テーマ:日記

ローズベリー・レッド

今週末はレースが一杯。ワールドカップに、ENS(弊社がメインスポンサー。参加賞も用意させて頂きました!)、富士見ダートクリテ、吉無田などなど。 参加される皆さん、天気は良さそうなので、ケガのないように楽しんで来てください。 リラックマがプリントされている『花瓶』、実は珈琲のミルクピッチャー。ローズベリー・レッドという新種の、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップ、クロアチアのコース

Countdown To World Cup: Building The World Cup Track from MZ Pix on Vimeo. クロアチアのコースの製作過程。まるで工事現場です。 一から創ってんじゃないの?というくらいの勢い。 (事実、最初の200m以外は造成しちゃってます。) 凄いパッション。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部品の研磨

全長20mmマイナス。とても小さな部品です。 34FLOAT27.5、オーバーホールとリバウンドダイアルをぶつけたため、取り付けシャフトの曲がったということで承りましたが、3ポジションレバーの回りも悪く、低速コンプレッションダイアルがほとんど回らない状態でした。 「費用はかけられないため、ぶつけたリバウンドダイアルはそのまま使い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手間はかかります。

オーバーホール、バラして組むだけではありません。 新品を組み上げるのとは大違いな点は、こうした下処理と脱脂洗浄なのです。 接着剤を無力化する程度の熱は入れますが、比較的低い温度であっても、何度も熱を入れたくはありません。ワイヤーブラシと千枚通しを使って接着剤を剥がしていきます。その後の組み上げ作業を気持ち良く進めていくためも、正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事が終わらない…。

KONA JAPAN 井手川・永田選手のOPERATOR用ユニットの準備完了。225-75のメトリック・トラニオンマウント仕様のFLOAT X2。サイズが一般的ではないため、現在のところアフターマーケットでは販売されていません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016-2017 32SCの2ポジション・リモート化

「日本代表に選ばれたのなら、FACTORYを支給しなくては。」 2018年モデルの在庫はなかったのですが、幸いにも? 長期取り置きの末、キャンセルとなった2017 32FLOAT29 100 REMOTE 44mm 1.5T BOOST仕様があったため、2018モデル化することで対応しました。 2017年のSCは、最初か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Crankworx NZ Redwoods Downhill

ブルックが2位。九島勇気は14位。 常設ダウンヒルコース。先着した選手のうち、10名がニュージーランド勢、2名がオーストラリア勢。 途中でコースアウトをしてしまったことが最大の敗因。 「良いタイムは出ませんでしたが、久しぶりのレースで良い感覚で走れました。来週のメインのダウンヒルではしっかり決めたいと思います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MONDRAKERの休憩室

結構なお値段がします。後ろには特注のアーケードゲームが。 なるほど、特注ですね。 わぉ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローリーも膝を使っています。

前を走るローリー(表記、こちらの方が馴染みやすいので)のスタイルが日本人ライダーに近いと思います。 この動画は高速域でのバイク操作であるため、フォームを固めて、不測の事態に対処するスタイルですが、ローリーや多くの日本人ライダーの場合、この傾向は低速であっても変わりません。 それぞれのコーナーに対するつなぎを、リズム優先にして走っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここのブログ、動画が苦手なので。

以前もシェアした動画ですが、重心位置の移動について、わかりやすい動画なので、もう一度。 XCO、フリーライド系の方にとっても有用な情報のはずです。 腰を上げると、重心位置が上がり、作用点はタイヤの接地面から遠くなるため、小さな力でバイクを動かすことができます。逆に言えば、車体の安定感が弱くなります。 大切なのはここから。腰の位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガウディを生んだ国

働いている全ての方が自分の会社大好き人間。 職種は違っても、自分の職場にプライドを持っています。それぞれの人たちと会社との『距離感』は今まで見たことがありません。 ダニーさんが世界一になった時も、間違いなく自分のことのように喜んだはず。本社から歩いていくことができる距離にあるレストランの人たちも世界一になったことを知っていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MONDRAKER本社の様子

MONDRAKER、年間総販売台数が1万台以下で従業員数70人程のミニメーカーなのですが、これ以上、大きくなるつもりはないそうです。 その理由の一つが生産方法。中間価格帯より上のモデルは全てセル生産方式(一人屋台)でアッセンブルされます。一人が一つの作業を延々と行う流れ作業ではなく、一人一台、責任をもって組み上げていくこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日から通常営業です。

3月1日(木)と3月2日(金)にスペインのアリカンテで MONDRAKER INTERNATIONAL DISTRIBUTOR MEETING 3月4日(月)と3月5日(火)に台湾の台中で FOX INTERNATIONAL DISTRIBUTOR MEETING に出席してきました。 春休みということで卒業旅行の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018 DHX

2018年モデルのDHX2のバルビングを変更しようと分解、各部を点検している時に気が付きました。 シールヘッド(ダンパーシャフトが貫通している部品)をダンパーシャフト上でスライドさせたところ、異様に軽く動きました。 「えっ?何で?シールの取り付け忘れ?」 問題なく使用できていましたから、そんなはずないのですが、それくらい軽く動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Before And After

みんな大好き、ビフォー&アフター。 本日の作業の一部。 臨時休業前に作業完了可能なのは明日到着便まで。 製品保証以外の、休業前の作業依頼のお受付は本日を以て中止させて頂きます。休業明けの3月9日から受付を再開させて頂きますので、よろしくお願い致します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Eバイクは超高齢社会には必要

ヨーロッパ、グラベルバイクを普及させようという思惑の背景には、ロードバイクでの交通事故の多さもあるようです。 イタリアではロードバイクで何時間公道を走ると事故に遭遇するなんて統計も。 「車の来ないところを走ればいいじゃん。」という考え方で事故の発生を抑制するわけです。 ちなみにマウンテンバイクはシンプルじゃないそうで。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュージーランドだそうで

この時期になると、海外遠征へと向かう選手たちの準備に追われます。 今日はオーバーホールの合間を縫って、 永田 隼也 選手(AKI FACTORY / OAKLEY) のエンデューロバイク、PROCESS153 CR用のユニットのバルビングを変更して、フォークとともに発送しました。 今週は、40とリアユニットの組み合わせで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイアルの変形

かなりダイアルが変形しています。インナーチューブ上端も変形しており、修正を行いました。 通常、問題がなければ、インナーチューブの左右を入れ替えるのですが、エアの保持に問題がありそうであったため、そのままダンパーサイドに使用しました。 LSCダイアルに干渉、HSCダイアル自体も調整に支障をきたしていたため、HSCのダイアル(1,500…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボルトのバリとり

地味なんですが、潰しかけたボルトのバリ取りをして、少しでも見栄えをよくするような作業も行っています。 こうした作業にも時間が必要です。 お送り頂く際には、土を落とす程度の洗浄をお願い致します。 確かに洗って頂いても、当方での再洗浄は行いますが、作業時間の短縮ができますし、気持ちよく作業を行うことができます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Diamond Route Japan

http://diamondroutejapan.com/2018/sp/outdoor.html 永田 隼也 選手(AKI FACTORY / OAKLEY)も出演している動画。 既に再生回数が550万回を突破しているそうです。 つまり 『広告宣伝としては、日本のレースで優勝するよりも、遥かに価値がある。』 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルビング

2015年モデルまで採用されていたCTD adj。 現在の3pos Lever w / adjと同じように機能するため、名前を変えただけじゃないのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはカートリッジ本体に使われている部品の互換性は全くありません。 上側が2015年モデル、デフォルトのバルビング。 下側がファクト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RCカー、結構本格的

想像以上に本格的なRCカー。少し引いちゃう程。(笑) 人気の程も想像以上でした。 再度発注数量を増やし、今朝承認を得ることができました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い申し上げます。

私たちが想像しているようなものとは違う、少し意地悪な『何らかの意思』は間違いなく存在します。(笑) 今週二つ目の送料着払いの荷物。 取引をお願いする際の書類や事前にお渡ししてある修理依頼書の裏側にも書いてあるのですが…。 先日アナウンスをしたばかりであっても、この状態を無くすことは不可能なのです。 オーバーホール依頼の際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがとう、ダニー

正式にダニーの移籍がリリースされました。 レッドカー(イギリスの地名 ダニーの出身地)・ロケットの出発。 素晴らしい3年間、ありがとう、ダニーさん。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DPSの内部、一部公開

DPSのカム、リバウンドダイアル、リバウンド調整シャフト、ロックアウトバルブの写真。 Bのカム、青い〇で囲んだ部分にCの先端があたる構造になっています。CとAは繋がっています。一番左の青い〇にCが当たっているとAが持ち上がり、ピストンの穴を塞ぎます。真ん中は半開きに状態になり、右側の〇に当たれば全開になるようになっています。 カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TARANSFER分解写真

分解図、好きなんですよね。男の子は特に。 かく言う私も、アニメのエンディングだったと思うのですが、兜甲児の愛機であるマジンガーZの透視図に興奮したものです。 今日はTRANSFERの分解写真。 数をこなしていないため、Oリング等のサイズを覚えていません。作業時に照らし合わせながら交換するため、それらを装着したままの写真になりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュータイプ?ワイヤーストッパー

前回入荷した36オレンジの検品中に気が付いたのですが、フォーク用のワイヤーストッパーが変更されていました。時期はわかりませんが、パーツとして供給されるようになるはず。 ワイヤーを挟み込み、従来ゴムが付いていた部分に背面にある長方形の部分を引っ掛けて固定します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more