アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「メンテナンス」のブログ記事

みんなの「メンテナンス」ブログ

タイトル 日 時
旧タイプのエアピストンシャフトについて
旧タイプのエアピストンシャフトについて 「2008年モデルをお子さん用に。でもサグがとれない。」という電話を頂戴したようです。 以下は自己責任を前提に作業をお願いたします。 現在のモデルなら、エアスペーサーを抜くことで対応できるのですが、昔のモデルは簡単にはできません。しかし不可能なわけではありません。 メインシールを填め込む白い部分は、ピンで固定されているだけです。ピンをピンポンチで抜き、エアシャフトを1cm程切断、ドリルを使ってピンを貫通させる穴を開けて下さい。(必ずシャフトに対して垂直に開けて下さい。)あとは再度、ピン... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/25 08:49
36のトラベル変更について
36のトラベル変更について 26 インチ用はラインナップが少ないため、よくお問い合わせを頂きます。100mmトラベルは831があるため大丈夫なのですが、120mm及び130mmトラベルは不可能です。140mmと150mmトラベルは、パーツリストを見る限り、エアシャフトアッセンブリーを交換することで実現が可能なようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/04 18:39
ボルト類の錆落とし
ボルト類の錆落とし ボルト類の錆落としは、外してから本格的な作業をします。 ちょっとしたものなら、薬剤などは使わなくても大丈夫。 ハンドドリルにクランプさせてからのワイヤーブラシでOK。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/30 16:02
ネガティブスプリング その2
ネガティブスプリング その2 リアショックもフロントサスペンションもメインエアスプリングから拡大されたネガティブ・エアスプリングへ積極的に空気を移動させ、両側の気圧を同調させる構造になりました。ほとんどのフロントサスペンションから重量のあるコイルスプリングが取り除かれ、バネ下重量の軽減を実現することができ、路面追従性や接地感の向上につながりました。 そのためオーバーボールの直後やエアスリーブを一旦取り外した後には、ポジティブ側からネガティブ側に空気を送ることが必要です。正しい動きを得るためにはトラベル量の25%程度のス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/30 10:05
ベアリング付のリモートパーツの取り付け
ベアリング付のリモートパーツの取り付け ベアリング付のリモートキット、以前とは異なった取り付け方法になります。 ワイヤー固定位置とワイヤーの取り出し口の位置を合わせて、スプリングを固定するところまでは同じ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/15 21:37
FLOAT X2のセットアップ手順
FLOAT X2のセットアップ手順 エアボリュームスペーサーの調整するタイミングが難しいようで、それを間違ってしまうと必要以上の数を入れてしまう方向に進んでしまうケースがあるようです。今日は失敗しない手順をお伝えしたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/18 19:45
リモートキットの取り付け 追補
リモートキットの取り付け 追補 2016年モデルから、クリップでスプリングを押さえるためのプレートがクリップで止まっています。 リモートキットを取り付ける際には、これらを取り外した後、3ポジションのクリックを生み出すベアリングボールとスプリングを外してください。これを行わずリモートキットを取り付けてしまうとリモートレバーが戻らなくなり、ロックアウトしたままになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/15 22:23
FLOAT X2のエアシール
FLOAT X2のエアシール FLOAT X2、このような構造になっているため、エアシールを交換する際にはダンパー本体も分解しなければなりません。 ダンパーのシールヘッドを外さないと、ダストワイパー及びシールを保持しているエンドキャップを外すことができません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/24 20:46
びっくりしました
びっくりしました リッキーのFLOAT SC、動かなくなったと監督さんから連絡がありました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/19 16:35
ダイアルは固定した上でボルトを緩めます。
ダイアルは固定した上でボルトを緩めます。 MAXXISのタイヤレバー、ダイアルを固定する際に重宝します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/04 20:41
TRANSFERの注意点
TRANSFERの注意点 TRANSFER、ヤグラを外すと、まるで誘っているかのように六角レンチを差し込む穴(矢)がありますが、ここは絶対に緩めてはいけません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/10 21:45
5mmの六角穴付ボルト(キャップボルト)が外れない
5mmの六角穴付ボルト(キャップボルト)が外れない 販売店さんから、こうしたお話を伺うことがあります。 規定トルクよりも強く締めてあり、六角穴が潰れてしまったボルトではなく、ロックタイトで接着固定された状態のお話です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/30 20:43
リモート化する際の、作業上の注意点
リモート化する際の、作業上の注意点 Step-Cast(通称 SC)は少し先のデリバリーになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/23 20:27
FLOAT Xのリモート化
FLOAT Xのリモート化 FLOAT Xのアジャスター部は取り外し可能になっています。 レバーをハードに合わせて作業をしてください。 2mmのボルトを2本取り外すだけでOK。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/05/10 19:54
もう一度、正しいリモートデバイスの取り付け方
もう一度、正しいリモートデバイスの取り付け方 錆の発生を防ぐためにマリングリスを使用します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/07 19:46
FLOAT X2 分解写真
FLOAT X2 分解写真 FLOAT X2を分解点検、エア抜きを実施。その後150psiまで加圧した直後の写真です。 クランプなどの作業をしやすくするため、2000年モデルのVanilla RCのアイレットを取り付けてあります。もちろんリバウンドは機能しません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/06 18:15
34のアップグレード用エアピストンキットの油脂について
34のアップグレード用エアピストンキットの油脂について 34のアップグレード用エアピストンキット。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/01 20:34
フロントフォーク・シールキット (改訂版 その2)
フロントフォーク・シールキット (改訂版 その2) 弊社で袋詰めするフロントフォークシールキット。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/14 10:32
FLOAT X 分解写真
FLOAT X 分解写真 今日はFLOAT X オーバーホール時の分解写真。 オーバーホール、何が一番大変なのかというと、こうした部品を一つずつ洗浄すること。 洗ってしまえば、終わったも同然なんです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/21 20:29
2009-2012までのTALAS、トラベルアジャストしない場合の対処法
2009-2012までのTALAS、トラベルアジャストしない場合の対処法 内部部品の摩耗が原因ではない場合に可能な対処法です。2013年も同じ形式なのですが、最後の写真の部品がロックタイトのブルーで固定されているため、今からお伝えする方法では解決することはできません。また2008年以前ののTALASはこの形式ではないため、やはりこの方法では対処できないことをご承知置き下さい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/28 19:25
2015-2017 36 FLOATシリーズ トラベル変更
2015-2017 36 FLOATシリーズ トラベル変更 ボトムナットを10mmと15mmのソケットを使って外します。 その後、エアを抜いた後に32mmのソケットを使ってトップキャップ緩めます。 トップキャップは簡単に引っぱり出すことができます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/04/01 20:06
オーバーホール及び修理代金について
基本シール類を含む、基本料金は据え置いているのですが、円安や航空運賃の値上がりのため、部品代が高くなってきています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 24

2015/02/24 21:34
D.O.S.S、勝手に下がってしまう場合には
D.O.S.S、勝手に下がってしまう場合には このT-8のトルクスのネジ、緩んでいるとワイヤーのアウターを固定している部分が首を振ります。更に、ワイヤーに余裕があると、ハンドルを切った時などに勝手にミドルポジションまでシフトしてしまうことに。 ボトムまで行かないときは必ずチェックを。一度にたくさん引っ張れないため、ミドルポジションで止まります。 現象を再現させることが難しいのなら、更に機械的に破損していない可能性が高くなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 18

2015/02/09 19:13
2014-2015 TALASの秘密
2014-2015 TALASの秘密 そんな大袈裟なものではないのですが、従来よりも高い空気圧設定で動く理由をご説明いたします。 従来は採用されていなかったネガティブスプリングが使用されています。しかも2段階で。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 10

2015/02/03 18:52
D.O.S.Sの組み立て手順と注意点 (業務用資料)
D.O.S.Sの組み立て手順と注意点 (業務用資料) 基本的には逆の工程で組み上げます。この項では注意点をお伝えいたします。 キットに含まれている、新しいシールヘッドに交換します。 内側のOリングの摩耗はエア漏れを引き起こす可能性があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/27 20:08
業務連絡 DOSS分解手順 その3
業務連絡 DOSS分解手順 その3 こんな感じで外れたら、勝ったも同然。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/26 20:54
業務連絡 DOSS分解手順 その2
業務連絡 DOSS分解手順 その2 パーツは、この順番で並んでいます。 Oリングの2本は、バンパーの役目と気密を保つ役目を果たしています。 また一番伸びた状態で引っ張ると、ガタがあるように感じるのは、このOリングが変形するためです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/26 20:31
業務連絡 DOSS分解手順 その1
業務連絡 DOSS分解手順 その1 販売店向きのざっくりとした手順の説明です。T-8のトルクスでネジを緩め、抜いてください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/26 19:47
EVOLUTION用アップグレードカートリッジにリモートキットは取り付けられるか?
EVOLUTION用アップグレードカートリッジにリモートキットは取り付けられるか? 実際にやってみましょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/10/20 14:57
2014年以降のリモートレバーの取り付け方向
2014年以降のリモートレバーの取り付け方向 MASSIの完成車に取り付けられているレバーの向きにご注目。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/08 20:38
質問にお答えいたします。
今日は、'14と'15をお持ちのユーザーさんからのご質問にお答えしたいと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/09 21:27
2015 36 FLOATはエアボリューム調整ができます。
2015 36 FLOATはエアボリューム調整ができます。 製品に添付されているエアボリューム調整用のスペーサー。 このパーツを使ってエアスプリングの容量を調整します。 オレンジとブルーの二種類。初期設定では小さめのブルーが一つ装着されています。 取り付けたスペーサーの数が増える程、踏ん張り感の発生位置がストローク初期側にシフトしてきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/07/09 13:37
TALASのスペーサー入荷しました。
TALASのスペーサー入荷しました。 この写真で「おっ!」と思われた方、お待たせいたしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/06/25 18:29
固定することがキモ
固定することがキモ 以前にもお話しましたが、ダイアルなど、回転させる部分のネジを緩めたり、締めたりする場合には必ずダイアルが回らないように固定することが大切です。 固定しないでレンチ類を使用するとダイアルの下にあるロッドなどが供回りして噛み込みを起こします。 というよりも噛み込ませて固定してネジを緩めたり締めたりされている方が多いようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/06/24 21:56
CTD ADJ エア抜きツール
CTD ADJ エア抜きツール 本日はある程度作業スキルを持ったマニア向けの内容となります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/12 20:39
リアショックユニット オーバーホール基本料金 改訂版
作業ご依頼の際には、リアショックユニットが取り付けられている車体のシリアルナンバー・年式・メーカー名・モデル名が必要となります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 18

2014/04/25 19:37
フロントフォーク オーバーホール基本料金 改訂版
32、34、36および40のカートリッジオイル交換・点検料金 (カートリッジのみでお送り頂いた場合の料金です。) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 14

2014/04/24 18:40
FLOAT X エアスプリング ボリューム チューニングキット作業方法
FLOAT X エアスプリング ボリューム チューニングキット作業方法 ご要望をいただきましたので早速。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/16 19:21
15QR、調整の仕方
15QR、調整の仕方 ハブやフォーク、それぞれの公差や塗装の厚みなどの差があるため、微調整が必要となります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/11 20:20
15QRレバーの固定位置
15QRレバーの固定位置 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/04/09 19:14
40FLOAT用 ピストン脱着ツール
40FLOAT用 ピストン脱着ツール これをインナーチューブの下側に嵌めて抜くわけです。 40FLOAT エアピストンツール  希望小売価格 3,800円(税別) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 11

2014/02/19 18:26
スタックダウンした、古いリアユニットについて
FOXはイヤーモデルで5年までの製品に対して、メンテナンスサービスの提供を行っています。 このところお問い合わせを頂くことが多い、2008年モデル以前のリアショックのメンテナンスについてお知らせ致します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/12/09 20:35
フォーク単体でストロークさせないで下さい
フォーク単体でストロークさせないで下さい 左がリバウンド最弱の状態、右がリバウンド最強の状態となります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/05 20:09
2013年モデルのEVOLUTIONシリーズのフォークには旧タイプのリモートキットが…。
2013年モデルのEVOLUTIONシリーズのフォークには旧タイプのリモートキットが…。 これが2013年改良型のEVOLUTIONカートリッジ。 旧タイプのリモートキットを取り付けるための2つの穴が存在します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/19 18:29
Rockymountain、対象EVOLUTIONが取り付けられている車種
Rockymountain、対象EVOLUTIONが取り付けられている車種 Rockymountain ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/06 20:04
2013 32、34 Evolution CTDとリモート120mm-160mm 自主回収について
2013 32、34 Evolution CTDとリモート120mm-160mm 自主回収について 米国消費者製品安全委員会の協力のもと、FOXは2012年3月1日から2012年11月30日の間に製造された特定の2013 EVOLUTION シリーズ・フォークに対して自主的なアップグレード・プログラムを開始しました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/10/23 20:14
32シリーズ、ストローク変更についてのまとめ。
32シリーズ、ストローク変更についてのまとめ。 831以外のモデルは表記のトラベル量よりも長くすることはできません。 (831は最大120mmトラベル。出荷時は100mm。) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/10/21 12:38
スパチュラは、こんな形
スパチュラは、こんな形 リアショック、フロート系のOリングを取り付ける際に使用しているツールがスパチュラ。 私は模型用のものを流用しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/18 21:08
XV外側パーツの外し方。
XV外側パーツの外し方。 XV(ラージカン)エアスリーブ外側部分の外し方について、ご質問を頂きましたので解説を。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/17 19:42
2014 CTD ADJ用リモートキットの取り付け
2014 CTD ADJ用リモートキットの取り付け 2.5mmの六角レンチでレバーを固定しているボルトを緩めます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/08/01 20:41
15QR ハードウェア部品の調整
この数字の書かれている歯車のようなパーツ。 調べてみたのですが正式名称はありませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/07/22 18:10
トラブルの箇所を明示して下さい。
オイル漏れを修理依頼される場合には、どこから漏れているかをお伝え頂くと助かります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 14

2013/07/18 20:05
2014 TALAS カートリッジ
これが先日お話したTALASカートリッジ。 奥が長いトラベルの状態、手前が短いトラベルの状態となります。 (2010年から2013年までのTALASならば、置き換えることが可能。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/06/26 20:01
2014 FOX 831 エアシャフト
2014モデルの831、スプリングサイドが6mmのヘックス! 15QRのクイックシャフトがシルバー仕上げになっていますが、現時点ではブラックとシルバーが混在しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/06/25 18:58
D.O.S.S. 本体側 ワイヤーストッパーセット
パーツナンバーが825-03-005-KIT 正式名称は DOSS Rocker leverとなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/29 19:51
40RC2のアライメント
以前と比較して、アクスルシャフトがスムースに入らなくなったのはボトムケースの歪みが原因。 転倒はDHバイクにはつきもの。 派手にやらかしてしまったら、アクスルでチェックしてみて下さい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/12 19:58
RLC FITのオイル交換 Ver.2
オイルを抜かないままの作業、精神衛生上良くありません。 機械を使うことなく、簡単にできる方法を考えてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/04/11 22:08
BRAINのエアスリーブメンテナンス
どうエアスリーブを外すのか? フレームから取り外すと、わかります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/03 19:59
DOSS、アソビとガタ
これが“クラッチ"が繋がった状態。 中心部の楔(くさび)状のパーツによってベアリングボールが外に押し出されています。 球の点接触で面圧を上げて固定しています。球ですから、ある程度回転して力を逃がすようになっています。 これがガタと思われる原因。ガタではなく、アソビなのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/03/21 11:05
CTD ADJUSTの黒いダイアルの回りが硬い
弊社で販売している製品は出荷前の全数点検で確認、再調整を行っているため問題はないと思います。完成車に取り付けられているもので回りの硬い場合の対処法をお伝えします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/19 10:52
FOX純正CTDリモート・レバー3種類
上段が、DOSS用レバー 希望小売価格  9,600円 (税別) 下段左が、CTD用シングル用レバー 希望小売価格  9,000円 (税別) *フロントとリアの、いづれかをコントロールできます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/14 19:48
フロントフォーク、エア漏れのトラブルシューティング
最初に確認しなければならないのは、ポンプの脱着によるエア漏れ。 詳しいお話は、こちら。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/06 21:13
CTD REMOTEのケーブルガイドの位置
2013 FLOAT CTD REMOTEのケーブルアウターガイドの位置ですが、購入時は12時の位置で届いたのですが、簡単な作業で6時の位置に変更できますでしょうか? もしできるなら、その方法をご教授願えますでしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/02/25 14:08
36の20QR、これは締め過ぎです。
ボトムケースの塗装まで剥がれてしまっています。レバーのアルマイトも地肌が出てきそうな状態。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/20 18:33
サスペンションのメンテナンス 早見表 Ver 2.0
「こんな記事があると便利では?」と思いついたので作成してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/18 18:23
ボトムナットを傷つけずに緩めるコツ
ソケットレンチのエッジをリューターで丸めておきます。 リューターは商標登録された商品名、正確に表現すると私はロータリーツール(これも商標登録された商品名)を使いました。リューター、ホチキスのような感じで一般名詞になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/07 20:31
マウンティングキットの外し方
大きめのカッターナイフの刃を差し込みます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/06 22:07
よく見かけるので、もう一度注意喚起を
ダイアル固定しているネジを緩める際には、必ずダイアルが回らないようにダイアル本体を固定して下さい。 写真ではマキシスのタイヤレバーを使用しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/05 20:48
オーバーホール後は設定が変わるはず。
ありがたいことに、オーバーホール依頼品が毎日送られてきます。 通常よりも少し時間を頂戴しますが、今のところお受け取り後5営業日以内の返却はできています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/01/21 21:01
部品のコンパチ
今日は少し変わったフォークを作りました。 2013 32 FLOAT 140 CTD-ADJ FIT を100mmストロークにする作業。 いわば831の9mmアクスル版ともいえる仕様。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/18 23:06
DOSSの内部基本構造
大きな部品は、こんな感じ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/16 18:14
D.O.S.S ツールキット
このキットと万力があれば、DOSSの完全分解が可能です。 (近日中に分解方法をアップします。) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/01/15 19:25
フォークの慣らし
「黒いものがインナーチューブに付着する。」と言って送られてきたフォーク。 ダストシールの上に堆積物があります。まさに付着する黒い物質を製造中といった感じになっています。内部のオイルはキレイな状態ですから、ダストシールの本来の役目は十分に果たしています。またオイルが汚れていないということは、ダストシールが削れている、もしくは変質しているわけではないと考えられます。やはり乗車前、乗車後の乾拭きが即効性のある対策であると考えられます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/12/18 21:04
2012 FLOAT RL FIT リモートやVブレーキ対応などのご質問
完成車装備の2012 FLOAT RL FIT リモート、ロックアウトはいらないので、レバーを外したい。 どの辺りまで取り外せばよいか?ワイヤーを外せばロックなしの状態にできるのか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/12/10 18:57
黒いものが付着する その2
ご質問を頂きました。コメント欄では字数制限あるため、この項で回答させて頂きます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/11/12 12:57
CTD REMOTE、トップキャップの位置合わせ
ほとんどの方には縁のないお話なのかもしれません。 どうやって、正確に組み立てるのか? 『位置合わせ』が基本となっています。 基本的な機械組み立ての考え方、その概略だけでも知っておいてください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/08 12:32
黒いものが付着する
以前、お話にでてきた黒い跡。ここまで凄い状態は初めて見ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/11/07 15:58
DRCVのエアスリーブ・メンテナンス
DRCVは気室が2つあるため、エアスリーブメンテナンスを行う前に空気を抜く必要があります。 まずはバルブコアを外します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/06 19:32
ネジを緩めるコツ
配達された荷物を素早く降ろすため、トラックの荷台から重い箱を持ったまま飛び降りるということを数回、疲れが抜けきらない状態でしたので翌々日に腰が・・・。(年ですから膝も軽くやられました。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/23 22:07
RLC ロックアウトアッセンブリーとレバー
質問を頂戴しましたので、ご説明を。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/09 17:10
フォークのシリアル 刻印の位置
ここに刻印されている数字はフォークコラムの製造ロット番号です。 品質管理のために重要な数字なのですが、チューブを作っているメーカーによって管理されているロット番号となります。判り易い場所に記されているため、多くの販売店の方がこの番号を作業依頼書にお書きになりますが、それぞれのフォークにつけられたシリアルナンバーではありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/04 18:31
2013モデル 32、34、36のトラベル変更について
確認してみたのですが、2013 32 FLOAT140とFLOAT150のエアシャフト本体は共用となっています。 ネガティブ側に取り付けられたシャトルバンパーを交換することによってトラベル量を変更しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 12

2012/10/03 18:31
フォークのガタについて
FOXの全てのフォークはオイルシールが使用されていません。 一般的にフロントフォークのオイルシールには金属の補強が入っており、インナーチューブを保持することも重要な仕事になっています。 FOXと同様に普通のフォークもDUとインナーチューブとの隙間があり、そこで発生するガタはオイルシールで吸収するような構造なのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/07 19:50
2013 FOX EVOLUTION OPEN CARTRIDGE
今日はオープン・カートリッジ。 倒立方式の密閉カートリッジ、ブラダは存在しません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 13

2012/07/26 19:37
突き出し量、スプリングレート、ハンドリングの関係
突き出し量を極端に多くしてサグを出すのは正しい方法ではありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/18 19:17
CTD ADJUST ダイアル部の分解 (フォーク)
レバーやダイアルなどの取り付けに使用されているネジを締めたり緩めたりする際に忘れてはいけないことは可動する部分を固定するという作業。 動いてしまうような状態で作業をすると、レバーやダイアル、それらが固定されている部品が噛み込みを起こす、または破損してしまうなどのトラブルが発生する可能性が高くなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/13 12:56
2013 FLOAT 140以上のストローク量の調整及び改善点について
これが2013年モデルから140mm以上のエアスプリングを使用されているフォークに投入された新型エアシャフト。写真左の以前から使用されているタイプとは全く異なった形状になっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 18

2012/07/12 13:04
FOX リアショック用新型マウンティングキットの取り付け方 
DUを抜き、ブッシュの嵌めこみをスムースに行うためのグリスを本体側に塗布します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 20

2012/07/02 22:41
40RC2のダンパー内部
組み立てると、一番上の黒い筒の両端に位置するパーツが残りの二つの部品、ダンパーシャフトとベースバルブアッセンブリー。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/06/04 18:41
レンチ、親指の使い方
ダイアルを固定しているネジを緩めたり、締めたりするときは、必ずダイアルが回転しないように固定して六角レンチを使用してください。ダイアルが回転してしまうと、ダイアルが固定されているシャフトも一緒に回ってしまい、手の操作で止まる位置を超えてシャフトが回転し、動かなくなってしまう噛み込みと呼ばれる現象が起こります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/06/01 19:07
業務連絡、箱館山を走った方へ
独特の土質を持つ箱館山、ウェットレースであったため、ダストワイパーが疲れてきている40に高圧洗浄機を使用すると内部はこんな感じになっています。 先週に到着した分の40は、大体こんな状態になっていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/28 19:23
ダストワイパー、更に改良。
数週間前から「最初の印象と少し違うような気がする。」と思いながら作業をしていましたが、やはりダストワイパーが改良され、バージョンアップされていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/05/24 18:29
フロントフォークシールキット、ピストンのスポンジ (2011年モデル以降のオーバーホール)
ピストンのスポンジ、新しい部品(Uカップ)に変更されました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 12

2012/05/11 19:11
2012 RP23について
以前よりは改善されましたが、FOXのリアショックユニットはかなり油分(フロートフルードやグリス)が付着したままの状態で出荷されてきます。弊社では出荷前点検の後、隙間に残っているオイルをエアガンで吹き、イソプロピルアルコールや攻撃性の低い脱脂洗浄剤を湿らせた清潔なウエスで拭き上げます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/04/19 20:10
フォークのオーバーホール、ちょっとしたコツ
ボトムケースの一番下にはインナーチューブの下端を受け止めるためのバンパーラバーが入っています。 これは簡単に取り外すことが可能です。ボトムケースの内部を洗浄する際に取り除いておくと、よりきれいに洗浄することができます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/04/06 18:39
ALPSのサイズ
ALPSはエア漏れをするようになると正確な軸間距離を計測することができません。 ボディの長さを測定すると、ストローク長を知ることができます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/30 19:45
お送りいただく前に、軽く水洗いをお願いします。
これが ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/28 19:55
今日も業務連絡
インナーチューブの縦溝、写真でもかなり再現できているのですが、目視ではもう少しはっきりと見えます。 2008年のRL、ボトムのドロップエンドもかなり減っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/22 18:56
ヒートシュリンクについて
今日作業を行った40RC2のスプリングに取り付けてあった他社製のヒートシュリンク。 カッターを使用しなくても、そのまま外れてしまいました。 オイルで伸びてしまったようなので汎用品なのかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/14 19:30
業務連絡、これは作業は無理かと。
オイル漏れということでお預かりしたフォーク。 インナーチューブの磨耗も進行しているようです。よく見ると縦方向に溝ができかけています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/01 19:33
ワールドカップからのフィードバック
ワールドカップを走っている選手のフォークブレースに貼られたシール。 同じことをガムテープなどで行っている方もいらしゃいますが、こちらの方がスマートな感じ。 トラスの部分に蓋をすることによって、土の付着や汚れなどを防ぐことができます。 (土は重いため、ハンドリングなどに対する影響を感じる選手もいるようです。) 装飾目的ではない、シールの機能的な利用方法であると思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/29 21:45
コイルスプリングの交換時期
徐々に劣化していくため、不都合を感じることはまずないと思います。 しかしスプリングを新品に交換すると、その差を簡単に体感することができます。 まったりとした動きがシャキシャキと動くようになります。 交換する理想のタイミングはダンパーをオーバーホールした時であると考えます。 予算の都合などがある場合には、まずダンパーのオーバーホールを優先して下さい。 従来使用されていたスプリングはプリロードを上げることによって、オーバーホールを行な... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/16 20:03
フロントフォーク、消しゴムで擦った様なカス
使用していると、インナーチューブの前方(左側だけ)に消しゴムで擦った様なカスが、へばり付いているのですが問題ないのでしょうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/02/01 19:19
フロントフォークのオイル漏れ (業務連絡)
何度もお話させていただいていますが、FOXのフォークにはオイルシールがありません。 黄色に見える部分がオイルシールの代役、フォームリングです。 大きくストロークした時、ボトムケース内で油面と内圧が上がり、フォームリングの下にあるブッシングの縦溝を通って、オイルがフォームリングに供給されます。そのオイルはインナーチューブの冷却と潤滑性を上げる役目を果たします。フォームリングで保持できなくなる程の量が供給されると、ダストシールの外に排出され... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/27 21:07
RLCなどのレバー固定を確実に行なう方法
同じように見えるロックアウトレバーでも3種類、違う仕様のものを含めるとあと2種類あります。 一番左と真中のレバーは中心部八角の大きさが異なります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/16 18:22
新型ダストシールの浮き上がりの解決法
極めてまれに打ち込んだはずのダストシールが直ぐに浮いてきてしまうことがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/01/06 12:39
Qリングは手で外すことができます。
Qリングが固定される、RP23のトップキャップ。 Qリングを外す際には金属性のピックを使わないで下さい。 この部分に傷がついてしまうと、ネガティブ側に空気が流れ込んでしまい、スタックダウンを起こします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/12/08 19:01
トラベルスペーサーの位置
オーバーホールをしていると、違う位置にスペーサーが取り付けられたフォークを見かけます。 今日は正しい取り付け位置をお知らせいたします。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/12/02 22:53
インナーチューブを引っ張ると
ストロークさせた後にインナーチューブを引っ張ると・・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/29 18:59
シールドライバーの使い方
ご質問をいただきましたので、今日は新しいダストシールがテーマです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/01 21:19
RL REMOTE レバー部分解写真
RL-REMOTEのフロントフォークと共に送られてきても、弊社ではこの部分のメンテナンスをすることができません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/26 20:11
3年くらい使ったオイル(フォークフルード)はこんな感じ
FOXの場合、内部パーツの磨耗による汚れはほとんどありません。 フロントフォークの場合、水と土がオイルと交じり合って半透明なオイルがこんな風になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/08/15 18:02
ダストシールを外すツールは。
ダストシールを外すのに、私が使用しているのがこのツールです。 KTCのタイヤレバーのロングバージョン。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/08/12 19:12
ローワーレッグ・シール・ドライバーツール
32、34、36、40の4種類。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/11 19:40
エアスリーブ側シールの取り付け方法
ダスト・ワイパー側に取り付ける二枚の白いプラスチック部品ですが、曲げて良い物なのでしょうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/08 20:26
エアスリーブ・リビルトキット、価格変更のお知らせ
エアスリーブ・リビルトキットも、アメリカからの出荷価格が値上げされました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/08/05 21:47
32 RLC FITカートリッジ オイル交換 その3
一度に全てのオイルを交換しないため、何度繰り返しても完全な入れ替えは理論上無理なことになります。しかし実用上全く問題はなく、確実な作業という点では優れた方法です。 また時間に制約がある場合、いつでも作業を完了させることができるという点でもメリットがあると思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/07/14 14:51
32 RLC FITカートリッジ オイル交換 その2
前項の注意点:スポイトで吸う際にはシリンジの中のオイルを少し残した状態で。 ブラダを軽く握った手は絶対に開かないこと。開いた瞬間にダンパー内に空気が侵入することになり、これまでの作業が無駄になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/13 16:06
32 RLC FITカートリッジ オイル交換 その1
反時計回りに緩めていきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/12 19:51
32 RLC FITカートリッジ、オイル交換の前に
取り外した32FITカートリッジ、シャフトを一杯まで伸ばすとブラダは凹みます。 写真では判り難いので、ブラダの大きな36(写真右)を並べてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/11 18:47
32 RLC FITカートリッジの取り外し
動かないように黒いダイアルをタイヤレバーなどで押さえ、六角レンチで緩めます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/08 21:34
ベアリングボールを拡大してみた。(リバウンドダイアルの回転が重い。)
リバウンドダイアルの回りが重くなったということで送られてきたリアサスユニット。 分解してみました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/01 20:43
2012 RP23の変更点 アダプティブ・ロジック
アダプティブ・ロジック(適応できる論理)と名付けられた調整ノブ。 従来は1−2−3のポジションから一つ選択をし、0−1、0−2、0−3のいずれかの設定で使用する方式でした。(0はコンプレッション側減衰が最弱、3が最強) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 9

2011/06/16 19:27
32FIT カートリッジのオイル交換
少ない機材で作業ができて、使用上の安全が確保できる作業ならば問題はありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/10 19:07
ボトムナットを潰してしまったら。
40、このような状態になったボトムナットをたまに見かけます。 潰れているとレンチを使うことができません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/09 18:58
Cリング、Cクリップ、サークリップ、今ではどれも通用します。
着脱可能な部品の脱落防止や回転部のストッパーなどに使われていることが多いパーツ。 二重になったものはリテーニングリングと呼ばれるようですが、本来はサークリップもリテーニングリングに含まれる広義な用語です。名称で悩んだことのある方、ガッツボタンを。(笑) 現在表題の名称は全て通用するようです。(JIS規格ではサークリップと呼ばれています。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/25 20:15
RC4、シャフト部のオイル滲み
DHX5.0からRC4に進化して、シャフト径が12.7mmとなりました。 かなり太いのでオイル滲みが目立ちます。 以前にも申し上げましたが、サスペンションはストロークすれば必ずダンパー内部からオイルを引いてきます。 シャフト表面の抵抗が少ないと、オイルは滲みやすくなる傾向があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/23 20:38
ダイアルの取り付け
真円であるはずの穴、見事に変形しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/21 19:54
フロントフォークの作業
オーバーホールで送られてきた2004年モデルのF100Xのシールヘッドの写真。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/04/20 20:27
エアサス、エアバルブの外し方
2008年モデルから使用されている細身のエアバルブ。 3/8のレンチは使えませんが、外側から外すことができます。 バルブコアリムーバー、日本語でいうとムシ外しを使ってバルブコア(ムシ)を外します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/19 20:24
フロントフォーク・シールキット (改訂版)
弊社で袋詰めする特製のフロントフォークシールキット。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/04/18 18:23
FOX フロントフォーク オイル量一覧表
どこかに貼り付けた記憶があるのですが、現在は一度に飛べないようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/11 09:44
リバウンドノブとロックアウトフォースノブの固定に 
黒いダイアル、ロックアウトフォースノブが正式名称らしいです。 マニュアルを見て初めて知りました。ちなみにFOXでは誰もこの名称を使っていません。(笑) ブローオフダイアルと称されることが多いような気がします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/09 19:51
白っぽくなった塗装の修復
脱脂洗浄剤(表面と内側)→中性洗剤→脱脂洗浄剤(内側)を使って洗浄。強い直射日光があたる場所で保管されていた可能性があります。単体の写真では、この状態をお伝えするのは困難なようです。 注:弊社で使用している脱脂洗浄剤は、塗装面に対しての攻撃性が極めて低いものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/10 19:28
フロントフォークのオイル漏れ
オーバーホールの依頼に書き添えられる文章や電話でのご依頼などで “右レッグ(ダンパーサイド)からのオイル漏れ” といったようなコメントをよく見かけたり、お伺いしたりすることがあります。 原因のご説明はここをクリック。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/09 20:03
2007年以前のモデル エアサスのトップキャップ
2008年以降は黒いアルマイトで錆対策が施されています。 2007年以前モデルのエアスリーブメンテナンスの際には、シールをホールドする部分を1000番あたりのペーパーを使用して、表面のならしを行ってください。スポンジの研磨材が重宝します。 写真は標準的な状態よりも少しキレイだと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/01 18:58
FLOAT FLUIDは、ここに入れます。
スプリング(エア)サイド、エアバルブのついたトップキャップを外して入れます。(TALASを除く、F及びFLOATに該当します。) ここには絶対に違う種類のオイルを入れないでください。ある程度の粘性がないとインナーチューブ内壁とメインピストンシールの間で油膜切れを起こし磨耗が進行します。磨耗が酷くなってしまうと気密を保てなくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/27 19:47
カートリッジの中に残ったオイルの排出
取り外したカートリッジ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/18 21:56
ボトムケースからインナーチューブを抜く
オーバーホール依頼品、12日到着分までのご返送が終了しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/01/17 21:28
32 2009年以降のRLのトップキャップ分解手順  
“今日もトップキャップかよっ!”32はこれが最後のバリエーションです。わざわざ掲載するには理由がありますので最後までお付き合いを。 ここまでは昨日までと同じ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/13 20:07
32系のトップキャップ分解手順  2010年以降
ご質問を頂いたので急遽写真を撮影、掲載いたしました。コツは同じ。ダイアルが回転しないように指先に力を入れて固定してください。その状態で六角レンチを使って皿ネジを緩めます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/12 20:40
32系のトップキャップ分解手順
リバウンドダイアルを押さえつけるようにして六角レンチを使うのがコツ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/11 20:19
フォークのダストシールを外した箇所の後処理
ダストシールを外すと、こうした場面に遭遇するかと思います。白い部分は錆。放置しておくと黒くなって窪みができます。 (ダストシールを外す際には“内側”から、タイヤレバーなどを使用して外してください。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/28 19:52
831の最大ストロークは120mm
831以外の弊社取扱アフターマーケット品に関しては専用エアピストンシャフトが使用されているため、マニュアルに記載されている通り、表示されているトラベル量以上にすることはできません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/11/30 18:39
2009 FシリーズのRL Remote、ワイヤーの長さについて
@ リバウンドダイアルを2mmの六角レンチで外します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/03 19:18
36と40 カートリッジの外し方
これが通常の状態。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/29 19:33
サスペンションのメンテナンス 早見表
「こんな記事があると便利では?」と思いついたので作成してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 73 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/04/01 20:27
キット化してみました。
お問い合わせが多い、32用メインピストンシールとOリングをキット化してみました。 左右のトップキャップとボトム側のOリング、メインピストンシール、FLOATフルードが入って 希望小売価格 1,575円(税込) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 14

