ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS DHXとDHX AIRのブースト圧について

<<   作成日時 : 2007/10/24 12:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

DHXとDHX AIRのブースト圧について

75psi以上の加圧が絶対に必要です。
オフロード走行をするために使用する空気圧の範囲は125psiから200psiのレンジであると思います。正しいサグの設定ができていれば、200PSI以上は必要ありませんし、125psi以下になることもありません。
ブースト圧が低すぎると、ダンパーのシャフトがストロークして戻る際に、オイルの中に溶け込んでいた空気を負圧で引っ張り出してきてしまうのです。(シールの隙間からも空気が侵入します。)

わかりやすい表現をします。
おもちゃの注射器を水鉄砲代わりに遊んだことがありますよね?
ピストンを押すことによって、本物にはハリが付いている先端部分から水を噴出させました。
注射器を上に向け空気を押し出した後、水が出てくる部分を指で押さえて、ピストンを引っ張ると、ある程度まで踏ん張っていたピストンがスポンと抜けたように動きます。水の入っていた部分に突然空気が混入します。

これと同じことがダンパー内部で発生するのです。

コンビニの冷蔵庫で冷やされている炭酸飲料。
夏には欠かせません。
(日本で売っているコーラの方がアメリカで売られているコーラよりも炭酸の含有量が少なくなっています。知ってました?)
ふたをあけるとプシュといいます。これは溶け込んでいる二酸化炭素を安定させるため、加圧されているからです。

他メーカーのもので空気の加圧限度が異様に低いものがあります。
これは設計思想がFOXとは異なり、リバウンド側のオイルの通路の大きさがFOXよりも大きくなっているからだと考えられます。
定められた規定の空気圧の範囲内でご使用ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。「07 DHX AIR 5.0」を使用していますが、ボトムアウト調節は
説明書へは「ブースト・バルブ内の圧力を最大125psi にして行います」となっていますが、ショップからはリザーブタンクの空気を全部抜いてから調整してと言われましたがいかがでしょうか?調整方法を教えてください。
ジャッパロウ
2007/10/29 16:11
ご愛用ありがとうございます。

空気を抜いて行う理由。
ボトムアウトの調整部が手で回せるようになります。
またヘックスレンチを使ってまわしても
(ヘックスレンチを挿入して回すと傷がつきます。)、
ボトムアウトは気室の大きさを変化させるため、
再度空気圧調整をする必要があります。
ならば空気を抜くほうが楽でいいですよね。
ただし、メインのエア圧は落とさないように!
これはストロークさせないようにするための処置です。
大島
2007/10/29 16:26
早速のアドバイス有難うございました。またセッティングで迷ったら
相談させてもらいます。
ジャッパロウ
2007/10/29 20:44
はじめまして。ブースト圧を75pis以下でストロークさせてしまうと必ずオイルとエアーが混ざる(乳化現象?)のでしょうか?たとえば富士見のAをひと下りしたとか・・・
また、そうなったとすれば、どのような不具合があり、どう対処すればいいのでしょうか?
因にユニットは'07 DHX 5.0です。ご教示ください。
V10
2007/11/01 11:03
例えばではなく、具体的に話していただかないと答えようがありません(笑)何psiで使用されたのか、またプリロードやリバウンドの設定にもよっても変わってきます。

ショックユニットをフレームから外し、プリロードを緩めてバネを外してください。
プロペダルを最弱にして、手でダンパーを押してみてください。
減衰が効かずにスコッと入ってしまうようなら(わずかでもダメ)、オイルを交換、エア抜きをする必要があります。
対処の方法は販売店から修理依頼をしていただく他はありません。
ダンパーが効かない状態になり、最悪はトップキャップがゆるみ、
ボディが折れることになると思います。
大島
2007/11/01 12:14
早速のコメントありがとうございました。
ブースト圧は、ほぼゼロ、リバウンドは最もマイナスより6分の1回転ぐらいプラス、プロペダルは最もマイナスの状態で富士見のAコースを一本下りました。その後はブースト圧80pisでAとCを一本づつ下りましたが、特に不具合は感じませんでした。
大島様の言われた通りコイルを外してユニットを手で押してみましたが、はじめから減衰力が効いており問題はないようです。ですので、このまま乗ろうと思っていますが、それは絶対に止めた方が良いと思われる場合はまたアドバイスして下さい。よろしくお願いします。
追伸 大島様のアドバイスに関わらず、全ては自己責任である事は十分理解しております。
V10
2007/11/05 12:25
エア噛みはしていると思います。

立場上、OKとは絶対に言うことはできませんが、
ブースト圧は150psiまでは上げてください。
リバウンドはもう少し抜けます。
異常を感じたら、早めにオーバーホールを。
費用も安く済みます。
大島
2007/11/05 13:09
DHXとDHX AIRのブースト圧について ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる