ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 26、27.5、29  その2

<<   作成日時 : 2013/01/08 20:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 120 / トラックバック 0 / コメント 8

・大径化したことによる剛性の低下を避ける。
・縦方向の接地面が大きく、26インチと同じ幅では足にきてしまうほどのグリップ力を発揮してしまう。
・同じ幅であると空気容量が過剰に大きくなってしまう。

昨日お話したことがデメリットにならないようにするため、29インチでは26インチよりも細いタイヤサイズになっています。

タイヤに舵角を与えた場合、29インチは滑る方向に対して長い接地面を確保することができます。指定された空気圧レンジで前輪に使用した場合、26インチでは体感することができない程、横方向に滑りません。リアも同じでトラクションがかかる方向に接地面が続いているわけですから、やはり空転しにくくなっています。

26インチの場合、空気圧を上げていくと接地面は、縦方向・横方向ともに劇的な変化をします。そのため空気圧の変化によるグリップ感の変化がつかみ易くなっています。違う表現をすると、少し空気を入れただけで走りが軽くなります。
29インチは元々幅が狭いため、大きく変わるのは縦方向の接地面。そのため意外な程、空気圧の変化によるグリップ感の変化は小さくなります。

26インチをレースで使用される場合、高めの空気圧設定をして、接地感やトラクションを体重移動によって補ってきたはずです。
29インチにおける、高めの空気圧設定でのありがたみは、26インチよりも稀薄になります。(ないわけではありません。)後輪の場合、グリップ感の変化は少ないのですが、一旦滑り出した時の挙動は神経質になります。リアサスペンションを持った車輌は、これをカバーすることができるのですが、ハードテイルのバイクではライダーが意図的に荷重をかけて補助する必要があります。

リンクなどによって理想に近い入力ができるリアサスペンションと比較した場合、フロントサスペンションは効率的ではなく不完全なシステムです。(慣れ・コスト・重量等の問題があるため、本体の一部が伸びたり縮んだりするテレスコピック方式を採用しています。)後輪と同等のグリップを得るためには、前輪の空気圧設定を低めに設定する必要があります。



興味がある方が多ければ続きます。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 120
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ナナハンがきそうな状況の中、26インチXCを手放し、先日29erを導入しました。同じトレイルでシェイクダウンしましたが、いろいろなものが同時にスペックアップしたので、セットアップのヒントになります。是非、次回も。
カシマの前後のスムースさと15QRとカッチリ感は、根っこトレイルを走った瞬間に体感できました。(資金繰りの関係で、ホイールはスペックダウンしていて、タイアは2.1USTと26同様ですが、初日の感想は”なんか楽”だな、です。)
hope
2013/01/09 19:11
hopeさん、こんにちは。

アクの強さを味わうのならば、29インチ。
イージーで楽ちんですよね。
アプローチの距離が長ければ、大径ホイールを。
コメント、お買い上げ、ありがとうございました。
大島
2013/01/09 21:14
1秒を争うレースならともかく、趣味の里山ライドレベルでダルくて楽ちんなバイクを使う意味がわかりません。商売上目先を変えて売上を上げる、技術的な進歩の過程等、全否定するつもりはないけれど(笑) タッパが180うんセンチあれば必然的な選択ですしね。
アンチ29
2013/01/12 01:05
アンチ29さん、こんにちは。

もう少し私が若ければ同じことを考えたと思います。
齢を重ねると、体と時間が思うようにならなくなります。
そうなった時、大径ホイールは非常にありがたい道具となります。
ダルくて=過敏ではない。楽ちん=敷居が低いとお考えください。
大島
2013/01/15 15:18
ご無沙汰しております。
私も稚拙ながら26や27.5、29のそれぞれの特徴を時々考察してみたりするのですが、この度の3部作は、とても有益な情報でした。
リンクは貼って自分のBlogにも使わせていただきました。(リンク掲載の報告が後になってしまい申し訳ございません。)
また、お時間できましたら続編を聞かせてください。
サルサ野郎
2013/01/24 23:27
だるい=シビアではない、楽=速度の維持が楽で、乗車時間(距離)を増やせる、というとらえ方で、林道RIDEを楽しんでいるタッパが6ftのアラフォーでした。確かに、同じコースを走ると、26インチと楽しいセクションが違いますね。割とフラットなエンデューロは29インチが速く、逆にきついのぼりがあるコースでは、速度が落ちると弱い29インチだと遅れちゃいますね、
hope
2013/01/25 18:51
サルサ野郎さん、こんにちは。

ありがとうございます。
リンクは全く問題はありませんので。
機会があれば、またアップさせて頂きます。
今後とも宜しくお願い致します。
大島
2013/01/25 21:48
hopeさん、こんにちは。

最近は、違う乗り物のような気がしてきました。
登坂時には車輪の回転を落とさないよう、軽めのギアを使用するといいようです。
踏んでいれば速い。ヒラリ感はありませんが。
大島
2013/01/25 22:00
26、27.5、29  その2 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる