36 2021年モデルの解説動画

各部の機能について説明がなされています。 日本語の字幕がでます。(下側の設定で自動翻訳の日本語を選択してください。) フローティングアクスルの構造もわかりやすく解説されています。 最近の動画を見ていると、サスペンションの性能がある程度高くなければ不可能な走りばかり。 お手持ちの製品の性能を100%引き出すためにも正しいセット…

続きを読むread more

昨晩のピンクムーン

アメリカのシバザクラ、桃色のフロックスが咲く時期の満月ということでピンクムーン。 薄雲がかかっていたためクリアには見えませんでしたが、周囲のぼやけた光など、とてもいい感じでした。 実際に見ている状態に近い写真を撮影するため、帰りがけに四苦八苦。ホワイトバランスやISO、シャッタースピードなどを調整しながら近い状態に持っていくことがで…

続きを読むread more

FOXY 希望小売価格 495,000円(税込)

FOXY 希望小売価格 495,000円(税込) かなり丁寧に作り込まれています。 そのままでも十分に楽しむことができますが、お望みならばDPX2も取り付け可能ですから拡張性も十分。 少し古いフルサスバイクにお乗り方は信じられないかもしれませんが、150mmリアストロークであっても街乗りで不満を感じることはありません。本当に動…

続きを読むread more

難しい問題です。

ワールドで戦うことのできるハードテイルの『量産車』では世界最軽量のPODIUM CARBONシリーズ。 希望小売価格は539,000円(税込)から。 コストを考えれば、台湾や中国で製作するのが正解なのですが、ドイツでの製造を選択しています。以前にもお伝えいたしましたがDTMやF-1に携わるメーカーがフレームを製作しています。 世界…

続きを読むread more

SUPERFOXY CARBON R

SUPERFOXY CARBON R 税込希望小売価格 836,000円 電動アシストではないのに、この値段? 確かに高額な自転車なのですが、電動アシストにはない魅力があります。それはモーター&バッテリーがないゆえの軽快さ。軽量な車体を軽快に動かすことに主眼を置いたサスペンションシステムは、戦闘機のような機動力でバイクを左右、上…

続きを読むread more

モデルによるセッティング方向

サスペンションユニットを効率よく動かすのなら、リアホイール保持部からメインピボットまでの部分とサスペンションユニット取り付け部の剛性は高い方がベター。ただし極端に剛性を上げてしまうと、外的要因によるリアホイールの予期せぬ動きに対して人間の反応スピードが追い付かなくなります。そのため重量とのバランスを取りながら剛性が設定されていきます。 …

続きを読むread more

7iDP KIDS TRANSITION Knee

7iDP KIDS TRANSITION Knee、入荷いたしました。 サイズはS(2歳から4歳)M(5歳から7歳)L(8歳から10歳) 希望小売価格 3,300円(税込) *エルボーはワンサイズで3,080円(税込) ウェブに掲載されているのは旧モデルのようです。 最新モデルはコンパクトで目立ちません。 体温で変形…

続きを読むread more

ハイスピード側のしくみ

ジャンプの着地など急激にストロークした場合、入力されたスピードで戻ってしまうと大変なことになります。流量制限を行うことで、そうした事態を回避しています。 大抵の場合、瞬間的な入力によって大きくストロークします。反発力を利用して戻るのですが流量制限されたままでは戻るために要する時間がかかり過ぎ、次の衝撃に対処することができなくなります。…

続きを読むread more

リバウンドの設定

低速側のリバウンドを強く(遅く)設定すると、ストロークしたシャフトやインナーチューブが戻りきる前に次々と入力されることになります。例えば、160mmストロークのすることのできるフォークが、120mmまでストロークし、80mm戻ったところで次の衝撃を受けたとします。40mm戻り切れていない状態ということはご理解頂けるかと。40mm戻り切れ…

続きを読むread more

コイルスプリングと抵抗

コイルスプリングはビビットに入力に応じた動きをします。グラフにすると縦軸と横軸の交差する0から右上がりの真っ直ぐな線で表されます。ほとんど場合、抵抗は入力される力よりも少ないため、その影響を受けにくくなっています。エアスプリングとは異なり、表面を磨き上げたクロモリシャフトぐらいの抵抗なら摩擦を軽減できるシール類でカバーできます。影響を受…

続きを読むread more

エアスプリングのキモ

摺動抵抗、接触面が動くことによって発生する摩擦も当然ストロークのスピードを落とします。ただ動き出しの際、その抵抗が一番大きく、動き出してしまうと一気にその摩擦が減ります。その動き出しの際の抵抗を減らし、入力の速度や大きさに対してストロークのスピードや量を正しく比例させることによって、ダンパーの特性を発揮させることができれば、理想的なサス…

続きを読むread more

書き換えれば、違法ではなくなります。

コンプライアンスを遵守すればモーターごと交換なのです。 ただ簡単に設定を書き換えることが出来なければOKなわけです。 原文はこちら 昭和三十五年総理府令第六十号 道路交通法施行規則 第一条の三 一のニ イからハまでのいずれにも該当する原動機についてイからハまでのいずれかに該当しないものに改造することが容易でない構造であること…

続きを読むread more

昨日の補足

昨日のお話、端折ってしまっているので、わかりにくかったと思います。申し訳ありません。 今日はその補足です。 最初はバネだけだった緩衝装置、サスペンション。バネだけであると、そのエネルギーを消費するまでの間、伸び縮みを繰り返します。ブログの方でお話したことがありますが、昔の八百屋さんにあった、天井から吊るされたおつりの小銭を入れた籠を…

続きを読むread more

抵抗を少なくすることによるメリットについてのご説明

写真は40ですがフロントサスペンション全般のお話です。 上側が2021年モデルの29インチ用40のエアピストン。下側が2020年以前のモデルに使用する27.5&29インチのエアピストン。 真ん中に位置するQリングより右側がポジティブの空気室になります。黒い部分と赤い部分の内側は空洞になっていて下側には穴が開いています。ポジティブ側に…

続きを読むread more

他に使いようのない工具

今日は作業に使うツールをご紹介。 FLOAT X2やDHX2のハイスピード側リバウンドをコントロールしているVVC(ヴァリアブル・ヴァルブ・コントロール)を組み立てる際に使用するトルクドライバーです。 一緒に写っているマジックペンと比較してみてください。まるでミニチュアのような大きさなんです。 TONE(トネ)5mmのディープソケ…

続きを読むread more

本当は休業日なのですが

土日の作業から一部を。写真撮影を忘れたものも。 2021 40はオレンジパーツは不要とのことだったので、軽くコンパウンドがけの作業を行っておきました。(時計を見てびっくり、2時間程磨いていました。) 今日は2021 DHX2のオーバーホール、荷受け、100㎏くらい段ボールをリサイクル業者さんに持っていきました。

続きを読むread more

今現在、ぽんと手に入るオールマウンテン

まさに旬な29er、オールマウンテンフルサスペンションバイクのベンチマーク、FOXY29。 21年モデルは若干のジオメトリーの変更を行いブラッシュアップ。 前後FOXを装備の大変お買い得なモデルです。各部最新の規格を採用し、アフターマーケットの部品をたやすく飲み込むことが可能 です。 MONDRAKER BIKES"FOXY…

続きを読むread more

エアボリュ―ムスペーサーについて考えるタイミング

オーバーホール依頼の製品を分解する際に空気圧を確認しています。 お返しする時は、その空気圧よりも低めでお返ししています。 理由はネガティブ側に過剰に流れ込んでいた分を相殺するために空気圧設定が高めになっていた可能性があるためです。 設定空気圧とエアボリュ―ムスペーサーの数量をチェックすると、割とバランスのとれていないものを頻繁に見…

続きを読むread more

オレンジパーツ取り付けについての補足

言い忘れていましたので、お知らせを。 オレンジパーツへの交換を希望されない方は「交換NG!」と作業依頼書などでお知らせください。 DHX2とFLOAT X2のリバウンド調整部オレンジパーツの交換作業はダンパー部の分解作業が必要です。お客様が簡単に交換することができません。 交換を希望されない場合、ご指示をお忘れなく。 前…

続きを読むread more

作業再開

熱が出てしまい、中途半端に体を曲げた変な姿勢で立っているか、寝ているかの状態でないと過ごせない状態でした。 普段行っているストレッチの効果が出ない程、疲れていたようです。今日から作業を再開したいと存じます。 少し前に撮影した写真。 ジョウビタキのオスとお教えいただきました。ありがとうございます。 この地方でもサクラも咲き始め…

