インペリアルとメトリックの違い

「リアショックのサイズが見つからない。」というお問い合わせを複数いただきましたので。
最近のアメリカでトレンドに合わせ、2018年から登場したミリ単位で設計された『メトリック』と昔からのインチ単位で作られた『インペリアル』(ウェブサイトではスタンダード)の2つの製品群に分けられます。

2017年以前の完成車に取り付けられたリアユニットは全てインペリアル、インチ単位で作られています。

メトリックは5で割り切れるサイズしかありません。
例えば、完成車のカタログに222mmと表記されている製品は25.4(=1インチ)で割り算をしてください。8.74ですから8.75インチとなります。

ややこしいのは200mmとカタログ表記された製品。
25.4で割れば、7.874インチ。これは7.875で間違いではありません。メトリックサイズは混同を防止するため、200mm台は205mmで製作されています!

7.875には2インチ(50.8mm)と2.25インチ(57.15mm)、2つのストロークが存在します。205mmのストロークは60mmと65mmストローク。ここでも見分けることができます。

まずはフレームの年式。
2107年以前なら間違いなくインチで作られたインペリアルサイズ。
その後、5で割り切れるかどうかを確認してみてください。

float-x2-factory-specs-01.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい