問題は御座いませんでしょうか。

腕に障害があり、フロントに加重を掛け辛く質問をさせて頂きました。

ちなみにですが2016 36FLATの最低空気圧はどのぐらいになるのでしょうか。

基本的過ぎる質問で申し訳ございません。

宜しくお願い致します。
ぽっくん
2016/02/06 20:34
ぽっくんさん、こんにちは。

全てと言っても標準ではブルーが一つ入っているだけです。
外して頂けば、空気室を大きくすることができます。
(問題ありませんので。)

最低空気圧は50PSI〜53PSIとなります。
大島
2016/02/08 20:17
2015 36 FLOATシリーズ エアスプリングサイド 日本語マニュアル  ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる