2020 PODIUM CARBON R

ちょっとした達成感を得るため、ストイックに自分の足で登る。 頂上で一休みした後、登りではできなかった景色を楽しみながらゆっくりと下ってくる。 自虐的であっても、贅沢に自分の時間を楽しむ遊びをスタイリッシュなバイクで。 段差のない舗装路ならフロントサスをファームモードにすれば、太いタイヤのハンデは軽減され、ロードバイク的な走りを楽し…

続きを読むread more

SLSスプリングではなく、スチール製スプリングを使用する際の注意点

2021 DHX2はプリロードリングを回すと、4分の1回転(0.25mm動きます。)ごとにクリック感があります。そのクリック感を生み出す仕組みがストッパーの役目を果たし、ゆるみを防止しています。その機構のため、以前よりもボディに切られたネジ山の長さが短くなっています。SLSスプリング(軽量スプリング)を使用する場合には問題ありませんが、…

続きを読むread more

F-Podiumの乗り方

BBシェルがフロント・トライアングルに取り付けられています。後輪の車軸はリア・トライアングルにマウントされています。リアサスペンションユニットは2つのリンクに固定されているフローティングマウント方式。フロントとリアのトライアングルに直接マウントされていません。サスペンションがストロークしている間、チェーン・テンションの変化が最小限に…

続きを読むread more

フロントフォークのエアボリュ―ムスペーサーを増やす前に

フロントフォークのエアボリュ―ムスペーサーを増やす前にはコンプレッションをチェックしてください。ハイ&ローが共に設定値よりも強めなら問題ありませんが、ハイスピードコンプレッションが推奨値よりも弱いのなら、まずこちらを調整するようにしてください。 エアボリュ―ムスペーサーでボトムアウトを防ぐことができますが、その際ハイスピードコンプレッ…

続きを読むread more

計量が楽しみです。

MONDRAKER 2021年モデル、サンプル程度に少量入荷しました。 フレームセットの点検を行いましたが、マジ軽かったです。内側の処理も素晴らしい出来でした。スペインのMONDRAKER、このPODIUMの外注先は、DTMなどレーシングカーなども製造しているドイツのカーボン屋さん。EUコラボ、仕事が綺麗です。

続きを読むread more

接触面に過大な荷重がかかると焼き付きを起こします。

去年の12月にオーバーホール。6月に一度乗車しただけ。 数日前に六角レンチでコンプレッションを調整しようとしたらオイルが噴出した。 「どうしてそうなったのか。の説明を。」とのことですので。 お受け取りした状態ではコンプレッション・ダンピングアジャスターが、HI側は緩め過ぎ、LO側は締め過ぎで、共に軽い凝着(焼き付き)を起こして…

続きを読むread more

エアからコイルへの変更について

ここ数年、EWS(エンデューロ・ワールド・シリーズ)の影響か、リアショックをエアからコイルスプリングに交換する方が増えてきています。 以前にもお伝えしましたが、バックの柔らかいバイクにはコイルショックは向いていません。軽量であることを求められるMTB。バイクのデザインによっては、リアショックユニットもバイク本体の強度や剛性を確保するた…

続きを読むread more

バネレートの決定

新しいコイルのリアユニットを購入した際、どのバネレートのスプリングを選択すればいいのか、わかりませんよね。その計算式をお伝えします。 最初はユニットのみを購入してください。 中古でも構わないのでスプリングを一本用意してください。 (大抵の販売店さんは持っていらっしゃるはずです。) そのスプリングを装着して乗車。沈み込み量を計…

続きを読むread more

Take it easy.

FOXの場合、安定した減衰を発生させることができているため、リバウンドやコンプレッションの設定を小変更すれば、はっきりとその変化を体感することができると思います。 エアボリュ―ムスペーサーを調整(体重が60㎏~70㎏ならば、ほとんど調整は必要ありません。)、サグさえ、きちんととれていれば、何度も申し上げている通り、マニュアルにある値で…

続きを読むread more

減衰の設定 復習編

オーバーホールでお受け取りするフォークのリバウンド設定が強過ぎる設定になっていることが多いため、今日は感覚的な減衰設定のお話を。何クリックと言った設定ではなく、発生している現象に対して、どうすればいいのかをお伝えしたいと思います。現在、他メーカーを使用している方にも適応するはずです。 減衰がハイとローに分かれているダンパーの場合、オイ…

続きを読むread more

MONDRAKER キッズバイク

20インチでディレイラー。 24インチになるとフロントサスペンションだけではなく、リアサス付きもラインナップ 26インチはフルサスのみ。 お子さん用バイクの一番大きなサイズ、ホイール径が26インチになります。びっくりですよね。

続きを読むread more

2021 MONDRAKERの価格は、もう少し待ってください。

SUPERFOXYあたりから入荷し始めるはずです。 現在もフライトの数が限られているため、航空運賃が高止まりしています。業者によってはコロナ前と比較すると3倍以上の運賃。今、航空運賃は「時価」のため、支払い時にならないと合計金額がわからないのです。お高いお寿司屋さんと一緒。ドキドキしちゃうわけです。 仕入れた商品ですから運ばなければ…

続きを読むread more

2021 MONDRAKER SUMMUM R

今っぽい色使いのSUMMUM R。 ペダリングを重視したスケルトンにすると、後輪の軌道先にサドルが位置することになります。ダウンヒルバイクが27.5になった時点でタイヤがサドルや臀部に干渉する事例が多く見受けられるようになりました。29なら尚更。各メーカーとも頭を抱えていたのですが、ここにきて一斉にほとんどのメーカーが諦めたようです。…

続きを読むread more

2021 MONDRAKER SUMMUM ALLOY

2021のSUMMUMがやっとリリースされました。 昨年の8月、レンツァーハイデのレースが終了した後の月曜日に原型となったプロトタイプをシェイクダウン。その時点でレースタイムよりも速いタイムを記録。次のカナダから使いたいという要望がありました。より高い戦闘力を得るための叩き台であっため、実戦投入は見送られました。以前からカーボンのレー…

続きを読むread more

ないものはないんです。

無くなってしまうとお問い合わせを頂きます。 2019のSサイズでよろしければ、27.5と29アルミ& 29カーボンのFOXYの在庫があります。 全て、リアサスがきっちりメトリックのトラニオンマウント。そしてエンドは148mm。 トラニオンマウントの優位性を発揮させるため、フレームをフルモデルチェンジしてしまうメーカー。メリットがあ…

続きを読むread more

34 FLOAT SC

十分に知っている山。自問自答をしながら一人で山を散策することは、間違いなく充実した時間。ひび割れた玻璃越しに 摩天楼の衣擦れが 舗道をひたすのを…なんて70年代のシティポップを頭の中で反芻しながら。走行スピードや自ら置いた境遇とは、まるで違った曲が妙になじみます。短い人生だからこそ、贅沢に時間を使う。 一人ですから無事に帰宅することが…

続きを読むread more

いいものが売れるとは限りません。

好き嫌いが分かれた先代PODIUMのデザインをマイルドにしたCHORONO CARBON。そこから更に独自のパイプワークを生かし、ミニマルデザインでまとめ、カーボンの質にこだわったのが2021 PODIUM。根っこの部分では繋がっています。 PODIUMとCHRONOの違いはカーボンの質。CHRONOに使用されているカーボンは他社のハ…

続きを読むread more

F-PODIUM DC

セールのFOXY、完売いたしました。ありがとうございます。 のDCはダウンカントリー。フロントサスペンションが34 FLOAT 120 SCであれば、質の高い減衰特性と剛性で他社製140mmストロークと同等以上の走りが可能。無理に速く走る必要はありません。貴方の速さでじっくりとトレイルを楽しんでください。とにかくよくできたフルサスペン…

続きを読むread more

エアボリュ―ムスペーサーとコンプレッション

エアボリュ―ムスペーサーを使えば、確かにフルボトムは防ぐことができます。 基本的にリアは体重が乗せやすいため、処理しきれなかった衝撃を抑え込むことが比較的簡単にできます。フロントサスペンションの場合、圧縮しきれなかった衝撃は上方に抜けていくため腕力では抑えきれません。左腕と右腕、均等に抑え込むのは至難の技。大抵の場合はハンドルが切れ込…

続きを読むread more

アクスルシャフトの固定

背後に位置するドアが開いているのか、閉まっているかは見なくても、その状態は皮膚感覚や聴覚で判別することができますし、コップに注がれた水が熱湯なのか冷水なのかも、見ることなく聞き分けることができます。このように人間の感覚はかなり鋭敏なのですが、視覚からの情報が全てに優先してしまう傾向が強いのです。 随分前から採用されている写真のタイ…

続きを読むread more

2020 MONDRAKER、少し早いセールのお知らせ。

5月頃からヨーロッパでは店頭やメーカーの在庫品がほとんどなくなってしまうほど、スポーツサイクルの販売が好調、依然その流れは継続しているようで2021年モデルの予約も順調のようです。3月下旬が底であったようで、その頃には注文のキャンセルや納品を遅らせる要望が多く、そのため生産体制の見直しを実施したところ、急激な需要増が起こりました。 安…

続きを読むread more

TRANSFER、サドルレール固定の際の注意点

FOXの特徴はメリハリの効いた素材選び。軽量であることを間違いなく目指しているのですが、使い勝手&耐久性の点については多少の重量増を厭(いと)いません。(そのくせ重量に関してはトラウマ的なコンプレクスが多少存在しているようで、いつもその葛藤の中にいるように見受けられます。)TRANSFERのシートクランプのボルトとバレルナット(太鼓)は…

続きを読むread more

2021 MONDRAKER PODIUM

2021 MONDRAKERのPODIUMがリリースされました。実際のデリバリーは9月以降になります。 PODIUM、コンセプトはシンプル。受け継がれてきた戦闘力を保持したまま、世界最軽量を具現化するフレーム。 最高品質の高弾性カーボンファイバーを使用したPodiumフレーム重量はわずか775g(Mサイズ) カーボンフ…

続きを読むread more

2021 36FLOATについての話題

2021の36/38をお買い上げ頂いた方に大切なことを一つお伝えしたいと思います。 この赤いキャップ、無くさないようにしてください。 オーバーホールの際など、箱に入れて輸送する場合には必ず取り付けた上での発送を。赤いキャップなしの状態でブリダーボタンを下にして箱に入れると、ボタンが押されたままの状態になります。中と外が繋がった状…

続きを読むread more

MONDRAKER ZERO SUSPENSION SYSTEM

ゼロサスペンションシステム ゼロはリアショックユニットが2つのサスペンションリンクの間に浮いた状態でマウントされ、両端から圧縮されるデュアルリンクシステムです。このデザインは小さな段差に対しても非常に敏感に反応させることができ、大きな衝撃にも対応することができます。 ゼロの優れた技術の主な利点は、ゼロパワーロス(ペダリング時…

続きを読むread more

フォーワード・ジオメトリーの優位性

MONDRAKER、実際に結果を残しているのですから、信用して頂くしかない。レースの少ない今年の日本でも既に複数の勝利を得ています。 足を地面につけることができる身長があれば、物理的な問題はありません。シッティングで坂を登り、十分に腰を引いての下りストレートを体験されれば、誰でもMONDRAKERの優位性を感じることができます。あとは…

続きを読むread more

ステム長について

2つの三角形を組み合わせたデザインを最初に考えた方に脱帽。 サドルの高さを変えれば、ハンドルまでの距離も変化する。シートチューブの角度設定さえ間違っていなければ、乗車する人の体形に合わせて最適に近いペダリングポジションが得られ、サドルレールを使った前後位置設定によって微調整ができる。 成熟期に入ったMTBの設計、相当な量のノウハ…

続きを読むread more

少し過激かもしれません。

フルサスペンションは高速走行において車体姿勢を保つためには必須の装備。 フロントサスペンションのみのバイクの時代、乗車しているライダーのスキルによって行われていた前後の荷重移動を、フルサスバイクは自動的かつスムースに行うことによって車体の安定性を高めることができます。ここ数年、サスペンションの進化は車体の進化を促してきました。その一例…

続きを読むread more

ハイスピード・リバウンド調整のアジャスター

2021 FLOAT X2とDHX2のシャフト側に取り付けられているリバウンドダイアルはハイスピード・リバウンド調整のアジャスターなのです。 以前、この位置に取り付けられていたリバウンドアジャスターはニードルによってオイルの流量制限を行うロースピード側でした。圧縮時にもリバウンド制御用の通路にオイルが流れ込んでしまうため、リバウン…

続きを読むread more

かなりスゴい乗り物

「足を使うのではなく、電動アシストの方がクールだよね。」 「リスクは理解しているけれども、こっちの方が楽しいよね。」 自分たちの子どもに乗せるために設計・製造した電動バランスバイク。完成品は、なんか違った方向へ。 オフロードモーターサイクルの基本操作を、環境にやさしくローコストで会得できる、極めて軽量な乗り物になっています。 …

続きを読むread more

2021 FOX 36/38のフローティングマウントの概念

最初に、この動画は正しい取り付け方法を学ぶためのものではなく、構造を理解して頂くものであることをお断りしておきます。 1.ピンチボルトはスリーブを固定するものではないこと。 ピンチボルトを緩めると、スリーブは左右に動きます。 2.前輪を取り付けます。 3.アクスルを取り付け、フラップの位置を調整します。 フラップの…

続きを読むread more

38のインプレ

髙橋大喜インストラクターが38のインプレを掲載しています。 http://www.daikifreeride.com/daiki/2020/08/post-047a00.html 指摘してくださった、わかりにくいホイールの取り付けに関しては近日中にこちらで取り上げるようにします。 *完全に固定していない状態でストロークさせ…

続きを読むread more

34 FLOAT SCをXCOで

軽量であることは重要なことは理解しているつもりです。 ただウェイトペナルティがあったとしても、それを上回るメリットがあれば、それは『正義』であると考えます。MTBの場合は『フルサス』がわかりやすい例であると思います。下りでの優位性だけではなく、あなたが踏み込んだペダルによって生じた力を、効率よくタイヤが接地する路面に伝えることができる…

続きを読むread more

36から38への買い替えを検討されている方へ

2021の36と38は約200gの差があります。しかし、たっぷりとしたスムースなストローク感は38しか味わえません。 インナーチューブから切り離され、結果としてフローティング化されたピストンシャフトは、ねじれに対しても別次元の強さを発揮します。ゲレンデなどのDHコースでは、その剛性が生み出す安心感はシングル化された40のような感覚…

続きを読むread more

2021 TRANSFERの各部サイズ、再確認です。

2021 TRANSFERの各部サイズを今一度掲載いたします。 注意して頂きたいのは ・サドルクランプ(ヤグラ)の形状 ・ロワーポスト(シートチューブに挿入される部分)の長さ。 サドルクランプの形状は、イメージよりも低い位置でレールを固定できるロープロファイルになっています。 100mm / 125mm / 150mm /…

続きを読むread more

2021 TRANSFER 7mmx9mm サドルクランプ・アッパー

225-00-329 TRANSFER サドルクランプ・アッパー  7mmx9mm 希望小売価格 2,000円(税別) 通常取り付けられているアッパークランプは一般的なサドルレールの断面が直径7mm円形用のもの。(写真上側) 7mmx9mmの小判型のレールを持ったサドルに対応するクランプがオプションで用意されています。(写…

続きを読むread more

ねじれに対する強さがストロークのスムースさを生み出します。

EVOLをはじめとする数々の新しい技術や改良が積み重ねられた結果、ちょっとした段差ぐらいなら作動感を感じることなくクリアするようになりました。 初めて2015年モデルの36に乗った時、そのスムースな動きにめちゃくちゃ感動したことを昨日のことのように覚えています。現在も使用されている、モリブデンが添加された潤滑専用の20wt GOL…

続きを読むread more

ジェネレーティブデザイン

実用化が進んでいるジェネレーティブデザイン。 最先端のテクノロジーなのですが、進化によって効率を追求し続けてきた『自然』から学ぶデザインに類似してくるのは必然なのかもしれません。 写真はガウディのサグラダ・ファミリア(聖家族教会)とジェネレーティブデザインのプライヤー。 『ジェネレーティブデザイン』で画像検索す…

続きを読むread more

Kabolt Xは頭の部分が大きくなっています。

2021からの36 /38に採用されたアクスルのフローティングマウント。 15QRのモデルを15mmアクスル化する場合には、Kabolt Xではなく、通常のKaboltをお買い求めください。 スリーブが使用されているため、そのままでは剛性重視のKabolt Xは挿入することができません。 アクスルシャフトは軽量化のために使用しよう…

続きを読むread more

FOXアパレル

地味な人気のFOXアパレル。ご存知のお店からはコンスタントなご注文を頂いています。残り少なくなってきました。 こうした売り上げがサポートやレーススポンサーの原資になっています。よろしくお願い致します。

続きを読むread more

2021 FOX限定モデル販売状況

限定モデル、完売いたしました。 アクスル固定ボルト、これはあくまでもアクスルシャフトの緩み止めの役目を担っています。強く締めても剛性を上げることありません。軽く固定するだけで十分にその役割を果たすことができます。(5.1N/mが規定トルク)

続きを読むread more

エアサスペンションのノイズ

写真はFLOAT X2のダンパーの外側に使用されているエアスプリングの機能を発揮させるためのシール。空気を保持する部分をエアスリーブと称しています。 このシール類には空気の保持性能を向上させるため、スリックハニー(摺動抵抗の少ない、コンパウンドを含まないノンリチュームのグリス)を塗布して取り付け、その後に摺動抵抗を低減させるため、…

続きを読むread more