カムとの距離で硬さが変わります。

これがDPS(リアショック)の3ポジションを生み出しているカムです。 このカムに、青いレバーが取り付けられ、反対側にピストンに蓋をする役目をするプレート(写真2枚目)が取り付けられたロッドの先端が当たっています。 1がFIRM(ファーム=ハード) 2がMedium(ミディアム=中間) 3がOpen(オープン=ソフト)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏技を一つ

あれはダメ。これもダメでは心苦しいので、(最大の理由は安全にご使用して頂くためである点はご理解下さい。)リザーバーにエアバルブが使用されているモデルに使用できる裏技をお伝えいたします。 この写真ではエアバルブが取り付けられている部品を取り外していますが外す必要はありません。 では手順を。 1.サスペンションをバイクから取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動くようにしたいのは理解できますが。

2015年モデルまで使用されていた32と34のエアシャフト。青い部分(Uカップと称しています。)は直接的にはエアをシールしない、ガイドの役割をしています。 フロントフォークもリアショックも、皆さんが想像される以上に、ねじれなどの変形を起こしながらストロークをしています。Uカップがないと、メインシールはインナーチューブの側面に対しての平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SCのトラベルを増やすことはできません。

SC(ステップキャスト)、32は100mmと34は120mmで商品展開しています。32の120mm、34の130mmストロークはSCではないシャーシ(ボトムケース&クラウンアッセンブリー)で展開しています。 SCは過剰な部分をそぎ落とし軽量化しています。そのためストロークを伸ばすことはできません。 最大の理由は、インナーチューブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FOXY Carbon XR 29

MONDRAKER、DHバイクには高めのレートのスプリングが装着されていますが、FOXY 29に装着されるDHX2に関してはアジア人の我々に対して適正レートのものが装着されています。 お客さんに尋ねられ、50kgくらいの体重の方のスプリングレートを算出するため、自分のXRで改めてサグを計測したのですが…。Mサイズの標準装着スプリングで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイアル類を緩めるときには。

噛み込みを防ぐために、ボルトを使ってダイアル類を取り付け、もしくは取り外しをする際には、ダイアルが回転しないよう、固定してから作業を行うようにしてください。 毎週、最低一本は黒いダイアルが動かない状態でお受け取りしています。 タイヤレバーを使って固定する方法はこちら https://mamapapa.at.webry.in…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は40。

年末から今日まで、休みなく毎日作業をしています。 そのため記事も分解祭り状態。 『HSCのダイアルが回らなくなった。オーバーホール。』 中断の左端、黒い円形のパーツが緩め過ぎて、噛み込みを起こしていました。軽い噛み込みを起こしていた状態から、直接アジャスターを工具で掴んで、更に緩める方向に回してしまったようです。外周部の白い部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリック感がない。

「クリック感がない。オーバーホール。」と送られてきたフロントフォーク。これだけ水分を保持できている状態ですから、シールは生きています。この辺りにはあまり水をかけないでください。高圧洗浄機は論外。 水が溜まっている部分にはカバープレートがあり、その下にクリック感を生み出すスプリングとベアリングボールが位置します。当然、錆びてしまって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FLOAT Xの分解途中の写真です。

昨日の作業から。 子どもの頃、機械ものを分解して組み上げることができなかったり、組み上げても部品を余らせてしまったり。 全てのパーツに役割があり、それを意識することができるようになれば大人。もちろん、そうしたトラブルはなくなります。逆に言えば、急いでいたりする場合、注意力が散漫になり…。そうしたことが起こらないようにするため、慣れた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーホールをお引き受けできないケース

これだけ傷が入っていると、オーバーホールをするとオイル漏れを起こします。また水の浸入も防ぐことができません。事実、内部に錆びが発生し始めていました。(写真は同一のフォーク、左右に転倒痕あり。) 2016年モデルで使用頻度が高かったため、買い換えをお勧めしましたが、オーバーホールをせずにお使いになられるとのこと。洗浄、傷のバリ取りを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FOX Heritage Bicycle Fork and Shock Decal Kit

FOX Heritage Bicycle Fork and Shock Decal Kit 希望小売価格 3,000円(税別)  新しいタイプのデカールキット入荷しました。 インナーチューブのサイズ別のデカールも入った、盛りだくさんのデカールキット。 オレンジの写真に写っている全てのデカールがワンパケです。 ベースが艶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015-2017 36のスタックダウン、緊急対処方法

2015-2017の36用エア・スプリンング・アッセンブリー。 初めて乗った時には驚きました。 段差を降りても、手に衝撃が伝わってこない程のストロークを実現していたのですから。 現行モデルはさらに改良され、ペダルを踏み込んだ時の沈み込みがリアルタイムに近く、ペダルとストロークが時間差無しで同調しているため、ロスを感じないようになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40FLOAT 空気圧の最低設定値。

先に結論を。49psi以上でお使い下さい。 サグが取れない場合には、 リアを25%に設定する。 15%のサグが取れるまで、フロントのエアボリュームスペーサーを抜く。 この手順でお願いします。 1月10日発送、本日15日到着の2016 40FLOAT 販売店さんからのコメント フロント(HSC15クリック戻し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FOXYアルミ、間もなく入荷。

時間がかかっていたFOXYのアルミ・バージョン。 今月末には一部入荷しそうです。 遅れの原因はシートチューブの下側の形状。 ハイドロ・フォーミングに時間がかかっていたようです。 その形状、まるでカーボン。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オイルの滲み

滲みの量の多寡はありますが、オイルが滲まないサスペンションは存在しません。 現在、FLOAT系のエアスリーブ内には潤滑用としてFLOATフルードが入っています。これが入っていないとストロークの際の抵抗が大きくなり、シール類の劣化のスピードが上がることになります。 滑らかに見えるボディやシャフトも、ミクロのレベルでは極めて小さな凹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GRIP REMOTEの注意点

メーカーさんから送られてきたGRIP REMOTEのフォーク。オイル漏れだそうです。 まずは構造のご説明を。 凄くシンプルです。カートリッジ本体の(左上)中心部にある黒いシャフトをネジ山によって上下させます。下がり切ったところがオイルの通路。そこをシャフトの終端部で蓋をすることでオイルがロックアウトされます。 カートリッジ上部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FLOAT X2のエアシール交換

FLOAT X2のエアシール交換、ダンパーの分解作業が必要になります。 ①を外さないと②が外せません。 ③がメインシールを保持、②の内側に接触しています。 ③を外さないと④に取り付けられているダストワイパーとネガティブ側のシールを交換することができないのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の出荷前点検

ステップキャストのオレンジ、一日に4本出荷は初めてのこと。全てリモート。 休み明けのため、明日着での作業のご依頼を多数頂いております。今週分の作業時間は既に一杯の状態のため、普段よりも返却までの時間がかかります。(お約束のお受け取り後、5営業日以内の返却発送ギリは守れるかと。)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドロッパーポストの取り付け前に

どこのメーカーのドロッパーポストであっても、面圧を均等にする効果を望むことができる、シートリーマーでの加工をお勧めいたします。販売店さんにご依頼ください。 先日のTRANSFERのトラブルですが、フレームのシートチューブの内側にクランプの溶接部が膨らんでおり、局部的に圧迫されていたことが原因でした。 再度、ご依頼があったため、元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOMBER Z1は36ベースです。

あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い申し上げます、 肝心なことをお伝えするのを忘れてしまっていたようです。 MARZOCCHIのプラットフォームは36 Rhythmのクラウンアッセンブリ―にオリジナルのボトムケースの組み合わせとなります。 27.5 Bomber Z1 (15QRx110 1.5Tのみ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more