写真は雄弁です。

先日の記事より。
「SCは空気容量が少ないため、通常モデルに使用されている、エアボリュームスペーサーを取り付けることができる気室容量を調整するパーツが存在しません。SC用のトップキャップは直下に直接エアボリュームスペーサーを取り付けることができるようになっています。」
画像

悩ましい説明を、瞬間的に解決することができるのが写真。
水色の部分が『エアボリュームスペーサーを取り付けることができる気室容量を調整するパーツ』
この分だけ、空気容量を増やすことができます。
水色の部分、取り外すことはできるのですが、スペーサーを使った調整ができなくなってしまいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)