ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS DYAD RT2の作業代はケースバイケース

<<   作成日時 : 2016/11/29 21:04   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

RX78GP03 ガンダム試作3号機 デンドロビウム。
別名DYAD RT2。
プル式のショック。部品点数が多く、専用ツールが多数必要。
生産数が少ないことも手伝って、本体の価格も相当なもの。
(販売価格はFLOAT X2の2本分くらいだと思います。)
完全に分解するオーバーホールは丸一日以上の時間がかかります。まともに工賃を計算すると恐ろしいことに。
今回はダストワイパー部に石の噛み込みが発生したためのオイル漏れ。真ん中部分とイコライジングするための通路の部分までの分解で対処、それでも1日必要でした。
部品代込みで2万円(税別)の作業とさせていただきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス
DYAD RT2の作業代はケースバイケース ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる