リバウンドとコンプレッションの関係 その2

最終的にはセッティングの話になります。
内部を理解することによって、ご自身で納得できる設定を行っていただくための記事です。

画像
ピストンの写真。
EからFに流れていく回路がハイスピードリバウンド。
フロントフォークの場合、AからBに流れる回路はロースピードのコンプレッションではなく、チェックバルブと呼ばれている回路になっています。
参考:
リアユニットの場合は、ここにバルブリーフが何枚も重ねられ、入力に応じ、エネルギー変換(バルブリーフを開いた力は熱に変化します。)を行ってオイルの流量を調整します。フォースセンシティブ(力に反応する回路)に分類されるコンプレッション発生装置になっています。
純粋なコンプレッション回路はAからBに流れるものだけなのですが、フォークが圧縮される際には水色のラインを、オイルは矢印とは逆の方向にも流れていきます。穴が開いていますから。そうです。リバウンドを強く設定をしていると、その穴の大きさが小さくなっているため、流量制限をされることになり、期待していないロースピードのコンプレッションが発生してしまうのです。
はい。リアショックのDHX2・FLOAT X2・DPX2のピストンボルトには穴が開いていません。そのためリバウンドの回路はコンプレッションを発生させることがなく、コンプレッションとリバウンドを別々に設定することが可能になっています。

明日に続きます。予告編を。

ではフロントの設定はどうすればいいのか?

その答えをお伝えします。