後乗りについて その5

画像
より走るバイクにするため、ポジションの改善を行います。

おなかと両腕の間で、大きなボールを抱えるような姿勢をとれるポジションが理想です。
XCモデルでは小さなバランスボール、DHモデルでは普通のバランスボールを抱え込めるような姿勢をイメージして下さい。
腕を大きな弧を描くように、肘を外側に軽く張り出す感じです。
腹筋と背筋を使うことになります。背中は俊敏な対応を可能にするため、猫のようなイメージで、軽く自然に丸めてください。(注:本物の猫が歩いている姿は猫背ではありません !)精神的にリラックスすることができ、余計な力がかかっていない状態。これが後乗りの基本乗車姿勢になります。
この姿勢でペダルの位置が合わなくなったと感じたのなら、車体中心部から前にかけての範囲でポジションを取っていたことになります。

トップチューブが長めのバイクに乗っている方、この姿勢で定常円旋回を行ってみてください。前輪が遠回りしている感覚があるのにも関わらず、小回りできることを実感されると思います。以前よりもバンク角が深くなり、安定した状態で旋回できているはずです。しっかりとしたバランスが取れていますから、外乱に対しても意外なほど強いところを見せてくれます。若い方は子どもの頃に夢中になった一輪車のイメージで乗車してみて下さい。

そのポジションで舗装路の坂を登って下さい。以前よりもリアタイヤが潰れ、リアのグリップを感じやすいはずです。苦しくなってくると無意識のうちに体が前に行こうとします。思い留まって、そのポジションで辛抱してください。前に逃れようとした時よりもタイムは向上しています。

長くなりましたが、使用するカテゴリーにあわせたポジションを、半ば強制的にとらせるバイクがMondrakerなのです。
特にDH系はこのポジションが主流になってくると思います。
某大手メーカーさんが、そのスケルトンにインスパイアされたと語ったモデルを実戦投入、その後販売されているくらいですので。