ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS オーバーホールをお引き受けできないケース

<<   作成日時 : 2019/01/18 19:13   >>

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
これだけ傷が入っていると、オーバーホールをするとオイル漏れを起こします。また水の浸入も防ぐことができません。事実、内部に錆びが発生し始めていました。(写真は同一のフォーク、左右に転倒痕あり。)

2016年モデルで使用頻度が高かったため、買い換えをお勧めしましたが、オーバーホールをせずにお使いになられるとのこと。洗浄、傷のバリ取りを行った上、組み上げて返却させて頂きました。
*もちろんお客様がクラウンアッセンブリーの交換を希望されるのならお応えします。

バラシ、洗浄、組み上げ。3時間以上の作業でしたが、お客様のご要望にお応えすることができていないため、費用は一切発生いたしません。

販売店さんにお願いです。
お客様からお預かりする際に、事前のご説明をお願い致します。
重大な事故に繋がる可能性があるため、「オイルが漏れてもいいから、オーバーホールを。」といった仕事はお引き受けすることはできません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
オーバーホールをお引き受けできないケース ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる