ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS GRIPのリモート 作業上の注意点

<<   作成日時 : 2018/10/02 17:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
回転するダイアルを固定しているボルト類を緩めたり、締めたりする際には、必ずダイアルを固定し回転しない状態で作業を行うようにしてください。それを怠ってしまうと、回転する内部の部品が噛み込みをおこしたり、リモートの場合はスプリングが変形したりします。

GRIPのリモートのレバーをプッシュするとロックするタイプの場合、最初に中心部のシャフトを指で時計回り一杯に回してから、トップキャップパーツを取り付ける作業を行います。その際、硬いロックアウトが欲しいため、工具を使ってシャフトを締め込んでから部品の取り付けを行うと作動不良を起こします。可動はするのですが、レバー操作に大きな力が必要となり、更にレバー操作によるロックアウトの解除ができなくなります。
リモートワイヤーを取り付ける際に、スプリングにプリロードをかけながら、ワイヤーを固定するのですが、規定固定位置よりも奥で取り付けてしまうと、同じようにロックアウトの解除ができなくなります。

中心部のシャフトは、必ず指を使って時計回り一杯に回してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
GRIPのリモート 作業上の注意点 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる