ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018 REMOTEのリアショックについて

<<   作成日時 : 2018/01/09 21:07   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今年のリモートはプッシュするとロックが解除される方式で、ロックアウト(厳密には動きますが便宜上)のON-OFFの2ポジション。

2018モデルのFACTORY 2ポジション・リモートフォークなら、一つのレバーで同時にコントロールできるのですが、2016-2017モデルであるとプッシュするとロックしてしまうことになります。これを2ポジションにする、つまりはダンパー自体を2018モデル リモート仕様に改造することが可能です。
(もちろんバルブスタックも2018年仕様にいたします。)

ダンパーのトップキャップ部分を総とっかえ、リモート・トップキャップパーツとレバーアッセンブリーを含めて、部品代のみで12,500円(税別)と格安に設定してみました。
オーバーホールの際にご用命下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
2018 REMOTEのリアショックについて ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる