技術の進歩

26インチの時代に生まれたフルサス。人間の大きさは変わりませんから、そのままスケールアップをして、27.5インチや29インチにするわけにはいきません。

足つき性を考えれば、BBの高さには制限が出てきますし、サドルやハンドルの高さにも制約が出てきます。ヘッドチューブとの接合があるため角度には制限がありますが、フレームの製造技術の進歩により設計の自由度が向上しているため、トップチューブの位置は下げることができました。シートチューブの長さも短くなる一方。

面白いのはヘッドアングル。10年程前の26インチを基準に考えると、同じ時代の29インチならば、ホイールが大きくなっているのですから、本来はもっとヘッドアングルが立たなければならないはずでした。しかし現実にはハンドルの高さを抑えるためにヘッドアングルを寝かせたり、インナーチューブのオフセットを増やしたりする必要があったのです。

実際には27.5インチが登場し、段階的に発展、分化するきっかけとなりました。26インチよりも大きなホイールからの入力よるロワーレッグ(ボトムケース)の『ねじれ』を防ぐために15QRが生まれ、フロントフォークも急激な進化を遂げました。29インチのメリットを最大限に発揮させ、コントロールが容易な動的ヘッドアングルを得るため、よりスムースなストロークが追及されることになりました。あまり長いと読んで頂けないのでは?と思い、相当割愛して歴史を振り返ってみました。

それぞれの技術にはきちんとした理由や目的があり、こうして生み出されたノウハウが、それぞれ26インチ、27.5インチ、29インチにフィードバックされ、更なる製品開発に生かされています。

ただ想像以上に早く人間は新しい技術に適応していきます。

追いつけば、突き放す。突き放されれば、さらに喰らいつく。

この世界、技術は後追いのため、毎年の進歩を要求されます。しかしその改良は決してトップライダーためだけのものではありません。彼らが高度なスキルを発揮するためには『コントロールが容易なバイク』が必要なのですから。

technology-arch.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)