ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 自転車と幸福感

<<   作成日時 : 2015/01/05 14:00   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

何事も慣れてしまうと当たり前のことになってしまいます。
感動でさえも日常の餌食となり、ルーチンワーク化してしまうことも珍しくありません。

その最たる例が自転車。
今は『手段であって目的ではない』程度に、自転車に接していますよね。
自転車に乗る人なら誰しも、初めて自転車に乗ることができた日の出来事を覚えていると思います。
大袈裟でなく、あの日、まるで世界の理を全て会得したかのような喜びや充実感を覚えたはずです。
ほとんどの方にとって、大人になっても役立つスキルを初めて習得する機会だったのでは?
そこには親からの押し付け(笑)以外にも、「乗れるようになりたい」という、ご自身の意思が反映していたと思います。例えば「自転車に乗れる〇〇ちゃんと一緒に遊びたい」といった動機であっても立派な自分の意志なのです。
自発的な動機によって学習する初めての機会でもあり、そういった意味において大人への階段のファーストステップ、自立への第一歩であったと思います。

今は当たり前のことになっていますが、当時は嬉しかったはずです。
次に自転車にまたがる際には、その時のことを思い出してみてください。小さな幸福感が得られますよ。

ついでにもう少し。『自転車に乗ることができる』、そんな些細なことであっても、健康、家族、環境といったことが関わっています。奥さんや恋人、子どもたちの理解に対して「ありがとう」の一言を忘れずに。言うことができる間に伝えておいてください。日頃の行いが悪くなければ、素直に喜んでくださると思います。そうでなかった場合には、よからぬことを企んでいると疑われてしまい、携帯などをチェックされることがあります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます。
今日のお題、遠い昔の記憶の糸を手繰ってしまいました。
初めて自転車に乗れた日、今でも鮮明に覚えています。
近所のお兄さんが教えてくれたなあと。。。
あれからはやうん十年。。あっという間だった記憶があります。
自転車の感動といえば、初めてのれたこともそうですが、初めてMTBを手にいれた時、そしてダートを初めて走った時、さらにフレームの違いを体感した時など
あれから幾つもの感動を覚えてきたこと、そして今でも何かのおりに感動を覚える事が
幾つもあること。
こんなにたくさんの感動を貰える趣味はそうはないと思います。
そして、下世話ですがこの感動に対するコストパフォーマンスの高さを皆に知って欲しいなあと。(笑)
家族には道楽と思われつつもまあ多めに見てもらえていることに感謝です。ホントは同じ感動を共有して欲しいですが。。。(笑)
脈絡のないコメントで申し訳ありません。。。
今年もよろしくお願いいたします。
ごんた
2015/01/05 21:38
ごんたさん、あけまして、おめでとうございます。

近所のお兄さんでしたか、初めての人は(笑)
一生行くことがなかったであろう場所にも連れて行ってくれ、そこでしか見ることのできない景色=感動をくれる道具。自分の愛する家族たちと共有したくもなりますよね。
本年も宜しくお願いいたします。
大島
2015/01/06 21:39
自転車と幸福感 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる