バックの硬いハードテイル、フロントのサグを多めにして下さい。

バックの硬いハードテイル、買ってしまってから「突き上げ感が凄く、思ったよりも腰にくるぜ」とお嘆きの諸兄、緩和する方法があります。フロントサスのサグを増やしてみてください。

中程度の技量のXC系ライダーさん、過剰に硬めの設定の方が多いようです。最低でも15%はサグをとってください。サスペンションが出始めたときから乗っているベテランの方も硬めに設定される傾向があると思います。
サグを十分にとり、コンプレッション側減衰で硬くするのが正解。
(正確な表現ではありませんが、わかりやすさを優先しています。)
そんなに硬い設定がお好きならリジットフォークがあります。

長めのフロントサスペンションフォークを推奨しているトレイル系ハードテイルのオーナーの方、フロントサスペンションの設定を硬めにしているとデメリットしかありません。長いサスペンションでサグが少なめの設定となればチョッパー状態になります。前に十分な荷重をかけることができないため、サスペンションも十分な仕事をすることができません。

「硬い設定→動かない→ヘッドアングルが寝たままの状態→更に動き難い状態」

のパターンに嵌まっていませんか?

リアにサスペンションがない分、柔らかめに設定したフロントを動かし、リアからの衝撃を緩和する設定が正しいセッティング。コンプレッション側減衰を効かせれば、ペダリングロスも気にならなくなります。

チョッパー状態のままで乗っていると、最悪の場合フロントフォークが折れてしまう可能性があります。実際にクラウン直下で曲がったインナーチューブを持ったフォークの修理を依頼されたことがあります。

騙されたと思って一度正確にサグを設定して乗ってみて下さい。
楽ができて、本当に速く走ることができますよ。