GRIPのオイル漏れについて

ロックアウト・ポジションのまま下りで使用すると、リバウンドノブが取り付けられているロッドとボトムケースを固定しているベース・スタッドの隙間からオイルが漏れます。少しくらいのストロークなら問題は発生しませんが、ロックアウトした状態にも関わらず急激にストロークしなければならない状況になると、オイルの流れをせき止めているため、ストロークと共に…

続きを読むread more

DHX 69,300円(税込)

減衰の質的向上に余念のないFOX。 コンプレッションのノブの位置など、外観の形状は変化に乏しく見えるのですが、中味は全くの新設計。LOW側に合わせてHIGH側が変化するため、一つのレバーで最適値が得られる設計になっています。バルブリーフの大径化など従来の同じグレードの製品よりも格段の質的向上が図られています。

続きを読むread more

MONDRAKER feat.TLD

こんな感じのコーディネイトができるMONDRAKERとTLDのコラボ商品。MONDRAKERがトロイ・リーに依頼をして製作されているわけですから、最近の流行で言えば、『MONDRAKER feat.TLD』 TLDさんはそのまま販売していますが、そうした製品をTLDからMONDRAKERが買ったものを仕入れているわけですから、当然TL…

続きを読むread more

2022 34FLOAT

SCではない通常の2022 34FLOAT。 CSU(クラウンとインナーチューブ)とロワーレッグ(ボトムケース)が新設計。軽快さを求められるキャラクターのためブリーダー(減圧ボタン)はありませんが、ロワーレッグの膨らみ、バイパスチャンネル(ブッシング間を移動する空気の通路)が剛性アップと中盤以降のスムースなストロークに貢献しています。…

続きを読むread more

2022 FLOAT X

DPX2の発展進化型のユニットが、2022 FLOAT X Factory 71,500円(税込) Performance Elite 62,700円(税込) アグレッシブなトレイルライダーの要求に応えるために特別に設計された新しいFLOAT Xは、洗練されたダンピングとフェードフリーのパフォーマンスに加え、驚異的な軽量性と優れ…

続きを読むread more

2022 34SC

2022 34SC の重量は何と1,496g! トラベルは100mmもしくは120mmが選択可能 フォークレイクは44mm・51mmの二種類 ハンドル高を下げ、ホイールベースを伸ばしたいのならば、51mm 軽快でニュートラルなハンドリングを望むのなら44mm

続きを読むread more

2022 FOX フロントフォーク価格 速報版 

*税込価格で表示させていただいております。 日本以外の諸外国でのMTBの売れ行きが異様に好調なため、各メーカーともに納期がほぼ一年!という状態が続いています。 FOXの2022年モデルは未入荷なのですが、既に注文の受付が終了しています。一年分の発注は完了しており、決まった数量のみが毎月納品される予定になっています…

続きを読むread more

リアショックユニット オーバーホール基本料金 改訂版

作業ご依頼の際には、IDコード及びリアショックユニットが取り付けられている車体のシリアルナンバー・年式・メーカー名・モデル名が必要となります。 作業依頼書は、以下のURLからダウンロードすることができます。 http://www.ridefox.jp/index.html#contact またFOXとの契約上、モデルイヤー…

続きを読むread more

フロントフォーク オーバーホール基本料金 改訂版

作業依頼書は、以下のURLからダウンロードすることができます。 http://www.ridefox.jp/index.html#contact FOXからの指示で、作業サービスの提供期間はモデルイヤーで5年と定められています。 FIT 及び GRIPの32及び34系オーバーホール料金(税込)  32 FLOAT 基…

続きを読むread more

36 2021年モデルの解説動画

各部の機能について説明がなされています。 日本語の字幕がでます。(下側の設定で自動翻訳の日本語を選択してください。) フローティングアクスルの構造もわかりやすく解説されています。 最近の動画を見ていると、サスペンションの性能がある程度高くなければ不可能な走りばかり。 お手持ちの製品の性能を100%引き出すためにも正しいセット…

続きを読むread more

昨晩のピンクムーン

アメリカのシバザクラ、桃色のフロックスが咲く時期の満月ということでピンクムーン。 薄雲がかかっていたためクリアには見えませんでしたが、周囲のぼやけた光など、とてもいい感じでした。 実際に見ている状態に近い写真を撮影するため、帰りがけに四苦八苦。ホワイトバランスやISO、シャッタースピードなどを調整しながら近い状態に持っていくことがで…

続きを読むread more

FOXY 希望小売価格 495,000円(税込)

FOXY 希望小売価格 495,000円(税込) かなり丁寧に作り込まれています。 そのままでも十分に楽しむことができますが、お望みならばDPX2も取り付け可能ですから拡張性も十分。 少し古いフルサスバイクにお乗り方は信じられないかもしれませんが、150mmリアストロークであっても街乗りで不満を感じることはありません。本当に動…

続きを読むread more

難しい問題です。

ワールドで戦うことのできるハードテイルの『量産車』では世界最軽量のPODIUM CARBONシリーズ。 希望小売価格は539,000円(税込)から。 コストを考えれば、台湾や中国で製作するのが正解なのですが、ドイツでの製造を選択しています。以前にもお伝えいたしましたがDTMやF-1に携わるメーカーがフレームを製作しています。 世界…

続きを読むread more

SUPERFOXY CARBON R

SUPERFOXY CARBON R 税込希望小売価格 836,000円 電動アシストではないのに、この値段? 確かに高額な自転車なのですが、電動アシストにはない魅力があります。それはモーター&バッテリーがないゆえの軽快さ。軽量な車体を軽快に動かすことに主眼を置いたサスペンションシステムは、戦闘機のような機動力でバイクを左右、上…

続きを読むread more

モデルによるセッティング方向

サスペンションユニットを効率よく動かすのなら、リアホイール保持部からメインピボットまでの部分とサスペンションユニット取り付け部の剛性は高い方がベター。ただし極端に剛性を上げてしまうと、外的要因によるリアホイールの予期せぬ動きに対して人間の反応スピードが追い付かなくなります。そのため重量とのバランスを取りながら剛性が設定されていきます。 …

続きを読むread more

7iDP KIDS TRANSITION Knee

7iDP KIDS TRANSITION Knee、入荷いたしました。 サイズはS(2歳から4歳)M(5歳から7歳)L(8歳から10歳) 希望小売価格 3,300円(税込) *エルボーはワンサイズで3,080円(税込) ウェブに掲載されているのは旧モデルのようです。 最新モデルはコンパクトで目立ちません。 体温で変形…

続きを読むread more

ハイスピード側のしくみ

ジャンプの着地など急激にストロークした場合、入力されたスピードで戻ってしまうと大変なことになります。流量制限を行うことで、そうした事態を回避しています。 大抵の場合、瞬間的な入力によって大きくストロークします。反発力を利用して戻るのですが流量制限されたままでは戻るために要する時間がかかり過ぎ、次の衝撃に対処することができなくなります。…

続きを読むread more

リバウンドの設定

低速側のリバウンドを強く(遅く)設定すると、ストロークしたシャフトやインナーチューブが戻りきる前に次々と入力されることになります。例えば、160mmストロークのすることのできるフォークが、120mmまでストロークし、80mm戻ったところで次の衝撃を受けたとします。40mm戻り切れていない状態ということはご理解頂けるかと。40mm戻り切れ…

続きを読むread more

コイルスプリングと抵抗

コイルスプリングはビビットに入力に応じた動きをします。グラフにすると縦軸と横軸の交差する0から右上がりの真っ直ぐな線で表されます。ほとんど場合、抵抗は入力される力よりも少ないため、その影響を受けにくくなっています。エアスプリングとは異なり、表面を磨き上げたクロモリシャフトぐらいの抵抗なら摩擦を軽減できるシール類でカバーできます。影響を受…

続きを読むread more

エアスプリングのキモ

摺動抵抗、接触面が動くことによって発生する摩擦も当然ストロークのスピードを落とします。ただ動き出しの際、その抵抗が一番大きく、動き出してしまうと一気にその摩擦が減ります。その動き出しの際の抵抗を減らし、入力の速度や大きさに対してストロークのスピードや量を正しく比例させることによって、ダンパーの特性を発揮させることができれば、理想的なサス…

続きを読むread more

書き換えれば、違法ではなくなります。

コンプライアンスを遵守すればモーターごと交換なのです。 ただ簡単に設定を書き換えることが出来なければOKなわけです。 原文はこちら 昭和三十五年総理府令第六十号 道路交通法施行規則 第一条の三 一のニ イからハまでのいずれにも該当する原動機についてイからハまでのいずれかに該当しないものに改造することが容易でない構造であること…

続きを読むread more

昨日の補足

昨日のお話、端折ってしまっているので、わかりにくかったと思います。申し訳ありません。 今日はその補足です。 最初はバネだけだった緩衝装置、サスペンション。バネだけであると、そのエネルギーを消費するまでの間、伸び縮みを繰り返します。ブログの方でお話したことがありますが、昔の八百屋さんにあった、天井から吊るされたおつりの小銭を入れた籠を…

続きを読むread more

抵抗を少なくすることによるメリットについてのご説明

写真は40ですがフロントサスペンション全般のお話です。 上側が2021年モデルの29インチ用40のエアピストン。下側が2020年以前のモデルに使用する27.5&29インチのエアピストン。 真ん中に位置するQリングより右側がポジティブの空気室になります。黒い部分と赤い部分の内側は空洞になっていて下側には穴が開いています。ポジティブ側に…

続きを読むread more

他に使いようのない工具

今日は作業に使うツールをご紹介。 FLOAT X2やDHX2のハイスピード側リバウンドをコントロールしているVVC(ヴァリアブル・ヴァルブ・コントロール)を組み立てる際に使用するトルクドライバーです。 一緒に写っているマジックペンと比較してみてください。まるでミニチュアのような大きさなんです。 TONE(トネ)5mmのディープソケ…

続きを読むread more

本当は休業日なのですが

土日の作業から一部を。写真撮影を忘れたものも。 2021 40はオレンジパーツは不要とのことだったので、軽くコンパウンドがけの作業を行っておきました。(時計を見てびっくり、2時間程磨いていました。) 今日は2021 DHX2のオーバーホール、荷受け、100㎏くらい段ボールをリサイクル業者さんに持っていきました。

続きを読むread more

今現在、ぽんと手に入るオールマウンテン

まさに旬な29er、オールマウンテンフルサスペンションバイクのベンチマーク、FOXY29。 21年モデルは若干のジオメトリーの変更を行いブラッシュアップ。 前後FOXを装備の大変お買い得なモデルです。各部最新の規格を採用し、アフターマーケットの部品をたやすく飲み込むことが可能 です。 MONDRAKER BIKES"FOXY…

続きを読むread more

エアボリュ―ムスペーサーについて考えるタイミング

オーバーホール依頼の製品を分解する際に空気圧を確認しています。 お返しする時は、その空気圧よりも低めでお返ししています。 理由はネガティブ側に過剰に流れ込んでいた分を相殺するために空気圧設定が高めになっていた可能性があるためです。 設定空気圧とエアボリュ―ムスペーサーの数量をチェックすると、割とバランスのとれていないものを頻繁に見…

続きを読むread more

オレンジパーツ取り付けについての補足

言い忘れていましたので、お知らせを。 オレンジパーツへの交換を希望されない方は「交換NG!」と作業依頼書などでお知らせください。 DHX2とFLOAT X2のリバウンド調整部オレンジパーツの交換作業はダンパー部の分解作業が必要です。お客様が簡単に交換することができません。 交換を希望されない場合、ご指示をお忘れなく。 前…

続きを読むread more

作業再開

熱が出てしまい、中途半端に体を曲げた変な姿勢で立っているか、寝ているかの状態でないと過ごせない状態でした。 普段行っているストレッチの効果が出ない程、疲れていたようです。今日から作業を再開したいと存じます。 少し前に撮影した写真。 ジョウビタキのオスとお教えいただきました。ありがとうございます。 この地方でもサクラも咲き始め…

続きを読むread more

グラビティ―だけでなく

プロテクターのイメージはグラビティー系なのかもしれませんが、練習時にはXCのライダーにも装着して頂きたいのです。 実際、ヨーロッパではかなりの数のXCライダーたちも使用しています。漕ぎ重視の設計は想像以上のフィット感をもたらします。 写真はキッズ用ですが実物はこの写真よりもコンパクト。 パッドの部分、衝撃を受けると固くなり、お子さ…

続きを読むread more

7 Protection(7iDP)

Sam Hill Knee Pads EWSで3度の優勝経験を持つサム・ヒル氏の貴重な意見を取り入れて設計されたサム・ヒル・シグネチャー・ニーパッドは全てのグラビティ・ライディングのための究極のMTB用ニーパッドです。一日中装着できるほど軽量で、サム・ヒルのニーパッドは体温で成型され、最高の快適性を提供します。また、通気性のあるメッシ…

続きを読むread more

サスペンションで操縦安定性を変化させる

前後のサグは フロント15%~20% リア25%~30% の範囲内で調整してくださいと言い続けています。 現在のレースシーンの設定トレンドはリアを30%のサグでセットアップします。 リンク式であろうが直押しであろうが、それぞれサスペンション形式は違っていても異なる理由で30%にしています。リンク式はライダーが反応できる時間を少…

続きを読むread more