肩を使って柔らかく。

できている人はできているのですが、かなり多くの人ができていない動き。意識していなかった方は、この話を聞くと、きっと夜中でもMTBを外に持ち出したくなると思います。 前輪をさばく動き、肘(ひじ)から下だけで行っていませんか? キチンと上半身を使い、肩から動かすのがスタイリッシュでかっこいい。もちろん、かっこいいだけではなく、理にかなっ…

続きを読むread more

ダイアル類は必要以上の力を込めて回さないでください

GRIPのリバウンドダイアル、締め込み過ぎるとリバウンドダイアルの取り付けられているロッドが噛み込みを起こし、回転することができなくなり、オイル漏れを起こします。先週から今週にかけて複数、同じような修理依頼がありました。 ロッドの先端付近にOリングが取り付けられているのですが、前(下)に出過ぎるとOリングと接している部品との間に隙…

続きを読むread more

F-PODIUM CARBON

スタイリッシュで速いバイク。入荷し始めました。 MONDRAKER、ほぼほぼサス屋さんの弊社がレースで勝つために輸入し始めた製品ですから、速くて当たり前。(実際、ワールドでも結果を残しています。)ストイックな方にお勧めします。FOXY CARBONあたりで舗装路を走っていると、サスがストロークしている感覚があまりありません。股下にある…

続きを読むread more

36と38の違い

FOXの本音で語れば、32 / 34 / 36 / 38 / 40の違いをインナーチューブ径だけではなく、トラベルの量でも区別したいところ。ユーザーに分かりやすく製品の違いをお伝えすることができますので。 ストロークが伸びれば、インナーチューブの露出している長さも長くなります。インナーチューブ径が細いままであれば、剛性や強度を確保する…

続きを読むread more

リアショックユニットの交換はタイムに直結します。

フロントフォークはハンドルを介して、その動きを直接的に感じることができるため、違いが分かりやすいようです。リアショックはサドル・ペダルだけではなく、ハンドルからもライダーに情報を送っています。ペダリングロスなどのネガティブな要素はわかりやすいのですが、一般的にメリットと体感しづらいと思います。無駄なく動くことが良いサスペンションですから…

続きを読むread more

何故サグが必要なのか

設定された空気圧の違いによる影響を無くしてストロークを同質化させるため。 減衰を正しく発生させることにより、適正なストロークスピードを実現するため。 これらはサスペンションの機能を100%発揮させるため。 もう一つ重要な役割があります。 それは荷重が抜けた際に、適正な速さで伸びることによりタイヤの接地を確保することです。 伸び…

続きを読むread more

FIT4用のコンプレッションアジャスター

FIT4用のコンプレッションアジャスター。 二枚の写真を、取り敢えず一つにしたもの。 上側が作業前。下側が作業中。 ラフに錆落としをしてあります。交換しても1,000円もしないパーツですが、使えるものなら交換する必要はありません。 作業にしても電動ドリルのチャックに咥えさせ、スポンジペーパーをかけるだけですから。こうした箇所、結…

続きを読むread more

業務連絡

『エアスリーブ シールKIT 交換後、実車に取り付け動作確認したところエア噛みしている様子なのでオーバーホールお願いします。』 ユニット単体の持ち込みではないようですから、エアスリーブ シールKIT交換前に動作確認をなさっているはず。 作業されたシールキットのベアリング*がうまく取り付けられていなかったようです。エアスリーブとシール…

続きを読むread more

逆の立場で考えてみましょう

空気、想像以上に重たいのです。 標高0mの場合、一平方メートルで約10トン。 気象マニアの方にとっては当たり前ことなのですが、この重さによる圧力を気圧と呼んでいます。乱暴な言い方をすれば、一気圧=10トン=1013ヘクトパスカルなのです。10tもかかっているのなら潰れちゃいそうですが、体の中から押し返す力が働いているので大丈夫。その…

続きを読むread more

良いものは人生を豊かにしてくれます

一般の方にとっては、とんでもない値段であることは承知しています。コンポーネントの差であったり、フレーム自体を軽量に誂えたりしているために生じている価格差。結果として機能性に優れている製品になっています。 使い方によって、出費して頂いた金額の何倍もの価値を生み出します。最終的に高い買い物であったか、どうかは貴方次第です。 軽い気持ちで…

続きを読むread more

FOXY CARBON

今年のFOXY CARBONを歴代のフォクシー・カーボンと比べた場合、最も大きな違いはジオメトリを2つの設定に変更できる点です。 スタンダード "と "ロー "。 ロワーショックリンクの最後尾のネジの位置を変えることで、ヘッドアングルを65°から64.5°(XRモデルは64.5°から64°)に、シートチューブアングルを76°から…

続きを読むread more

MONDRAKER RAZEについて

担当者、Razeについて熱く語っています。業界に強い影響力を持つトレンドリーダー的な会社。少し長いですがお付き合いください。 私たちの哲学は、楽しむことにあります。私たちがマウンテンバイクに乗るのは、山が好きだからであり、入手可能な最高のバイクで楽しみたいからです。Razeは、最高のXCと最高のエンデューロを組み合わせ、限界のない…

続きを読むread more

ご質問を頂戴いたしましたので

FIT4のオープン / ミディアム / ファームはハイスピードコンプレッションと考えて良いのでしょうか? まず誤解のないように説明させて頂きます。黒いダイアルはオープンモードのみで機能するようになっています。ダイアルを操作することによって何が行われているのか?これはオイルの流量を変化させています。ストローク全域に影響を与えることのでき…

続きを読むread more

RAZE CARBON R

今期からリリースされるモデル。 FOXYではオーバースペック、DCではストイック過ぎる。 リアのトラベルが130mm、フロントが150mm。 トレイルでの使用に最適化されたトラベル量。 XCやDCモデルよりもストローク感を感じることができます。 つまりは長時間のライディングにも対応したバイク。 しかしMONDRAKERのライ…

続きを読むread more

FLOAT X2のクリップを無傷で取り外すコツ

エアボリュ―ムスペーサーの調整をする時にAの部分を外します。 Bのクリップを外すコツを伝授いたします。 空気を抜き、内圧を0にします。 その後、Aの部分を下(インナーチューブの方)に押します。 AはOリング2本でフローティングマウントされ、高速リバウンド側から抜けないようにBのクリップで固定しています。 空気を入れるとAの部分…

続きを読むread more

MONDRAKER FOXY CARBON R

ようやくリリースされたFOXY CARBON。入荷は少し先になりそうです。FOXの取り付けられたグレードはFOXY CARBON R。 ENSに最適なストローク量。何度もお伝えしていますが、今のバイクはリアのストローク量が150mmであっても、ストレスなくツーリングに使用することができます。前後サスペンションの性能向上によってフレーム…

続きを読むread more

FOX DPS Remoteの仕様変更

A・B・C・Dのパーツを交換することによって、ワイヤーの引き方向とプッシュロック・プッシュアンロックの変更ができます。 何をどうするかで使用する部品が変わります。 また写真上のアイレットの形状によってAとBの長さが異なります。 ご希望の方はお使いのショックのID CODE(エアスリーブに貼ってあるデカールに記載されたアルファベ…

続きを読むread more

TRANSFERについて

TRANSFER、ワイヤーを付属の太鼓を取り付けてAに通し、アウターをCに取り付けます。レバーを操作することによってAが引っ張られ手前にきます。シーソーのようになっていますから、支点の反対側に位置するBは奥へ行くことになります。Bにつながっている部品が内部にあるシャフトを押すことでクラッチが切れて、ポストを動かす仕組みです。イメージしや…

続きを読むread more

2022 FLOAT Xの大きさ

出荷前点検&ストローク変更の作業前、FLOAT Xを手にした時の気持ちをお伝えしたいと思いました。 その写真を掲載しようかと思ったのですが、同時に「手が小さいんじゃね?」と突っ込まれるかもとも思い、比較写真を掲載することとしました。(笑)結構な差があります。

続きを読むread more

2020年以降のGRIP REMOTE

完成車に多く採用されている2020年以降のGRIPリモート。 中心部、銀色の2mmの六角レンチを使って固定する際には必ず青いダイアルを固定した状態で締め込むようにしてください。 固定せずに締め込むと、オイルの通路を防ぐアルミ製ニードルが下がり過ぎ、中通しになっているステンレス製シャフトの真ん中を押すことになります。最初のうちはアルミ…

続きを読むread more

ブレーキングとサスペンション

コーナーの手前で追いつくのだけれど、立ち上がりで大きく離される。 コーナーの通過速度を上げたい。 速度を落とし過ぎているのではないか? 初心者や初見のコースならいざ知らず、レースへの出走を考える程度のスキルとキャリアを持っているのならば、実はスピードの差には大きな違いはありません。スピードを殺さないライン取りとブレーキングのスキル…

続きを読むread more

2022 FLOAT X

FLOAT Xには希望小売価格 62,700円(税込)のPerformance Eliteグレードが存在します。 サイズは210mm-55mmと210mm-50mmのみ。 FLOAT Xもダンパーを分解することなく、スペーサーを使ってトラベルの量を変更することができます。 残念ながらアフターマーケットではトラニオンモデルはございま…

続きを読むread more

e-bike AWL (Adventure Without Limits )の追加

E-SUV最適化 電動アシスト技術の爆発的な普及により、サイクリングの世界は大きく変わりました。マウンテンバイク愛好家が新たな地形を開拓し、より大きな障害物を乗り越えようとしているだけでなく、e-サイクリング全体の能力が大幅に向上しています。これにより、バイクとそのコンポーネントには、まったく新しい性能と安全性が求められるようになりま…

続きを読むread more

ROYAL GLOVE APEX & STORM

既に使用しているのですが、ROYALの凄いポイントは違和感。 違和感って駄目じゃね? いやいや、グラブをはめてハンドルを握ると、その感覚にどなたも絶対に違和感を覚えるはずです。 その違和感を具体的にお伝えします。 「グラブしているのにも関わらず、素手で握っている感覚」 とにかく不思議な感覚。

続きを読むread more

MONDRAKER Lサイズ ご予約が可能な製品

このところLサイズのお引き合いをよく頂きます。 既に数本のご予約を頂戴いたしました。 以下のラインナップは何? Lサイズで、ご予約が可能な製品です。 MONDRAKER本社では2022年モデルが完売。そのため、例年とは勝手が違って受注発注はできない状態。つまり以下のアイテムは全て納品が確定している、弊社から事前に発注されたもので…

続きを読むread more

Royal 始めます。

需要の増大に応えるためにフル稼働している台湾の自転車関連工場。ちょっとした切削部品や原料に近いものは中国に頼っています。台湾の企業であっても下請けさんの工場は中国なんてことは当たり前。中国の計画停電による影響で部品が来ないため、台湾の工場を稼働させることができない状況になりつつあります。 中国の都市部の若い女性の給料は日本と変わらなく…

続きを読むread more

昨日の記事についての訂正

わかりやすいように具体例を挙げたのですが、お恥ずかしいことに中点連結定理を否定してしまうような文章になっていました。 お伝えしたいと考えていた内容は、(中点の高さは等しく)ショートホイールベースの場合、路面から中点までの角度が大きくなるため、姿勢変化が大きくなります。結果として上下動が大きくなります。 新たに作成した図をご覧いた…

続きを読むread more

ホイールベース

ショートホイールベースは運動性能が高い。 これは正しいことなのですが、コーナーリング性能が高いと置き換えることはできません。この部分を勘違いなさっている方が多いようです。 もしイコールであれば、F-1のホイールベースは長くはなりません。レギュレーションが変更され、タンク容量が大きくなり、スペースの関係で必然的に長くなりましたが、それ…

続きを読むread more

昨日のお話の続きになります。

同じサイズのフレームを選択しても、「適応身長に幅があるし、体重だって違えば!」という意見があるかと思います。これを解決しているのが前後サスペンションの設定なのです。 F-PODIUM CARBON Rを例にとってお話します。 フロントが34SCの110mm サグの推奨値が17mmから22mm リアがDPS 185mmx47.5mm…

続きを読むread more

サイズの問題

MTBは比較的歴史の浅い乗り物ですから、未だに進化を続けています。 例えば、ステムの交換。 黎明期には自分に合わせるため、ステムの長さを変えることは当たり前に近いことでした。 ジオメトリも完成されておらず、サスペンションもなかったため、衝撃による影響を少なくするため積極的に重心を移動し荷重分布を変えることが必要でした。そのため自分…

続きを読むread more

XCOもDHIもタイムの向上にはリアショックが効果的

シンプルなDPS。 外観上は同じなのですが、フレームのモデルごとに最適化されています。直押し系は素直に入力されますから大きく動きます。そのためリバウンドが弱い設定になっており、素早く元のポジションに戻ることができます。次の入力に対応できるため、シャキシャキ動きます。 リンクを介したモデルはリンクによって入力が規制されるため、ストロー…

続きを読むread more

チェックしてみてください。

地味な連休。昔はゴールデンウィークも飛び石連休と呼んでいました。 普通に土曜日も働いていましたし、官公庁が半ドン(調べてね)でしたから。 お休み続きますので、フロントサスペンションの再確認を。 ありがちな間違いを書いておきます。 XCO系 ・リバウンドが強めの設定になっていないか? (突き上げ感を感じるのなら弱めにしてく…

続きを読むread more

何度でも書きます。正しいセッティング

サスペンションのセッティングは、製品性能の100%に近い状態を発揮させるための作業です。マニュアルにある減衰設定はWorld Cupで表彰台にのったことのあるプロライダーを含めた、とんでもないレベルの方々によって実際に検証された上で掲載されています。 「自分は快適に乗りたいだけで速く走りたいわけではない。」そんな方々も参考にしないのは…

続きを読むread more

お願いとご連絡

数年先まで製造の予定が既に決まっているため、今年はほとんどのメーカーが例年と異なり追加の注文を受けることができません。 年間購入量を各月ごとに割り振って予約、それに基づいて納品されるのですが、納期の見直しや追加注文を受けることができません。 急激な景気の後退のリスクなどを考慮し、売れ行きの芳しくないサイズやモデルは仕入れを控えること…

続きを読むread more

TONEのクイックアダプター

意外に好評な変なツール紹介。 今日は締め込み時に便利なTONEのクイックアダプター。 ラチェットレンチが空回りする締め込み初期段階において、指を使って回すことができるツール。フォークのトップキャップを取り付ける際などに使います。 アルミ部品を締め込む場合、最初は確実にネジ同士を合わせるために指を使って締め込みます。その後に効率良く…

続きを読むread more

エアボリュームスペーサーでボトムアウトを防ぐ時の注意点

最初にリバウンド調整が強過ぎないかを確認してください。 サグの量やコンプレッションの設定はマニュアルの指定に近い状態であることを確認してください。 その上でストロークの後半、ボトムまでの動きが速いのなら、エアボリュ―ムスペーサーの容量を増やしてください。 気を付けるポイントはコンプレッションのHSC(ハイスピード)で設定する場合と…

続きを読むread more

2021-2022 TRANSFERのサイズ 再掲

2021-2022 TRANSFERの各部サイズを今一度掲載いたします。 注意して頂きたいのは ・サドルクランプ(ヤグラ)の形状 ・ロワーポスト(シートチューブに挿入される部分)の長さ。 サドルクランプの形状は、イメージよりも低い位置でレールを固定できるロープロファイルになっています。 100mm / 125mm / 15…

続きを読むread more