F-PODIUMの優位性

多くのメーカーのリアショックを、メンテナンスのため分解していると様々なことがわかります。
初期からスムースに動き出すことができるEVOLという新しいコンセプトに対し、フレームデザインの段階から積極的に対応しているのはヨーロッパ系のメーカーが多いようです。もちろんアメリカ系メーカーの中にも素晴らしい設計のバイクは存在しています。

世界選手権DHでの表彰台独占の快挙をはじめとするMONDRAKERの快進撃は、動き出しから積極的にリアサスの性能を引き出そうとするリンクの設計に支えられています。低価格帯から信頼性の高いブレーキを装備しているのは、下りの際、衝撃を受けると加速していくバイクを確実に減速させるためなのです。慣れないと恐怖を感じるほどの加速感です。車体自体は、長いホイールベースやスイープしたヘッドアングル、よく動くサスペンションによって安定していますから、その恐怖は直ぐに克服することが可能です。
ただ慣れるまでは恐怖を感じたら、後ろブレーキを軽く当ててください。ブレーキをかけても突っ張ることなく、リアユニットはストロークすることができ、路面を捉え続けます。そのためタイヤのグリップは安定した状態を保つことができ、スムースに減速することが可能です。
リアユニットが常に動くことができる状態をキープしていますから、前輪と後輪との荷重の受け渡しをスムースに行うことができ、同じブレーキングパワーであっても他のバイクよりも制動距離を短くすることも可能になっています。短時間で済むブレーキングは確実に走行タイムを向上させることができます。フルサスバイクのメリットを遺憾なく発揮することができる設計はXCにおいても強力な武器になります。

5de0fe4b683e2_dsc4539-jpg_fill_2000_1247.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス