FLOAT X2、エアボリュームスペーサー設定数の上限

FLOAT X2、エアボリュームスペーサーの設定数には上限があります。手軽にわかりやすくスプリング特性をプログレッシブに調整できますが、速く走ることができる方にとっては嵌りやすい落とし穴になっています。

最終的な踏ん張りはスペーサーに依存するのですが、過渡特性は減衰で調整します。

エアスプリングへの依存度が高くなってしまうと、コンプレッション側減衰設定を弱めにせざるを得ません。
すると衝撃を吸収する効率(エネルギー変換の効率)が落ちてしまいます。その上、反発力が強くなってしまうため、過多なリバウンドが必要になり、サスペンション自体の作動効率が落ちます。

性急に結論だけを要求される多忙な世の中ですが、ご希望があれば、もう少し詳しいお話をするようにします。
画像