体力とセッティングは似ています。

画像

以前にもお話しましたが、レース時に少しでも楽に走りたいとトレーニングを重ねても、タイムは向上しますが楽になることは絶対にありません。もちろん以前と同じペースで走れば楽に走ることができますが、更に上のレベルを目指してしまうのがアスリートの性なんです。

セッティングも同じ。楽に走ることができるようになるとペースが上がります。
するとまた新しい問題が発生してくるはずです。
リバウンドやコンプレッション減衰設定の微調整やサグの見直しなど、様々な解決方法が存在します。これも解決していくと更に・・・。
どのあたりで折り合いをつけるのか、その見極めはご自身でしか判断できません。
ケガをしないことが大切です。
機材に頼り過ぎず、速く走ることができるポイントを見つけてください。