ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS トラニオンマウント、これはいいものだ。

<<   作成日時 : 2018/09/26 18:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

レデューサーから伝わるストレスで、ショックユニットはねじられています。トラニオンマウントの登場によって、大きく動く側の可動部分をフレーム側に渡し、ストロークに専念することができる割合が増えました。反対側はレデューサーなのですが、幅の狭い側を担当させることにより、ねじれの影響を少なくしているデザインがほとんどです。幅が広くなってしまう場合、TREKのように非対称なマウントキットを採用し、影響の少ない側のオフセットを大きくするなどの工夫がなされています。
ここ数年のフレームは、ショック、リンク、フレームの『力関係』を調整、弱い部分を無くし、外部からのストレスを均等に分配するような設計になっています。
全世界的にDHバイクが売れていませんから、新しい試みの主戦場はエンデューロバイクのカテゴリーに移行。DHバイクでは、まだジオメトリのスイートスポットが確立していない29インチですが、エンデューロでは各社ともに『黄金比』を見つけることができたようです。今のエンデューロ系29インチ、目隠しして(危ない!wwww)乗ることができるのなら、間違いなく27.5インチと間違えるはずです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
トラニオンマウント、これはいいものだ。 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる