ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 2019 40FLOATの設定

<<   作成日時 : 2018/07/20 20:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2019の40FLOAT。
限界性能が高くなっているため、以前のモデルと比較すると融通の利かない部分があります。
あなたの設定のロジックが破たんしていると、このフォークはスムースに動くことができません。

特にコンプレッション側の設定。
HSC(ハイスピード・コンプレッション)は全閉から10クリック戻し。
LSC(ロースピード・コンプレッション)は6クリック戻し。
この設定からの微調整でイケるはずです。

ここからはHI&LOの調整機能があるもの全てに共通したお話。
2018年以前のモデルの基本設定はLSC/HSCともに15クリック戻しです。

LSCは全域でオイルの流量制限をします。HSCは速い入力に対し、踏ん張りの解除タイミングを調整します。解除される際、入力の速さに応じたエネルギー変換を行います。
LSCの戻し数が多いとオイルの流量が多くなるため、HSCの効きが悪くなります。そのためにHSCを締めていくと、本来想定されているよりも、速いタイミングでバルブが開きます。その開くまでの間は、異様な踏ん張りを発揮する癖に一旦開いてしまうと…。
LSCの戻し数が少ないとオイルの流量が少なくなりますから、HSCの戻し数が多くても開くタイミングが遅くなります。オイルの流量とエネルギー変換の始まるタイミング、これらの調整をバランスよく行う必要があります

リバウンドも同じような構造。適正なサグ(40は30mm)を得られた空気圧に対応する数値を見つけ、設定を行ってください。ここからの微調整で対応できます。

頑張れ!40ユーザー!

画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
2019 40FLOATの設定 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる