ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS フォークのトップキャップを緩める作業

<<   作成日時 : 2015/12/17 18:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
何をしている写真なのか?
今日はちょっとした秘伝を。

トップキャップを緩める作業なんですが、スタンドは使用していません。同軸となるボトムケースをスタンドのクランプに取り付ければいいじゃないかとお思いでしょうが、トップキャップを緩めるためには相当強い力でボトムケースをクランプしなければなりません。そうデカールを痛めてしまう可能性があるのです。

股の間でボトムケースの両側を挟み込みます。
こうすることによって、トップキャップを緩める際に発生するクラウンの過度なたわみを防止することができます。(極端なたわみはクラウンの音鳴りを発生させる原因となります。)
15QRなどのアクスルシャフトを取り付けたままにしておけば、よりねじれの発生を抑えることができます。
この姿勢であれば、左手の親指でラチェットの頭を押さえやすくなり、ソケットの外れを防止しやすくなります。

40の場合はインナーチューブをスタンドに固定することができます。クランプ部を回転させることができるスタンドを使用していますので、フォーク全体を傾け、やはり股の間でボトムケース両側を挟み込んで作業をしています。この場合はソケットを外れなくする意味合いが強くなります。

冬場は作業着を通してボトムケースの冷たさが伝わってきます。
結構、冷えるんですよね。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
それでアクスルシャフトが違うのがついて着たのかな...
go-go
2015/12/18 05:56
go-goさん、こんにちは。

お使いになられていたものよりも、疲れたアクスルが取り付けられていました?もしそうであるのならば、ご依頼なさった販売店にお問い合わせください。もしよりいいものがついていたのなら、そのままで結構です。ガタが大きくなっている部品は選手が使用していた部品と入れ替えをする(無償)ことがあります。お手数ですが、よろしくお願い申し上げます。
大島
2015/12/18 21:57
フォークのトップキャップを緩める作業 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる