転倒の多い方へのアドバイス的な?

画像
セッティングを意識している方が嵌りやすい罠。
実際に先日の全日本選手権DHIで行っていた方も多いと思います。
(HI-LOの)コンプレッションを弱く設定、リバウンドを弱めにして、サスペンションをストロークさせ易くする。
更に今のDHバイクはヘッドが寝かされていますから、切り返しを素早く行うため、リバウンドを弱く設定、リズムを取りやすくする。
実際、希望通りの動きにすることはできるのですが、あまりにもリスキーなセッティングなのです。舵角のついた前輪がスリップ、前に投げ出され、顔着している人は、このパターンにはまっている可能性が非常に高く、前輪が滑って転倒している回数の多い人は、この設定が原因となっていることを疑う必要があります。

まずリバウンド設定を強くすると、LO側のコンプレッションも強くなってしまう副作用について説明します。
ストロークをすると、ピストンボルトの中心にあるAの穴からもオイルが入り、Bの穴から出ていきます。ストロークした状態から戻ろうとするピストン。オイルはBの穴から入り、Aの穴から出ていきます。その際のオイルの流れる量をニードルと呼ばれる部品でコントロールすることによってLO側のリバウンドを発生させています。流れる量のコントロール、単純にBの穴径を小さくしていると考えて頂ければ、理解しやすいかと思います。出口であるBの穴径が小さくなっているのなら、ストロークする際にAの穴から入ろうとするオイルの量が減少し、抵抗を発生させます。これが副作用で発生しているLO側コンプレッションの正体です。

この項、続きます。