リアショック、ちょい前のバイクへのフィッティング

2016年あたりを境にフルサスペンション・バイクの設計が大幅に変更されました。 27.5の登場によって車高が上がる方向に舵がきられ、サグを増やすことによって問題を解決する設計が行われています。 ライダーが乗車していない状態でのBBハイトが上がり、リアユニットのストローク量の25%から30%がサグとして使用されるようになりました。積極…

続きを読むread more