ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS サスペンション、価格の差は?

<<   作成日時 : 2016/12/19 22:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

「同じCTDなのに、FLOAT CTDのFACTORY XC用モデルのクライムポジションとFLOAT Xのクライムポジションと比較するとFLOAT Xの方が柔らかく感じるのだが、これは仕様か?」

仕様です、以上。
不親切ではありますが質問の回答にはなっています。(笑)

ある販売店さんから電話でお問い合わせがありました。
その際のご説明を。
異なった用途のモデルで比較しても意味はありません。FOXの場合、FLOAT CTD XC用のモデルはバルブリーフを使用したディッシュタイプとブーストバルブに分かれます。更にそれぞれ複数のコンプレッション設定があります。
某完成車メーカーの、とあるモデルの、あるグレードについてお話しすると、サイズによってサスペンションの仕様が異なっています。フレームサイズが異なれば、想定されているライダーさんの体重も変化しますから、おかしなことではありません。
サスペンションユニットを比較したい場合、メーカー、モデルイヤー、モデル名、グレード、サイズの全てが同じでなければ、その目的を果たすことはできません。

FOXはロックアウトを廃止していますので、ストロークし始めるポイントの、スロー側コンプレッションの強さを、用途によって変えて対応しています。
XC系は強め、フリーライド系は弱めに設定しています。強さだけではなく、モデルによってコンプレッションを発生させるシステム自体が異なっていますので感覚的にも当然違いがあります。

余談になりますが、サスペンションは価格が違うと何が変わるのか?を手短にお話しします。
動き出しの軽さや抵抗の少ないスムースな動きは設計やコーティングの違いで変わってきます。このあたりは視覚的にも判別がつきやすいと思います。しかし一番の大きな違いは、受けた衝撃に対するエネルギーの変換効率。ライダーに衝撃を伝えることなく、サスをストロークさせる能力が異なっているのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
サスペンション、価格の差は? ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる