テーマ:2021 FOX製品情報

新しい15QRアクスルシャフト

正確なアライメントを生み出すことにより、スムースなストロークを実現するため、2021年から36・38・40に採用されたフローティングアクスル。アフターマーケットでは主流となるKabolt-Xですが、完成車では15QRが多くなります。(E-BIKEではRhythmであっても車重があるためKabolt-Xが多く採用されています。理由があって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

限定モデルのおまけ

限定モデルに付属する「おまけ」、非売品のリアショック用デカール。 38用には左側のピスタチオ、36用には右側のルートビアが、一本に一枚ずつ添付されています。 カラー・コーディネイトを楽しんでください。 実はこのデカール、38ピスタチオの初回出荷分には間に合いませんでした。気を利かせてくれた弊社担当のアイリスさんが事前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021 36用エアピストン

36のピストン。上側が2020年モデルの160mmストローク用。下側が2021年モデルの150mm用。 奇しくも同じ長さ。ネガティブ側の空気室(白いピストンの下側から、インナーチューブ終端部に固定される銀色のネガティブプレートのピストン側までの空間)が10mm大きくなっているわけです。トップアウトバンパー(ストロークが戻りきった際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021 36のロワーレッグ内側。

内側、どうなっているのか、ご覧になりたいですよね。 開けちゃいました、36。 プレッシャーリリースボタンの内側はこうなっています。 溝が傾斜しているため、光が妙な反射をしています。 ラフな仕上げに見えますが、実物はFOXクオリティ、綺麗に加工してあります。この溝を使って潤滑と偏った空気の圧縮を防いでいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FOX Mud Guard

36 / 38 Mud Guard マッドガード 希望小売価格 2,500円(税別)  入荷いたしました。 作業工程 1.プレッシャーリリースボタンを押して減圧。 2.13mmのソケットを使ってプレッシャーリリースボタンアッセンブリーを反時計回りに回して取り外します。 3.プレッシャーリリースボタンア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グロスブラックとの付き合い方

2021年モデルのグロスブラック、光沢のある黒は二の足を踏むカラーかもしれません。 ある程度、硬さのある塗料ですから、プラスチックのような柔らかいものとは違って、通常のウェスと液体コンパウンドである程度は回復させることはできます。 2年前の完成車用のフォークが、ちょうどオーバーホールに入ってきたため、軽く磨いてみました。 手順さえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

36 38 40 LOWER LEG ARCH

重量に対する剛性は自転車設計の究極の指標です。 エンジニアは、この重要な比率を最適化するために、1オンスの材料に対し数えきれないほどの時間をかけています。 私たちの完全に新しいロワーレッグデザインは、あらゆる限界を引き出し、可能なグラムを全て剃りながらも、現代のエンデューロとグラビティスタイルのライディングが要求する剛性と強度を手に入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

36 / 38の2021モデルは完全新設計

BLEEDERS ロワーレッグのブリーダーにあるボタンを押すだけで、ロワーレッグ内の圧力を大気圧にすることができます。 ロワーレッグ内に圧力が蓄積すると、フォークのパフォーマンスが劇的に低下し、完全なストロークができなくなり、小さなバンプへの感度と応答性が低下します。 LOWER LEG CHANNELS フォークが圧縮される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021 TRANSFERのヤグラ

TRANSFERを一番短くした際、サドルの上面の地上高をより低くすることができるヤグラのデザイン。 小柄な方には、うれしい設計。 ラインナップはこちら。 https://mamapapa.at.webry.info/202004/article_18.html 比較できるよう旧モデルの写真をアップしておきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021 32FLOAT SC

32 FLOAT SC、外観からは変わっていないように見えますが、去年からダンパーシャフトが9mmから8mmに変更されています。2018のリモートから、更なる信頼性向上のため、切り替え部分であるセレクターにはオイルをシールするためのOリングが使用されていません。その代わりにDHX2のダンパーシャフトをシールするU-CUPが使用されていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E-BIKE用のフロントフォーク、どこが違うの?

質問を頂きましたので、ご説明を。 結論から、どうぞ。 同じ部品は、ほとんど使用していません。 普通のバイクとの一番大きな違いは車両重量。 最適化するため、インナーチューブを含んだクラウンアッセンブリーが変更されています。インナーチューブが肉厚になっているため、エアピストンシャフトも異なります。 重量が増えていますから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結構、痛いんです。何のこと?

ハブ軸の幅とボトムケース内側左右に位置するハブとの接触面の幅を一致させることによって正確なアライメントを実現する独自のフローティングマウント機構。 歪みがなくなるため、真っ直ぐにストロークさせること可能になり、剛性の向上だけではなく初期の反応性も格段にアップします。(体感できるレベルの違いがあります。) 従来のモデルでも手間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EVOLと昨日の補足

EVOLは、ネガティブ側の容量を大きくすることで、動き出しのスムースさを生み出しています。なぜ容量が大きくなるとスムースに動くのか? それはストロークすることによってポジティブ側の気室が圧縮されると、メインシールの反対側に位置するネガティブ側の気室容量は自動的に増えることになります。つまりネガティブ側の空気が強制的に引き延ばされ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーラップ

上の写真の2つユニットを分解して一つのユニットを製作。 SV、メトリック、リモート。ラインナップされていない条件が盛りだくさんですから、こうした作業が必要になります。 左側のユニットが2021年モデル。右側のユニットが2018年モデルのユニット。ストロークすると隠れる部分をボディと呼びます。露出している部分の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Digressive(ディグレッシブ)とProgressive(プログレッシブ)について

ディグレッシブは入力スピードに応じてコンプレッション側の減衰が二次曲線的に増えていくプログレッシブの反対。入力スピードに対して常に一定に近いコンプレッション側の減衰を発生させる特性です。 アフターマーケットで販売されるFOXのリアショックはこのどちらでもないLiner(リニア=直線的。正比例のグラフをイメージしてください。)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

XCOフルサス用リアユニットのセッティング

イメージしやすいよう実際のケースを参考に使ってお話します。 190mmで40mmストロークのXC用ユニット。 サグは25%の10mmにセットします。 これはマスト。ただ柔らかい感覚を知るために30%の12mmも体感しておいてください。 日本のライダーさんが、やりがちな間違いは『硬めが好みだから空気圧を高くする。』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021 32 Step Cast

2017年にリリースされた32FLOAT SC。 変わっていないように見えますが、2017年のファーストロットと2021年モデルとでは同じ部品はクリップ、ボトムナット、操作系のパーツぐらい。 ダンパーカートリッジは毎年変更されていますし、同じように見えるクラウンアッセンブリー(CSU)なども2019年と2020年に変更されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加圧不要

2021のFLOAT X2とDHX2はリザーバーは、予め窒素で加圧されていますので、ポンプを接続して加圧する必要はありません。というか、絶対に触らないでください。 この部分、バルブコアリムーバーを使えば、アクセスすることができ、取り外すと奥にバルブコアがあります。一旦、減圧してしまうと、通常のツールでは加圧することができません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021 TRANSFERの寸法表

注意事項は以下の通りです。 ・サドルレール:7mm⌀、もしくは7mm×9mmの小判型断面のレールに対応しています。  8mm⌀には対応していません。 ・サドルレールの締め付けトルクは5.1 N/mです。 ・カーボンフレームに使用する際にはシートポストのずれを防ぐため、カーボンアセンブリペーストを薄く塗布してく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

38のエアピストン・アッセンブリー

これが38のエアピストン・アッセンブリー。 信頼性の向上とコスト削減が両立した設計。カシマコートされていないのには訳があります。以前にもお話しましたが、摩擦が極端に低くなるとエア漏れを起こします。(エアコン用のコンプレッサーなどは、摩擦が低くなるとどれだけエアが漏れるかという計算式があります。) エアシール交換の際は右側のベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

38のステアチューブ

重量に対する剛性を最適化するための多く手段の1つとして、38のステアチューブの内側を楕円形にしました。 必要な箇所の肉厚を上げ、過剰な箇所は厚みをそぎ落としてあります。 ここ数年、ヘッドチューブ周りのデザインは大型化されてきました。フレーム側の性能をより引き出すための新たなるアプローチ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねじれが大敵なのです。

ロワーレッグ(ボトムケース)、ピンとこないかもしれませんが矢印の方向へのねじれを無視することはできません。 左右の沈み込みを同調させるためにブレースやクラウンの剛性を強化することはイメージしやすいですよね。これは縦方向に分類されます。 ギャップに突っ込めば前後方向。 コーナーリング時には左右方向。 これらの要因が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021 FOX 32FLOAT 700c / 27.5 /29 価格表

32 FLOAT 700c 910-20-151 32FLOAT AX 700c 40 FIT4 3Pos-Adj MBlk KBLT 100 1.5T 44mm 希望小売価格 97,000円(税別) 32FLOAT 27.5 44mmオフセット ハブ幅100mm 1.5T 910-20-951 32FLOAT SC …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021 FOX フロントフォーク限定カラー

MTBがワールドワイドに広がり、レースでの開発の中心がアメリカからヨーロッパに移りました。今も設計はアメリカで行われており、台湾で製造されています。アメリカでの製造はカリフォルニアのワトソンヴィルで行われていました。 カリフォルニアですから、製造ラインにはヒスパニック系の方が多く、全てがおおらかで時間さえもゆったりと流れている感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご迷惑をおかけいたします。

ボタンの掛け違いは、既に2月12日の春節前から始まっていました。 約10年前、FOXは完成車メーカーへの納品の関係上、低価格帯のOE製品を台湾のメーカーに製造を委託していました。 100%自社製造とするため、台湾への工場進出。数年間、OE製品とTRANSFERなどを製造、実力を身につけながら、徐々に高価格帯の製品の製造も担当する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021 TRANSFER

ゴールド・スタンダード 軽量化、よりコンパクトに 実績のあるTransferシートポストは、2021年に向けて軽量化とタイト化を実現しました。完全新設計により、メンテナンス性の向上、軽量化、全長の抑制を実現。シートチューブに挿入されるボトム側の長さも短くなっています。 仕様と製品展開 特許出願中のクランプデザインにより、スタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021 FOX TRANSFER 価格表

Lever 希望小売価格 7,500円(税別) 925-06-004 2021 FOX Transfer Lever: 1x Remote 22.2 MM I-Spec EV 925-06-002 2020 Transfer Lever Assembly: 2x/3x Remote Left/Right   Transfer  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more