サスペンション設定について

手間がかかることが嫌われる昨今、リバウンド側の設定を全開放=左回りに一杯に緩めた状態から設定(締め込むクリック数が少なくなります。)でお話ししてきました。リバウンドダイアルに設けられたテーパー部でニードルやロッドを押し込む構造でしたから、何の問題もなく、その方法での設定をお伝えすることができました。

Vanilla RCのコンプレッション側がスプリングを使用した構造になったのですが、スプリングが遊んでしまうような状態ではなかったため、混乱を避けるため、そのまま全開放からの設定でお話ししてきました。
X2シリーズからは長期間の使用によりスプリングが縮み、遊んでしまう可能性(空回りするクリックが生じます。)が出てきたこと、また設定がかなりシビアになってきたことも合わせ、機械的に正しい表現である『全閉から戻し数』でお話しする必要が出てきました。
今後の表記は、『全閉(右回り一杯に回した状態)から、何クリック戻し』でお伝えするようにいたします。
ご面倒をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

大きなスプリングはハイスピード側の減衰を調整します。
ロースピード側は、ねじ式でオイルの通路の大きさを変化させるため、遊びがありません。
ハイスピード側は大型化されたバネのプリロードを使用していますから、スプリングの長さが変わってしまうと遊びが出る可能性があります。

画像