続きを読むread more

グラビティ―だけでなく

プロテクターのイメージはグラビティー系なのかもしれませんが、練習時にはXCのライダーにも装着して頂きたいのです。 実際、ヨーロッパではかなりの数のXCライダーたちも使用しています。漕ぎ重視の設計は想像以上のフィット感をもたらします。 写真はキッズ用ですが実物はこの写真よりもコンパクト。 パッドの部分、衝撃を受けると固くなり、お子さ…

続きを読むread more

7 Protection(7iDP)

Sam Hill Knee Pads EWSで3度の優勝経験を持つサム・ヒル氏の貴重な意見を取り入れて設計されたサム・ヒル・シグネチャー・ニーパッドは全てのグラビティ・ライディングのための究極のMTB用ニーパッドです。一日中装着できるほど軽量で、サム・ヒルのニーパッドは体温で成型され、最高の快適性を提供します。また、通気性のあるメッシ…

続きを読むread more

サスペンションで操縦安定性を変化させる

前後のサグは フロント15%~20% リア25%~30% の範囲内で調整してくださいと言い続けています。 現在のレースシーンの設定トレンドはリアを30%のサグでセットアップします。 リンク式であろうが直押しであろうが、それぞれサスペンション形式は違っていても異なる理由で30%にしています。リンク式はライダーが反応できる時間を少…

続きを読むread more

あせる必要はありません。

セッティングを変更しても、その違いやメリットがわからない。 初心者のお話ではありません。自己流の設定で直感的に走るライダーであるのならばありえる話です。実際に数名存じ上げておりますが。 ただその解決方法は技量やキャリアに関係なく同じです。 サグを正確に設定し、マニュアルある設定値にします。 走行します。当然「よくわからない」はず…

続きを読むread more

メカ的センスの正体

メカ的センスは後天的なものです。 無かった人がいうのですから間違いありません。 既出ではありますが、40のピンチボルトを例にお話を進めさせて頂きます。 アクスルもピンチボルトも指定の締め付けトルクは2.1 N/m 。 極めて軽いトルクで締め付けます。左右2本ずつの合計4本。そうそう今シーズンモデルから、ピンチクランプボルトが…

続きを読むread more

これがベストバイ。普段使いからゲレンデまで最高

「出荷した全てのバイクや製品がレースに出ているのでは?」という程、入賞率と出走率が高い。これが良くも悪くも弊社の伝統。あれだけレースフィールドで見かけるのなら、売り上げ数は今の10倍以上は売れていないと不自然な位なのです。 FOXYは前後FOX。極端に相対的な比較を強いられる状況でなければ、個人的にはFOXYで十分であると思います。ジ…

続きを読むread more

頼まれると断れない性分を何とかしたい。

経験してないとイメージはできないと思いますのでご説明を。 悩ましいリクエストに対し「古い製品在庫から部品を取って作業をします。」などと割と簡単に言っていますが結構大変なんです。確かに在庫から取り外した部品を依頼品に取り付ける作業は簡単なのですが、部品が取り外された製品を使うことができるようにするのが大変なのです。 全バラをして部…

続きを読むread more

工具とちょっとしたコツ

このロングソケットはSCのボトムナット用として使用しているもの。普通に購入することができます。 KTCの品番はB3LL-10 KO-KEN コーケンの品番は3300M エクステンションでは接合部が干渉してしまうため、一発でアクセスできるものを探して見つけ出したもの。贅沢を言えば、外径がKTC、KO-KENともに14.5mmこれ…

続きを読むread more

的確な修理を行うために

これだけ後ろ側に荷重がかかっているのなら、アルミのパイプは一時的に相当撓むことになります。 以前にもお話ししましたが、IFP(インターナル・フローティング・ピストン)はアッパーチューブの内側に位置しオイルと窒素を一本のQリングで隔てています。撓むことによって隙間が生じると、オイルと空気が混じりあいます。すると流動性が上がってしまうため…

続きを読むread more

ストラット&ヨークマウントタイプにDHX2を取り付けていらっしゃる方へ

https://mamapapa.at.webry.info/202010/article_4.html 以前、こちらでもお知らせいたしましたが、ストラット&ヨークマウントタイプのフレームで、既定の長さに収まらないモデルに関してDHX2は使用できない旨をお伝えいたしました。 規定に適合しないモデルを、具体的にリストアップしてみま…

続きを読むread more

Marzocchi Z-1、私の持つ印象が少しかわりました。

出荷前点検を待つMarzocchi Z-1。 全数ストロークさせ機能チェックをしているのですが、最近入荷した製品、少し違った印象を受けました。 コイルは反発力が強いため、リバウンドの設定が強めになります。最近、出荷されたエアスプリングモデルのダンパー設定も少し強めになっている印象を受けます。従来の設定でもコイルに対応できるようになっ…

続きを読むread more

16インチのお子さん用バイク

16インチで変速機がついているだけではありません。 Vブレーキであることも重要なのですが、子ども用自転車も速く走るためのジオメトリは重要。 お子さん用自転車を持ち上げようとして腰をいわしてしまいそうになったお父さんも多いのでは?ご想像以上に重いですよ。 MONDRAKERのお子さん用バイク、持ち上げるとかなり驚かれると思います…

続きを読むread more

オーバーホール・修理のフローを今一度。

http://www.ridefox.jp/index.html#contact こちらにあるオレンジのボタンを押して頂ければ、作業依頼書をダウンロードして頂けます。 必要事項を記入して頂いた後、FAX 0586-43-6811にお送りください。一つあたり3時間程度の作業時間が必要なため、FAXをお送り頂いた時点で作業予定を押さ…

続きを読むread more

正解は1つではないこと

横に振ったことによりタイヤが地面を離れ、再び接地した際に路面からの突き上げが強いのはリンク式。直押しは撓むことによってライダーへのフィードバックをマイルドに伝えます。瞬間の出来事ですからシンプルに表現すると腰にドンとくることはありません。上手なライダーさんは撓んだあとの反発力を無意識に利用しています。真面目で熱心なメーカーさんは、その撓…

続きを読むread more

2つのタイプとはリンク方式と直押し

双方とも更に細かく分かれるのですが、サスペンションユニット目線で概論的な検証してみましょう。 リンク方式はフレームを構成する構造体として役割から解き放れ、少ないストレスでストロークができるため、容易にサスペンションの性能を引き出すことが可能。構造がしっかりとしているため、ねじれに対して強い。ソリッド感が強く、グリップの限界値も高い…

続きを読むread more

直押しが増えてきている理由

サスペンションユニットはEVOLのようにネガティブ側の容量を増やすによって劇的な進化を遂げました。何が大きく変わったかというと即応性なのです。踏み込みと同時に動き出すことができるようになり、体の動きとサスペンションの動きのシンクロ率(笑)がほぼ一致するようになりました。今まではペダルを踏む動作、リアサスの動き出し、フロントサスの動き出し…

続きを読むread more

バイクも変化しているんですよ

オーバーホールと出荷前点検で毎日のようにリアショックやフォークを触っています。既に2021年モデルもオーバーホールの依頼が来るようになりました。先週はFLOAT X2の依頼が集中、2017年から2021年まで見事にフルラインナップで作業をしました。そのため比較をすることができ勉強になりました。 大きく変わっているのは2019年と202…

続きを読むread more

セッティングで得られる快楽の沼

まずは正確にサグをとり、マニュアルにある数値に設定して頂くこと。 快適な乗り心地を望まれるのなら、フロントはストローク量の20%のサグ、リアはストローク量の30%に設定してください。速さを追求するのならフロントは15%、リアは25%です。リアショックが2021年モデルのDHX2もしくはFLOAT X2でフロントがGRIP2のカートリッ…

続きを読むread more

RM社、ベアリングの外し方

某メーカーさんのベアリングを使用したマウントキット。外そうとされたらしく、傷がついています。今日は私なりの、傷のつかない外し方をお伝えしておきます。 構造的には内部にスチールシャフトが入っていますから、その部分を上手く使います。ベアリングプーラーの8mmを用意します。反対側はコラムをカットしたものを少し加工してあります。本来、プーラー…

続きを読むread more