ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 32FLOAT SCのセッティング

<<   作成日時 : 2017/03/15 18:31   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

FACEBOOKの方で、ご質問を頂きました。

同じフォーク(32 FLOAT SC)を使用していますがセッティングに戸惑っています。
サグを取りリバウンド設定……
なかなか思うようにいかないです。
何かセッティングのコツなどありますでしょうか?

画像
32 FLOAT SC 100のサグの推奨値は15%〜20%。
スプリント的な、日本のXCOレースに出場するのなら15%。
トレールをそこそこのペースで長時間走るような使い方をするのなら17%あたり。
マジで走る気なんて全くない、軽く流したいだけなら20%

まずは走行スピード領域でサグを決定してください。

画像

リバウンド設定の表から、設定空気圧と一致する数値を用い、リバウンド側減衰を設定します。

画像
画像
オープンモードで軽く走行、ブレーキング時に、急激に前が沈まないように、オープンモードのコンプレッションを設定します。同時にペダリング時のピッチング(フロントの上下動)も、気にならない程度に設定してください。

ちょっとしたガレ場で突き上げ感を感じるのなら、リバウンドを弱くします。

全体の動きが硬いと感じるのなら、エアボリュームスペーサーを抜いて下さい。
ボトムしてしまうくらい動いてしまうのなら、エアボリュームスペーサーを足してください。

新品を下したばかりであると、あたりがついてくるまで、ストローク時の動きが変化し続けます。
抵抗がなくなる程、同じサグを得るためには高い空気圧が必要になってきます。

神経質になる必要はありません。
17%あたりから慣らしを初め、ある程度乗り込めば、フォークがどういう動きをしているのか、自分が何を欲しているのかを理解することができるはず。
しばらくは細かく調整しない、おおらかな気持ちでライディングを楽しんでください。その過程で、必要に応じ、微調整をしていくようにするのが、セッティングを出す近道です。

体調や気分によっても変わってくるセッティング。
『決まった形』のないものを、完全に捕捉することなど不可能です。
機材に対して過剰な依存をせず、
『ま、いいか。足りない部分は自分で補えば。』
くらいの気持ちが、機材をいいフレンズにするコツだと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
32FLOAT SCのセッティング ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる