ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS リバウンドの調整、実践編 (今日は少し難しいかも)

<<   作成日時 : 2008/06/20 22:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

“パイロンを立ててスラロームをする際、
フロントを落ち着かせるためにフロントサスペンションの空気圧を5psi下げ、
リバウンド側減衰を2クリック強くした。”

あるユーザーさんのブログにありました。
この調整で問題は解決したようです。
実はこれは総合的にみると・・・。

もちろん一度に空気圧とリバウンド側減衰を調整することはタブーですが、
今日はもう一つ上のレベルのお話です。

実はこのセッティングはこの場限りのセッティングになってしまうのです。

空気圧をさげたことによってサグが変化し、大きくなっています。
つまりこれによって以前のセッティングよりもボトムしやすくなっていることは間違いありません。
またリバウンド側減衰を強くしたことによって、
スピードが高くなった状態での「連続したギャップを処理する能力」が落ちています。

ではどのようなアプローチが正解なのか。

この場合、前輪の荷重が十分ではないことが一番の問題となっていると考えられます。
これは技術によってもカバーできるのですが、
セッティング変更を行うのならば、「後輪の荷重を減らすこと」もこの場合の選択肢となりえるのです。

実はこのケース、リアサスのエアを足すことがオールマイティな選択と考えられます。
以前、お話した“シーソーの原理”の応用なのです。
リアの荷重を減らすことによって前の荷重を増やすのです。
リアサスに対して加圧するわけですから、走行限界が上がる方向になります。
これでもまだ問題の解決が十分ではない場合に初めてフロント側に手をつけます。
サスのエアを落とさずに、リバウンド側減衰の設定を一つ強くする。
このような処方も考えられるのです。

一つの現象を解決するためのセッティング変更、実は二つの選択があります。
一つは遅くなる側の選択(快適になる、ライダーに依存しない方向)と、
もう一つは速く走る方向の選択(ハードになる、ライダーの依存度が高くなる)なのです。

今回は少し難しかったかも知れません。
一番知っておいて戴きたい点は、
「フロントが滑る場合でも直接フロントを調整するのではなく、リア側を調整することでも問題が解決できる。」
ということなのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。いつも興味深く読ませて頂いております。

フロントにはコイルサスのVANILLA Rを使っていて
現場(山の上)で出来る調整はほとんどないものかと思っていましたので
リア側の調整がフロントの挙動に影響するという「シーソーの原理」は目からうろこでした。
今度走りに行ったときに試してみようと思います。
tr
2008/06/22 14:19
ご採用いただきありがとうございます!

ところで大島さん、相変わらずロジカルですね。
今回も、目から鱗がポロポロと舞い落ちましたよ。

フロントに問題があるから、フロントをいじる。
胃が痛いから胃を治療するという西洋医学的な立ち位置で
治療をしていました。
痛みの原因は胃ではなく、他にあるのではないか、
という東洋的医学的な視座が欠けていました。
もちろん、胃が原因の場合もあるのですが、
そうでない場合も往々にしてあるんですよね。

目的があって、その目的を得るために、手段があるわけですが、
大島さんのブログで、手段の引き出しが確実に増えてます。

あとは、意識的に経験し、記録し、蓄積された引き出しから、
必要なものを取り出る力をつけていきたいと思います。
乗車技術と体力が大切であることは言うまでもないのですが、
それを補う以上の重要なファクターがセッティング
(機材の選択、セッティング、メンテナンスなど)なんですね。

またネタ振りしますので、よろしくお願いします。
たけきよ
2008/06/22 21:29
trさん、こんにちは。
Vanilla-Rはリバウンド側減衰とプリロードが調整できます。
まだまだ遊べますよ。

この話、続きがあります。またの機会に。
大島
2008/06/23 09:24
たけきよさん、こんにちは。
ネタ、拝借させていただきました。
ご参考になれば幸いです。

「必要なものを取り出す力」=“考える力”が重要です。
セッティングなど“考える力”がつけば、誰にでもできることです。
日常生活の質も変化します。

>寄り道ビール
うらやましい。もう何年もできてません。(笑)
大島
2008/06/23 09:32
職住接近ではなく、山住接近遠距離電車通勤サラリーマンの、
ささやかな楽しみですよ。
たけきよ
2008/06/23 19:03
たけきよさん、こんにちは。
正直に言います。
私にとって一番面白いのは、
たけきよさんの日常生活編のブログ記事です。(笑)
スウィーツの名前が呪文、笑いました。
スタバに慣れた人の注文も謎が多いですね。
大島
2008/06/23 19:10
リバウンドの調整、実践編 (今日は少し難しいかも) ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる