2014/2015 TALAS スプリングサイド 日本語マニュアル

ライディングの前に

あなたのフォークが適切な状態であることを確認してください。

1.クイックリリースレバーが正しく調節され、適切なトルクで締められていることを確認して下さい。

2.フォークの外側全体を確認して下さい。外装部品に破損がある場合に使用をお止め下さい。検査、修理に関してはお買い求めになられた販売店、もしくはお近くの販売店にお問い合わせ下さい。

3.ヘッドセットのガタをチェックしてください。緩んでいる場合には、その自転車メーカーの推奨値に調整して下さい。

4.全てのブレーキケーブルあるいはホースが正しく固定されていることを確認して下さい。

5.周囲を確認の上、安全な場所で、フロントとリアブレーキが適切に作動することを確認して下さい

6.レースやライディングの前には、中性洗剤と水でフォークの外側を洗浄し、柔らかい布で水分を拭き取って下さい。ダストシールとアッパーチューブの接合部には直接水をかけないようにして下さい。

*高圧洗浄機の使用はお控え下さい。



フォークの空気圧設定

32 TALAS最大空気圧は200psiです。

フォークのトラベル量の15%~20%にサグを設定します。
1. TALASのトラベル設定を長いポジション(完全に時計回り)にアジャスターをセットします。

2. 左フォークレッグの上にある青いエアキャップ(“AIR”の刻印の部分)を反時計回りに緩めて外し、シュレーダーバルブを露出させます。
画像

3. シュレーダーバルブにFOX高圧ポンプを取り付けます。

4. 「サグを設定する際の推奨開始空気圧」に記載されている、あなたの体重に合わせた適正空気圧まで加圧して下さい。その後ポンプを取り外します。

5. 左アッパーチューブのサグセッティング用Oリングを使用(もしくはジップタイを一時的に取り付けて下さい。)、ダストワイパーに対してOリング(またはジップタイ)を下側にスライドさせます。
画像

6. ディセンドモード(乗車した状態から見て、1時くらいの位置)にCTDレバーを回転させます。
 *CTDリモートの場合には、リリースレバーをクリックしてディセンドモードに設定します。

7. ライディングウェアを着た状態(水分補給用パックを使用する場合には装着した状態で)で、自分を支えるため壁やテーブルの近くにあなたのバイクを移動し、乗車して下さい。サスペンションを完全に沈ませるため、少なくとも10秒間、あなたのライディングポジションを維持するようにして下さい。サドル、ハンドル、ペダルに対し均等に体重をかけるように意識して下さい。

8. あなたがライディングポジションを取っている間に、友人の手助けなどでOリング(またはジップタイ)をフォークダストワイパーに対して下側にスライドさせて下さい。

9. Oリングやジップタイを動かさないよう、ゆっくりとバイクから降りて下さい。Oリングまたはジップタイからダストワイパーの上端までの長さを測定します。これがサグの測定値となります。推奨サグ設定の値が、以下の表に記載されています。

10. サグの測定値がフォークのトラベルの15~20%の間になるまで、ポンプを使って加減圧を行って下さい。

11. 手順2から8までを繰り返して、サグの測定値を再確認して下さい。

12. 正しくサグの設定を行った後、青いエアキャップを時計回りに一杯まで締め込みます。


32 TALAS セッティングを開始する推奨空気圧
画像
画像
画像



34 TALAS セッティングを開始する推奨空気圧
画像
画像



36 TALAS セッティングを開始する推奨空気圧
画像
画像



推奨サグ設定値
画像