何度でも書きます。正しいセッティング

サスペンションのセッティングは、製品性能の100%に近い状態を発揮させるための作業です。マニュアルにある減衰設定はWorld Cupで表彰台にのったことのあるプロライダーを含めた、とんでもないレベルの方々によって実際に検証された上で掲載されています。
「自分は快適に乗りたいだけで速く走りたいわけではない。」そんな方々も参考にしないのは色々と勿体ない。
まずセッティングの時間を大幅に削減することができます。正しい状態を体感した上で、ご自身に合わせた状態に調整していきます。硬いと感じたのなら、コンプレッションを1クリック左回しで緩めてください。サグを正確に設定してあるのなら、サスの動きを硬くしたい時に空気圧を増やすのは悪手。というか間違っています。同様に柔らかくしたい時に空気圧を減らすこともNGです。オイルの流量を変えることのできる低速側のコンプレッションを調整することによってダンパーの動きを変化させてください。ロックアウトは低速側コンプレッションを絞って、ストロークをさせないようにする仕組みですから、減衰調整の幅が広いことはご理解頂けると思います。柔らかいと感じたのなら1クリック時計回しで増やしてください。
空気圧を高めてしまうと、リバウンド側の設定を強くする必要が出てきます。リバウンドも戻り側の通路を締めるため、その副作用でコンプレッションが生じます。サスは確かに動きにくくなるのですが、性能を十全に機能させるための正しいフローではありません。硬くしたいのならエアボリュームスペーサーを追加、柔らかめにしたい場合は抜いてください。
正しいセッティングは間違いなく上達の近道です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス