DH 速く走るためには

軽自動車にいいサスペンションユニットを取り付けても、
そのままでは十分にその性能を発揮することはできません。
大抵の場合、ストラット・タワーバーなどで車体剛性や取り付け部の剛性を上げます。

いいサスペンションユニットはダンパーのコンプレッションが強めになっています。
突き上げるような衝撃を様々な仕組みでエネルギー変換を行い、それを解消させるのですが、
車体ごとねじられていてはその性能を十分に発揮するこができません。

MTBの重量は車やモーターサイクルと比較すると軽量に作られています。
そのため衝撃を受けた場合、突き上げられないように押さえ込む力が必要なのです。
ライダーはタワーバーの役目を行って、サスペンションの動きをアシストしなければなりません。
特に低速側コンプレッションに関しては、余分な動きを抑えれば抑えるほどタイムが向上させることができます。
それに耐えられるだけの上半身作りも、速く走るためには重要な要素なのです。

エリートの上位グループでも正しいセッティングができていない人がほとんどです。
まずは正しいセットアップを行った上で、少しづつブースト圧を上げる、
高速側のコンプレッションを上げるといった段階でセッティングを進めてください。