2021 36のロワーレッグ内側。

内側、どうなっているのか、ご覧になりたいですよね。 開けちゃいました、36。 プレッシャーリリースボタンの内側はこうなっています。 溝が傾斜しているため、光が妙な反射をしています。 ラフな仕上げに見えますが、実物はFOXクオリティ、綺麗に加工してあります。この溝を使って潤滑と偏った空気の圧縮を防いでいます。

続きを読むread more

FOX Mud Guard

36 / 38 Mud Guard マッドガード 希望小売価格 2,500円(税別)  入荷いたしました。 作業工程 1.プレッシャーリリースボタンを押して減圧。 2.13mmのソケットを使ってプレッシャーリリースボタンアッセンブリーを反時計回りに回して取り外します。 3.プレッシャーリリースボタンア…

続きを読むread more

たくさんのご注文ありがとうございました。

モニター販売、予定数以上のご注文ありがとうございました。 本日、29日 AM 7:00をもって締め切りとさせていただきます。 お受け取りしたご注文に関しては、全て納品させて頂きます。 誠に勝手ながら、本日の営業は午後1時からとさせていただきます。 以上、よろしくお願い致します。

続きを読むread more

F-Podium モニター販売

基本のサグ設定はフロントが20%の20mm。リアは25%の11.875mm。相当攻め込んでもリアは音を上げません。 F-Podium 希望小売価格 588,000円(税別) エントリーモデルのF-Podium限定、数量も限定となりますが、 モニター価格の398,000円(税別)で販売させて頂きます。 サイズは 身長…

続きを読むread more

グロスブラックとの付き合い方

2021年モデルのグロスブラック、光沢のある黒は二の足を踏むカラーかもしれません。 ある程度、硬さのある塗料ですから、プラスチックのような柔らかいものとは違って、通常のウェスと液体コンパウンドである程度は回復させることはできます。 2年前の完成車用のフォークが、ちょうどオーバーホールに入ってきたため、軽く磨いてみました。 手順さえ…

続きを読むread more

36 38 40 LOWER LEG ARCH

重量に対する剛性は自転車設計の究極の指標です。 エンジニアは、この重要な比率を最適化するために、1オンスの材料に対し数えきれないほどの時間をかけています。 私たちの完全に新しいロワーレッグデザインは、あらゆる限界を引き出し、可能なグラムを全て剃りながらも、現代のエンデューロとグラビティスタイルのライディングが要求する剛性と強度を手に入れ…

続きを読むread more

正しい状態を知る。

完成車の購入が主流になり、比較的セッティングの正解を得やすくなりました。 そのままの状態でサグを取り、マニュアルを開き(英語版ですがウェブでも手に入れることができます。あとはグーグル翻訳!)、得られた空気圧に該当する数値をチェックすれば、コンプレッションもリバウンドも標準的な設定を知ることができます。正しいバランスのセッティングを体感…

続きを読むread more

36 / 38の2021モデルは完全新設計

BLEEDERS ロワーレッグのブリーダーにあるボタンを押すだけで、ロワーレッグ内の圧力を大気圧にすることができます。 ロワーレッグ内に圧力が蓄積すると、フォークのパフォーマンスが劇的に低下し、完全なストロークができなくなり、小さなバンプへの感度と応答性が低下します。 LOWER LEG CHANNELS フォークが圧縮される…

続きを読むread more

2021 TRANSFERのヤグラ

TRANSFERを一番短くした際、サドルの上面の地上高をより低くすることができるヤグラのデザイン。 小柄な方には、うれしい設計。 ラインナップはこちら。 https://mamapapa.at.webry.info/202004/article_18.html 比較できるよう旧モデルの写真をアップしておきます。 …

続きを読むread more

F-Podium DC

スタイリッシュでしょ? エンデューロバイクと比較すれば、懐の深いたっぷりとしたストローク感はありません。その代わり、ライトウェイトスポーツカーのようなタイトな感覚で楽しむことができます。 価格競争力を上げるのなら大手メーカーと同じように完成車専用フォークFOX Rhythmを取り付けるのがビジネス的には正解。軽量で十分な減衰…

続きを読むread more

F-Podiumの登坂性能

マイペースで登坂する際、大腿部の負担の少なさは想像以上。 他のバイクに乗っている時とは違う筋肉を使っているイメージなのです。急な上りなどは階段を上る時など日常的に使っている筋肉を使っているため、楽ができている感じ。 海外のFOXYのインプレで、「リアサスについているロックアウト機能は使うな。その存在を忘れろ。」とまで言われた…

続きを読むread more

ご購入されたばかりのフォーク、転倒によるダメージを受けた際のお話

結構多いのが、フォーク購入直後の転倒。 インナーチューブに傷を入れてしまい、違う意味で『ブルー』・インパルスになってしまった方からのご相談多いんです。 例えば、36 27.5 カシマコートのクラウンアッセンブリーの交換が必要になると、5万円を超える出費となります。その費用をかけてもボトムケースの傷はそのまま。 運が悪いと尖…

続きを読むread more

やはり結構、深い例えなんですよ。

海外のインプレを読んでみると結構おもしろいですよ。 大手メーカーの役割について、はっきり言い切ってしまう点は文化の違いなのだと思います。日本のメディアによるインプレは文章読解力(裏読み)を試される書き方が一番先鋭的なのですが、一般的なインプレは大手であろうがマイクロメーカーであろうが同列に扱ってしまう点が特徴的。 海外のある…

続きを読むread more

2021 32FLOAT SC

32 FLOAT SC、外観からは変わっていないように見えますが、去年からダンパーシャフトが9mmから8mmに変更されています。2018のリモートから、更なる信頼性向上のため、切り替え部分であるセレクターにはオイルをシールするためのOリングが使用されていません。その代わりにDHX2のダンパーシャフトをシールするU-CUPが使用されていま…

続きを読むread more

「密を避けるため電車通勤から自転車通勤に。」という方、ご一読ください。

自転車が歩道を走ることができるケースは 〇歩道に自転車の「歩道通行可」の標識や自転車レーンの表示のある場合 *歩道の中心よりも車道側を徐行しなければなりません。 自転車レーンの場合は車道側で安全なスピードで走行、必要に応じて安全に停止できること。 車道側を走ることをご存知のない方が多いようです。 〇安全のた…

続きを読むread more

CHRONO CARBONとPRODIUM CARBONの関係について

PODIUMは2018年にデビュー。先代モデルのステムまでもがフレームデザインに組み込まれたデザインを踏襲。ソフィスティケートしながら、最軽量のXCバイクを目指して製作されました。最初にデザインありきのプロダクトなのですが、そのデザインも戦闘力のあるジオメトリーから生まれた機能美を強調したものです。 CHRONO CARBONは2…

続きを読むread more

E-BIKE用のフロントフォーク、どこが違うの?

質問を頂きましたので、ご説明を。 結論から、どうぞ。 同じ部品は、ほとんど使用していません。 普通のバイクとの一番大きな違いは車両重量。 最適化するため、インナーチューブを含んだクラウンアッセンブリーが変更されています。インナーチューブが肉厚になっているため、エアピストンシャフトも異なります。 重量が増えていますから、…

続きを読むread more

結構、痛いんです。何のこと?

ハブ軸の幅とボトムケース内側左右に位置するハブとの接触面の幅を一致させることによって正確なアライメントを実現する独自のフローティングマウント機構。 歪みがなくなるため、真っ直ぐにストロークさせること可能になり、剛性の向上だけではなく初期の反応性も格段にアップします。(体感できるレベルの違いがあります。) 従来のモデルでも手間…

続きを読むread more

他社製カーボンをジャイアントキリングできます。(してます。しました。)

ほとんどのメーカーは自転車のサスペンションに要求されるのは「軽量であること」からスタートしています。2輪、4輪、スノーモービルなどの製品を供給しているサスペンション専業メーカーであるFOXのアプローチは、使用目的に対しダンパーの性能を極限まで最適化することにウェイトを置いています。その後、性能を向上させたダンパーのパフォーマンスを遺憾な…

続きを読むread more

カーボンは軽量。

アルミチューブの加工に革命をもたらしたハイドロフォーミング。 イメージしやすく表現します。たい焼きのような左右に分かれる金型に、膨らませる前の風船を入れ、空気の代わりに、水を入れて膨らませ、冷凍庫で凍らせる感じ。むしろわかりにくいかも。(笑)アルミのチューブの片側に蓋をしたものを、成形したい形の金型にはめ込み、流動性のある乳液のよ…

続きを読むread more