FLOAT SCの設定

画像

2017年モデルのFOX フロントフォーク,
FLOAT SCとスタンダードのFLOATではコンプレッション側の設定が大きく異なります。
スタンダードなFLOATはサスペンションとしての機能を最大限に発揮するため、柔らかくスムースに動く設定になっています。

FLOAT SCは全く違うアプローチで仕上げられています。
XCOレースで使用されることが大前提ですから、2015年後半にワールドカップで磨きをかけられた容赦ないレース仕様のコンプレッション設定になっています。
タイムロスにつながる無駄な動きが完全に排除され、必要最低限の動きをします。

体重の軽い方は最初にエアスペーサーを一つ抜いて、15%=15mmのサグ設定をしてください。

覚えておいて頂きたいことは

◎15mmのサグはマスト。
◎ボトム付近のストローク感はエアスペーサーで調整する。

この2点です。