2010/03/24 21:56
RP3 オイル漏れの原因 
オイル漏れの2006 RP3、本日作業を行いました。 Oリング、ご覧の通り問題はありませんでした。 私の作業に問題があれば、Oリングが変形しているはずです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/01/06 20:39
Fシリーズ RL−REMOTEのボルト
本日、ご質問がありました。 過去にも同じお問い合わせがございましたので、ご説明申し上げます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/05 18:07
問題解決のための思考法 ロックアウト編
フロントフォークがロックアウトしない。 しばらく乗っていなかった場合には、リバウンド側減衰を締めこんで数回ストロークさせてください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 13

2009/09/18 16:39
RLC、RLの組み立て(ロックアウト・レバーの取り付け)
ここ数週間、毎日フォークを触っています。(笑) 慣れれば、面倒そうなことでも日常になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/07/06 18:54
小さな穴からオイルを入れる。(TALASのオイル交換)
TALAS部の分解、FOX関係者以外に対しては許可されていません。 そのためダストシールを交換する際には、 @ダンパーカートリッジを外します。 ATALAS側のボトム部のナットを緩めてクラウンをボトムケースから引き抜きます。 ではTALAS側のメタルブッシュ潤滑用オイルはどこから入れるのか? (32で10cc、36で15ccの純正フォールオイルのグリーンを使用してください。) 答えは、この穴からです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/05/28 20:22
DHX、メンテナンス時の注意点
こちらは朝から雨でした。 雨といえば高圧洗浄機。 どうなるのかをお見せするのが一番なので、この写真。 ダストシールの縁からどんどんトップキャップの内側に土が侵入していきます。 さすがにオイルのある内部までは侵入しませんが、ストローク時の抵抗は大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/22 19:42
リプレイスメント用ディスクブレーキホースガイド
以前にもお話をしたのですが、FOXはまめに仕様変更を行っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/10 18:11
外したレデューサーの加工
逆タップでレデュサーを外すことは以前お知らせいたしました。 「傷がつくじゃないか」とご指摘がありましたのでご説明を。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 24

2009/01/26 21:13
オイル漏れの修理。
フロントフォークのダストシールからのオイル漏れ。 インナーチューブを点検してください。 傷があれば、必ずオイルを引いてきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 21

2009/01/06 19:04
RLC ブローオフ部からのオイル漏れ。
本日到着した修理依頼品を分解。 予想通り、Oリングが切れていました。 これだけ見事に切れていると、短時間でかなり漏れます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/24 12:28
エア系フロントサス、なぜスペーサーで全長が短くなるの?
表題のご質問がありましたので図解でご説明。 インナーチューブの下側にストッパー(スプリングリテーナー)が取り付けられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/11/11 11:08
RC2などのカートリッジの取り外しのコツ
ボトムキャップを外すと低速側と高速側のコンプレッションノブがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/10 12:30
FLOATトラベル変更(オーバーホール) その3 組み立て
今回は新品のフォークなので作業が楽です。 清潔なウェスを使ってトップキャップの取り付けられていたネジ部のクリーニングをしてください。 この部分に小さなゴミや埃がついていると、エア漏れを起こします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 22

2008/11/06 12:57
FLOATトラベル変更 その2 スペーサーの位置
これが取り外したエアシャフトです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/11/06 12:57
FLOAT トラベル変更(オーバーホール) その1 分解
FLOAT系(TALASを除くエアサスペンション)のトラベル変更の仕方です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/11/06 12:56
油面を上げる?
今日は質問への回答を御題にしてみました。 既出の複数の項目に跨ったいい質問なのでここで取り上げさせて頂きました。 このブログの利用方法の参考になるかと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/11/05 11:03
リアショックユニットの交換に必要な数値
FACEBOOKのリンク先から飛んできた方用の早見表はこちらをご覧ください。 http://mamapapa.at.webry.info/201302/article_11.html ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 80

2008/10/28 11:03
旧タイプ DHX 3.0のFOXの丸いデカールの下
今日は全国的に天気が悪く、おいでになられている方が多いようなので、業務連絡を兼ねたネタを。 “サービス、サービス〜ぅ”ってやつです。(笑 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/21 18:11
オーバーホールのタイミング リアショック編
今週末の王滝を楽しみにしている方も多いと思います。 台風の接近によって天気が怪しくなってきましたが、堂々と泥んこ遊びができるのもMTBの醍醐味です。 自分との戦い、頑張ることも楽しみのひとつ。大いに楽しんできてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/09/12 12:37
FLOAT系ボディの磨耗
ボディの真ん中あたりに色むらがご確認できるかと思います。 こうなってしまうと、エア漏れし始めます。 エアバルブキャップを強く締めても、 バルブコアやエアバルブを増し締めしても、 当然エア漏れはとまりません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/11 19:27
オイル滲み、インナーチューブの傷
写真、削除いたしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/09/09 12:45
プリロードダイアル部の分解
今日も普通にお仕事です。 オーバーホールが3つ到着。そのうちのフォークを2本仕上げました。 今日はそのうちの1本、40RC2のプリロードダイアル部の分解の仕方。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/08/13 19:42
TALAS、もう少し柔らかくしたい場合はご相談を
Fan Meetingで小学生の女の子のINTENSE TAZERを調整しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/12 17:14
クイズ! メカ的センス!! 解答編   
たくさんのコメント、ありがとうございます。 先に申し上げておきます。 例題として取り上げましたが、実際にはダンパー部は絶対に分解しないでください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/07/04 20:03
インナーチューブ関連情報
私はインナーチューブの曲がりの測定はこのように行っています。 金尺が一番正確に測定できます。 シングルクラウンならコラムをバイクスタンドにくわえさせて、逆にして金尺をあてます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/09 10:26
ダンパーの取り扱いについての注意 
シャフトの下側はこんな感じになっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/06 17:04
36&40RC2のコンプレッションノブ
これが分解した部分。写真ではわかりづらいのですが、ノブの取り付けのイモネジを過剰なトルクで締め付けてしまったため、変形しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/15 08:58
ドロップ・エンドの厚みは6.2mmは必要です。
32シリーズもドロップエンドが削れるほど、クイックを絞めこんでも剛性アップは望めません。 ハブが動かない程度に。気持ちはよくわかりますが、あまり強く締めてもメリットはありません。 計測して6.2mmを切る状態ならば、安全のためボトムケースの交換が必要です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/13 17:49
36及び40の注意点
20mmアクスルシャフトの締め込みには、大きな力は必要ありません。 ハブの両端などが歪んでしまい、前輪をスムースに回転させることができなくなる可能性があります。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/04/30 16:33
エアスリーブ・メンテナンスの実践 (シール交換) 
これが今回の作業のキモ、ホームベルトレンチ(コブラレンチ)。もともとは瓶の蓋をあけるためのキッチン用品。その後、オイルエレメント外しや配管工事に使われるようになりました。イギリス製。714円でホームセンターで売ってました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 52

2008/04/22 14:14
フォーク分解のコツ
フォークは固定しておくと両手が使えるようになります。 このフォークはTALASです。 一番短くした状態にして、ダンパーサイドのオイルを抜きます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/04/15 09:07
レデューサーの取り外し方
これが逆タップとハンドル 先端部分とハンドルは別々でホームセンターなどで売ってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/04/10 12:55
ロックアウトが効かない。フロントサスペンション
長期間乗らないまま、バイクを放置すると、 オイルがダンパーカートリッジからボトムケース内に戻っていきます。 ロックアウトの基本構造はオイルの流れを止めることです。 止めるべきオイルがダンパー内部になければ、ロックアウトはできません。 リバウンドダイアルを一杯に締めこんで、10回程度ストロークさせてください。 (リバウンド側減衰が強くなる方向です。軽く止まったところからは無理に回さないで下さい!) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/24 10:25
オイルの硬さ
「オイルは何番?」と聞かれる場合があります。 昔、FOX FORXのフルードの表記は7.5wt となっていました。 現在は7wtの表記になっているため、柔らかくなったのかと言うご質問がありました。 答えはいいえ。中味は全く同じものです。 表記が簡素化されただけなのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/26 18:56
FITカートリッジとオープンバスカートリッジ
40と36にはFITカートリッジが使用されています。 このタイプは完全に密閉されたカートリッジで、リアショックとほぼ同じ構造になっています。 そのため販売店でオイル交換をすることができません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/12/14 19:26
エア漏れについて フロントフォークとリアショック
フロントフォークでエアが漏れる場合、初期段階では磨耗したメインシールからネガティブ側に少しずつ漏れ出します。 これが進行していくと漏れる量が一気に増加するため、ダストシールを持ち上げてしまうようになります。 メインシールの磨耗はフロートフルードがメインシールの上にある間はほとんど発生しません。 ストロークすることによって、少し少しフロートフルードが減少していきます。 粘度の高いフロートフルードはインナーチューブ内壁についた状態になってしまい、メインシールがオイル切れをおこすようになります... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/07 15:49
ポンプを外すときに漏れる空気
ダンパーユニットにエアポンプのチャックを取り付けます。 すると空気圧のゲージの針が動き、内圧を表示します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/05 18:40
締め過ぎてもネジは機能しません−締め付けトルクの重要性
FOXの40のクラウンや36のアクスル固定ボルトなど締め過ぎている方が非常に多いと思います。 ボルトが貫通している隙間のそれぞれの面が当たってしまうような状態はボルトの締めすぎです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/10/10 10:04

トップへ | みんなの「メンテナンス」ブログ

ヒントになれば幸いです。(仮) メンテナンスのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる