雑感

アスリートにとって『乳酸は悪玉ではないこと』をまだご存知でない方も多いと思います。
百年ほど前、疲労した筋肉中の乳酸量が多いことに気付いた研究者の「疲労の原因は乳酸と思われる。」いう仮説が常識として定着したもので、十数年前までそれが真実として信じられていました。
運動した後に、安静にしていると血液中の乳酸値は落ち着いてきますが、疲労感が完全に抜けることはありません。そのため乳酸ではない他の疲労物質の存在があるのでは?と研究がすすめられました。

強度の低い運動時には糖よりも脂肪の方が多く使われます。
ダイエットならば、自転車に乗ることを目的として、一時間程度ふらふらと街を散策してください。血糖値を下げることを目的するのならば、少しきついと思う強度の運動を混ぜてください。

糖(グリコーゲン)は容易にエネルギーへ変換することができるため、運動強度が上がると速筋繊維が積極的に糖を使用します。(糖は形を変えて体に蓄積されていくため、変換効率の高い糖には限りがあります。)その際に発生する乳酸を、更にミトコンドリアがエネルギーとして使用し、遅筋線維や心筋を動かしています。そのため最近では積極的に乳酸を発生させることを目的としたトレーニングが行われるようになりました。
こうした知識を生かし練習に取り組むことができると、水泳を代表される欧米と対等に戦うことのできる競技になっていきます。

天才と呼ばれるアスリートは自分のイメージ通りに体を動かすことができる能力が高いため、運動効率が極端に高く、心拍数の上昇を抑えることができるため、練習の質や量が多少ライバルたちより劣っていても、高いレベルのパフォーマンスを発揮することができます。このレベルの選手がきちん練習を消化していけば、間違いなく世界に通用するのですが、それを理解して実行に移すことができる強い精神力を併せ持ったMTBアスリートは多くはありません。
更にMTBの場合には最新の技術が投入された機材を正しく使用するための知識も必要になってきます。

chrono-carbon-r.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)