エアピストンシャフト 注意点

エアピストンシャフトをインナーチューブから取り外す際、固定のために使用されているバネクリップを千枚通しで外そうとすると、シャフトを傷つけてしまう可能性があります。

お預かりしたフォーク、見事にシャフトに傷をつけています。千枚通しを使って作業を行う際には、必ずシャフトにウェスを巻くなどの養生を行ってください。シャフトに傷をつけてしまうとエア漏れを起こします。

そうした作業のために作ったツールが次の写真のスパチュラ。万一、エアピストンシャフトに当ててしまってもエッジや尖った部分がないためシャフトを傷つけることはありません。クリップを引っ掛けた状態で持ち上げることができます。わずかな力で作業を行うことができるため、ツールを完全にコントロール下に置くことができます。
AIRPISTON.jpg
AIR-TOOL.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス