テーマ:メンテナンス

リアショックユニット オーバーホール基本料金 改訂版

作業ご依頼の際には、IDコード及びリアショックユニットが取り付けられている車体のシリアルナンバー・年式・メーカー名・モデル名が必要となります。 作業依頼書は、以下のURLからダウンロードすることができます。 http://www.ridefox.jp/index.html#contact またFOXとの契約上、モデルイヤー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フロントフォーク オーバーホール基本料金 改訂版

作業依頼書は、以下のURLからダウンロードすることができます。 http://www.ridefox.jp/index.html#contact FOXからの指示で、作業サービスの提供期間はモデルイヤーで5年と定められています。 FIT 及び GRIPの32及び34系オーバーホール料金(税込)  32 FLOAT 基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

工具とちょっとしたコツ

このロングソケットはSCのボトムナット用として使用しているもの。普通に購入することができます。 KTCの品番はB3LL-10 KO-KEN コーケンの品番は3300M エクステンションでは接合部が干渉してしまうため、一発でアクセスできるものを探して見つけ出したもの。贅沢を言えば、外径がKTC、KO-KENともに14.5mmこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーホール・修理のフローを今一度。

http://www.ridefox.jp/index.html#contact こちらにあるオレンジのボタンを押して頂ければ、作業依頼書をダウンロードして頂けます。 必要事項を記入して頂いた後、FAX 0586-43-6811にお送りください。一つあたり3時間程度の作業時間が必要なため、FAXをお送り頂いた時点で作業予定を押さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RM社、ベアリングの外し方

某メーカーさんのベアリングを使用したマウントキット。外そうとされたらしく、傷がついています。今日は私なりの、傷のつかない外し方をお伝えしておきます。 構造的には内部にスチールシャフトが入っていますから、その部分を上手く使います。ベアリングプーラーの8mmを用意します。反対側はコラムをカットしたものを少し加工してあります。本来、プーラー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

以前のモデルの作業手順について

昔乗っていたMTBをメンテナンスされ、使用される方が増えてきているようです。毎年、この季節にお問い合わせを頂くのですが、大半がFOXから許可されているサービスの提供期間が終了したモデルのため、弊社でのサービスを行うことができません。 幸いオープンバス形式のものが多いため、販売店での作業が可能です。そのヘルプとなる記事がブログの方に掲載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カートリッジのみの作業受付、終了のお知らせ

ネガティブ側に空気が流れ込んでしまっているとストロークしやすくなります。それを減衰が効いていないと誤解なさって、ダンパーカートリッジのみのオーバーホールを依頼される場合があります。エア側も作業しないことには、当然お客様が期待されていた状態にはなりません。 私の作業に問題があるとお考えになられていると、ご説明差し上げてもご納得頂くのは至…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アライメントの続きです。

昨日の続きになります。もう一つの実例をお伝えします。 ユーザーさんではなく、販売店さんに有用な情報なのかもしれません。ひと手間かけるだけで初期の反応が格段に良くなる組み上げ方のコツをお伝えします。FOXを例に話を進めますが、この方法は他メーカーのフロントフォークにも使えます。 それはエアピストンシャフトとダンパーカートリッジの軸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アライメントとは

フロントとリア、共にサスペンショユニットをスムースに動かすためには? 間違いなく最初にイメージされるのは摩擦抵抗の低減。 実はこれだけではなく、もっと効果的な方法があるのです。 サスペンションユニットとしての十全に機能を発揮させるためには、軸系のアライメントが重要になります。ここで言及したいアライメントとは、2つ以上の軸の整列具合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020 FLOAT X2のトラベル変更

イエローが2.5mmマイナス、オレンジが5mmマイナス、レッドが7.5mmマイナスになるスペーサー。 このパーツを使用することで、バイクの設計値のストロークに適合させます。 有償(部品代込みで3,000円税別)となりますが、出荷前に作業させて頂きます。 ダンパー部を分解することなく、ストロークが変更できるようになりましたが、想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォークの潤滑用オイルの量の調べ方

オイル量の調べ方。 年式でオイル量が異なっています。 ボトムケースのブレーキサイド裏側に、4桁のアルファベットと数字の組み合わせの4桁のIDコードがあります。 今回のサンプルはアルファベットのみで構成された『DDYY』がIDコード。 これを以下のURLに入力して頂ければ、年式・モデル名・ストロークなどが表示されます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GRIP・GRIP2の潤滑にゴールドのオイルは使用できません。

流石にこれだけ捲れているとオイルを引いてきます。 GRIP及びGRIP2カートリッジは一見クローズドカートリッジに見えますが、ダンパーシャフトに付着したオイルをカートリッジ内部に取り込み、余分なオイルや空気を上部の穴から排出する構造になっています。5wtテフロンオイルがダンパーオイルと潤滑用オイルを兼ねているわけです。そのため潤滑のみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慣れてしまえば面倒ではなくなりますよ。

高圧洗浄機を使うと防水の役目を果たしているUカップを広げてしまい水が浸入します。ダイアルを固定しておいて2.5mmの六角レンチで外し、清潔な布で水をふき取るだけで錆びを防ぐことができます。エアバルブサイドもキャップを外してふき取りを行ってください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレームの内部って?

内部構造ではなく、環境のお話です。 雨中走行や洗車などで内部に水が入ったとします。水を抜かないままで1週間以上経過した快晴の下でのライディング。太陽を一杯浴びての気持ちいい走行。 フレームは密閉された空間。内部では先日の走行によって浸入した水が気化します。高い湿度の空気で満たされたフレーム内部。夜になって気温が下がり、結露して水に戻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 3pos-adj FIT4のオイル交換。

2016年以降の32/34/36 3pos-adjのオイル交換、後方支援をさせて頂きます。 カートリッジを取り外すまでは、こちらをご参照下さい。 https://www.ridefox.com/fox17/help.php?m=bike&id=621 オイル交換だけならSTEP8&9からの作業を。 その後、カートリッジを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクスルシャフトの固定

背後に位置するドアが開いているのか、閉まっているかは見なくても、その状態は皮膚感覚や聴覚で判別することができますし、コップに注がれた水が熱湯なのか冷水なのかも、見ることなく聞き分けることができます。このように人間の感覚はかなり鋭敏なのですが、視覚からの情報が全てに優先してしまう傾向が強いのです。 随分前から採用されている写真のタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRANSFER、サドルレール固定の際の注意点

FOXの特徴はメリハリの効いた素材選び。軽量であることを間違いなく目指しているのですが、使い勝手&耐久性の点については多少の重量増を厭(いと)いません。(そのくせ重量に関してはトラウマ的なコンプレクスが多少存在しているようで、いつもその葛藤の中にいるように見受けられます。)TRANSFERのシートクランプのボルトとバレルナット(太鼓)は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021 FOX 36/38のフローティングマウントの概念

最初に、この動画は正しい取り付け方法を学ぶためのものではなく、構造を理解して頂くものであることをお断りしておきます。 1.ピンチボルトはスリーブを固定するものではないこと。 ピンチボルトを緩めると、スリーブは左右に動きます。 2.前輪を取り付けます。 3.アクスルを取り付け、フラップの位置を調整します。 フラップの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グロスブラックとの付き合い方

2021年モデルのグロスブラック、光沢のある黒は二の足を踏むカラーかもしれません。 ある程度、硬さのある塗料ですから、プラスチックのような柔らかいものとは違って、通常のウェスと液体コンパウンドである程度は回復させることはできます。 2年前の完成車用のフォークが、ちょうどオーバーホールに入ってきたため、軽く磨いてみました。 手順さえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベーススタッド

年内に返却できるようにと早出をして作業。面白いもので、同じ製品が続けて送られてくることがよくあります。今回は5連続で2016年モデルPerformanceグレードのFIT4、100&120 FLOATシリーズ の作業でした。 写真は32のベーススタッド、ダンパーをボトムケースに固定するパーツで内側にリバウンドシャフトが貫通する構造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご理解の程、よろしくお願い致します。

「丸4年ご使用でオーバーホールのご希望を頂きました。各部レバーの動きやインナーチューブの外観には傷等見当たらないかと思います。」 レバーを外し、スプリング・リテーナープレートを外すと錆がありました。クリック感は重くなっており、そのまま使用を続けるとクリック感がなくなります。この部分のパーツ交換を見送った場合、お預かりした直後に調子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

36の2017年以前のエアピストンシャフトの分解

36の2017年以前のエアピストンシャフト。 スタッズを外す際にはバーナーを使用して接着剤を殺します。ピストン側は樹脂製部品が使われていますからバーナーは使用できません。供回りさせてしまうとクランプしているシャフトに傷をつけてしまうとエア漏れを起こします。 クランプしているシャフトを回転させないようにするためには、写真の箇所にポンチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GRIP用シャフトクランプ

作業手順の動画が、こちら https://www.ridefox.com/fox17/help.php?m=bike&id=915 にあります。途中、字幕で以下の文章が表示されます。 CLEAN THE CARTRIDGE BODY, THEN CLAMP THE MIDDLE OF THE BODY IN YOUR SHA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご自身での整備をお願い致します。

FLOAT X2、2019年モデルからサスポンプの脱着を容易にするため、メインのエアバルブが2度!傾けて取り付けられています。 エアバルブが曲がっているわけではありません。 参考:https://mamapapa.at.webry.info/201806/article_5.html DHX2とFLOAT X2は、リザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リモートトップキャップの考え方

2018年以降の2ポジションリモートのトップキャップパーツ取り付けの取り付けには、このツールが必要となります。 https://mamapapa.at.webry.info/201708/article_5.html 2017年以前のトップキャップパーツ、スプリング・プリロードは半回転でしたが、2018年以降は1回転させる必要が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアピストン用のツールです。

十分に脱脂したシャフトを同じく脱脂したクランプを使って万力に固定。バーナーで炙って…。263 REDの固着したシャフトの内側とベーススタッドをワイヤーブラシやピックで剥がす。 ネガティブ・プレートのOリングとUカップを取り外し、脱脂洗浄。エアガンで残った洗浄液を飛ばし、スリックハニーで塗布した新しいOリングとUカップを取り付けた後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動くようにしたいのは理解できますが。

2015年モデルまで使用されていた32と34のエアシャフト。青い部分(Uカップと称しています。)は直接的にはエアをシールしない、ガイドの役割をしています。 フロントフォークもリアショックも、皆さんが想像される以上に、ねじれなどの変形を起こしながらストロークをしています。Uカップがないと、メインシールはインナーチューブの側面に対しての平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SCのトラベルを増やすことはできません。

SC(ステップキャスト)、32は100mmと34は120mmで商品展開しています。32の120mm、34の130mmストロークはSCではないシャーシ(ボトムケース&クラウンアッセンブリー)で展開しています。 SCは過剰な部分をそぎ落とし軽量化しています。そのためストロークを伸ばすことはできません。 最大の理由は、インナーチューブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイアル類を緩めるときには。

噛み込みを防ぐために、ボルトを使ってダイアル類を取り付け、もしくは取り外しをする際には、ダイアルが回転しないよう、固定してから作業を行うようにしてください。 毎週、最低一本は黒いダイアルが動かない状態でお受け取りしています。 タイヤレバーを使って固定する方法はこちら https://mamapapa.at.webry.in…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more