テーマ:FOX RACING SHOX

2016 FOX 32 FLOAT 初勝利

NOTUBESのVALOR、フロント24Hで15QR仕様のカーボンホイール。 無事完走どころか、フレも出ていません。凄い時代になったもんです。 流石にリアは28Hですが。 前の週に転倒、肋骨が折れ、肩の靭帯が切れていたんです、可奈子姉さん。 小さなガッツポーズではなく、手を上げることができなかったのが実情。 「走ら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

iCDコントローラー部

スイッチですから、小さくなることは理解できるのですが、実際に市販品を見て驚きました。 コンパクトに仕上がっています。 クライムモードとディセンドモードの2段階切り替えとなりますが、ダンパーの基本設計は従来のRLの延長線上にあるため、ディセンドであってもコンプレッションが効いています。 フロントにはコントローラーが付属します…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

iCD、商品ラインナップ

クライムモードとディセンドモードを、まさに電光石火の早業で動かすiCD。 ケーブル及びバッテリーが別売りとなっているため、入荷時に全ての価格をお知らせするよういたします。 本日は商品ラインナップの紹介のみとさせて頂きます。 910-90-415 32FLOAT 26 100 iCD FIT White 9mm 1-1/8…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

FLOAT CTD のLV、XV、SVとの比較

左からLV(ラージ・ボリューム)、XV(エクストラ・ボリューム)、SV(スタンダード・ボリューム)の順。 2.25以上のユニットストロークはLV、もしくはXV仕様になります。 写真は7.875-2.25のLVとXV、7.875-2.0のスタンダード。 同じ条件で比較した写真がなかったため、掲載いたしました。 かなり頭の部分(…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カタログのようなもの

That's Real MTB! 2 エイ出版社に掲載されたFOXの記事(8ページ分)をパンフレットにしてみました。 ご入り用の販売店の方はFAXでのご注文の際にその旨ご連絡をお願い致します。 注文品と同送させて頂きます。 オーバーホールの品が送られてくる際、同業他社の現行カタログが丸められ緩衝材として使われているのを見かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013 FOX フロントフォーク肩下寸法

ご要望にお応えして肩下寸法の一覧表を掲載いたしました。 確かに34と36の比較がしやすくなりますね。 タグが使用できないため、JPGでアップしてあります。 読みにくい場合は表をクリックして頂くと読み易くなると思います。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ユーロバイク その6 FOX アプリ編

i Pad(タブレットPC)を持って何かしています。 赤い線が見えます。 今度はリアショック。 やはり赤い線が見えます。 仕様変更の可能性が高いため、詳しいお話をお伝えすることはできませんが、i Phoneとアンドロイド携帯向けのアプリ。 タブレットでは取り回しが悪く、勝手が違うようで、エンジニアさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーロバイク その5 FOX編

ロンドンオリンピック仕様のFOXのフロントフォーク。 実際にレースで使用されたGeoff Kabush(8位)のバイク。 何度もお会いしていますが、以前はTURNERにも乗っていた気さくなあんちゃん。 ダンパーサイド、少し様子が違います。 違う車輌でチェック。 これがシフター部の写真。 リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DHのセッティング(ドライコンディション) 最新版

低速側と高速側に分離されたシステムによって、コンプレッションを多めにかけた方が良い結果を得られることがわかってきました。シーズンが進むにつれて日本を含めた各ライダーの設定が多めのコンプレッション設定に振れてきています。 リアサスペンション DHX RC4 サグ : RC4の場合、ほとんど全てのライダーが25%以上の設定です。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

見慣れないフォーク

写真のフォークはオリンピック仕様。レプリカではなく、アメリカから送られてきた本物。 レギュレーションが厳しく、ブランドロゴの使用は各機材に一つだけということで、市販されているデカールが一枚のみ貼られています。(カシマコートのロゴも消さなければアウト!ということでインナーチューブに印刷されているロゴはペイントで厳重に墨消しされていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2013 FOX EVOLUTION OPEN CARTRIDGE

今日はオープン・カートリッジ。 倒立方式の密閉カートリッジ、ブラダは存在しません。 参考: ねんどろいどぷちの寸法が60mm。 シールヘッドの部分はサークリップで固定されています。サークリップを外せば、シャフトごと抜けます。 オイル交換の際は古いオイルを空けて、 26インチ  80mm~100mmの…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

40 HYBRID AIR

供給先限定で製造された40用ハイブリットエアの心臓部。 一番ソフトなコイルスプリングとエアスプリングが使用されたハイブリット。 右側下部に位置しているカシマコートのような部分がエアタンクになっています。 トップキャップに取り付けられたエアバルブから充填された空気はストロークするシャフトを通ってエアタンクに溜められます。コイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2013 リアショックユニット、ダイアル部の比較

写真下側のリモートはアイレット部にワイヤー固定用の穴が開けられています。 そのためアイレットに関してはCTD及びCTDアジャストとの互換性がありません。 FOXからの荷物の発送が遅れているため、7月上旬納品分の入荷が遅れています。 なるべく早く出荷するように努力するとのこと。詳細が分かり次第、アップさせていただきます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2013 FLOAT CTD 6.5インチ 何故、ブーストバルブではないの? アジャストは?

コメント欄で簡潔にお答えしたのですが、その後も電話を頂戴いたしましたので本文にて展開させて頂きます。 ユニットのトラベル量によって要求される性能や特性に違いが生まれます。 フリーライド系のトラベル量が多いモデルは入力されたエネルギーを消費する際、距離当たりの仕事量を減らすことができます。そのためスムースに動きながら、ゆっくりと運…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2013 32 エアスプリング側トップキャップの高さ

今日はTALASとFLOATの高さの違いについて。 TALAS側のトラベルが最長の状態であるとFLOATよりも低くなります。 TALAS側トラベルを最短に設定すると写真では上手く表現できていませんが、FLOATよりも若干高くなります。 以前にもお知らせいたしましたが、最長の状態でストロークさせずにダイアルを最短位置にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013 CTD ADJUST ダンパー側トップキャップの高さ

図面上では同じ高さになるはずのトップキャップ減衰調整部。 質問をいただいたので実際に調べてみました。 右が2010年モデルのRLC、左が2013年モデルのCTDアジャスト。 CTDの方が低くなっているような気がするのですが、公式発表は同じ高さ。 弊社の見解は公式発表に準じますので、同じ高さであると言い切ります、現時点では。 2…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

業務連絡 : サスペンション設定のテンプレート

弊社サポートライダーが使用しているテンプレート。 よろしければ、お客様ご自身の記録用にお使い下さい。 DH ライダー用 フロントサスペンション サグの量 :     mm プリロード : クリック (開放から or 全閉から)  リバウンド :       クリック …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CTD リモートレバー

やっと到着したCTD リモートレバー。これはフォークに付属している製品。 リアショックをコントロールするためのワイヤーも取り付けられるようになっています。 ポジションは“C”。 ワイヤーのテンションがかかっていないため、表示があいまいな位置にあります。 ポジションは“T”。 ポジションは“D”。 「どのポ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

CTD ADJUSTの操作

CTDアジャストの変形ノブは…。 引っ張り出してから回してください。 回すだけではダメ。これは誤操作を防ぐための仕掛けです。 今シーズンの操作系はカッチリとした動きが強調されています。 スチールボールが当たる部分の材質や形状の見直し、スプリングの強化によるものです。 窒素充填圧によっても違いますが、リアショック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FOX リアショック用新型マウンティングキットの取り付け方 

DUを抜き、ブッシュの嵌めこみをスムースに行うためのグリスを本体側に塗布します。 穴の面に対して、ブッシュが垂直になるように軽く固定します。 ブッシュの側面と穴の側面が平行であれば、わりとスムースに挿入することができます。 上手くいかない時は両手の親指を使い、ブッシュの面に対して均等の力をかけるようにして押…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

2013 FLOAT CTD ADJ Boost Valve LV 取り付けの件

頭が大きなLVバージョン、軽量・熱対策などメリットが大きいのは理解できるのですが取り付け制限が厳しすぎる点がネック。どれくらい厳しいかというと…。 あれ?LV、付いているじゃん。 動かしてみても、スペース的に全く問題はありません。 FOXのエリックから「ターナーにはつかない。」とまで言われたのに。 フレームサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013 FOX リア用チタンスプリング、300のみ入荷しました。

今シーズンは、まだ正式受注が行われていないFOX純正チタンスプリング。 突然送られてきました。 ことあるごとに、“チタン・スプリング、まだぁ?”と催促していたことが功を奏したようです。 多分、レースチーム用に製造された分のおすそ分けだと思います。 従来、製造されていたものの改良版のようで、ショットピーニングの仕上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013 FLOAT LV エアスリーブ

右側が新製品のLVエアスリーブ、左側がスタンダード。 空気容量を稼ぐため、ボディ側アイレット(頭の部分)が大きくなっています。そのため、エアスリーブの太さがほぼ従来品と同等なのにもかかわらず、XV(エクストラボリューム)と同じ空気容量を実現したという製品です。 XVは写真のDHX AIRの様にエアスリーブにオーバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FOX リアショック用新型マウンティングキット 

リアショックユニットをフレームに取り付ける際に必要な部品です。 リンク周りやフレームのデザインが優先されるため規格化されていません。そのため同じメーカーであってもモデルごとに寸法が異なっています。他メーカー製であれば、ほぼ間違いなくボルトオンでの装着は無理です。 一時はXC系を21.84mm(同業他社さんでは22.2mm)で統一する…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

2013 40RC2のアッパークラウン 

旧タイプとの比較。 同じインナーチューブの突き出し量なら、ハンドル位置が低くなります。 全体像はこんな感じです。 普通に比較すると、かなり低くなったように見えます。 (内部スプリング設定の変更が必要となるため、アッパークラウン部品単体での販売はございません。) やっと40の出荷が始まりました。ご注文…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

XC系の新しいボトムケース

910-90-353 2013 32 F100 CTD-ADJ FIT WHITE 15QR 1.5T FACTORY 78,330円 (写真左) 910-90-350 2013 32 F100 CTD O/C WHITE 9MM 1-1/8 EVOLUTION 57,750円 写真は15QR 1.5T仕様ですが、アフターマーケ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

プリロードとバネレート

今日は急ぎの要件を解決することにお付き合いください。 これが40のプリロードをコントロールするトップキャップ。 普段はフラットになています。 これが3クリック(一回転)かけた状態。ほとんど出てきていません。 これが10クリックかけた状態。4.14ミリ出てきています。ちなみに20クリックかけると9.14ミリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CTDのご説明  リアサス編

今日は、まだ少し先(7月中旬)のデリバリーとなるリアショックユニットなのですが、基本コンセプトをお伝えするためには言及しないわけにはいきません。 写真はFACTORY FLOAT-CTDとなります。 やはりブルーのレバーを操作することにより、コンプレッション側減衰設定を最強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more