フロントサスの空気圧

オーバーホールの作業に取り掛かる前に空気圧をチェックしています。
以前より少なくなりましたが、「?」と思う程に高い空気圧設定のものが送られてきます。

いくら空気圧を高くしてもリジットフォークにはかないません。良くできたリジットフォークは衝撃を受けたことによって発生した、ダウンチューブの方向に押される力を巧みにいなすどころか、前に進む力に変えてしまうような感覚があります。あんなしなやかな動きはフロントサスペンションには不可能です。

以前、フロントサスペンションが沈んでいる間は前に進まないというお話をしました。その沈んでいる時間を少なくするため、コンプレッション側の減衰が強化され、過剰な動きを防いでいます。

MTBのサスペンションはテレスコピック式フロントフォークという形式に分類されます。この筒を双眼鏡の様に組み合わせた形式は、ストロークしやすくなるよう進行方向に向かって角度を持たせてフレームにマウントされています。機能的には決してベストな形式ではありませんが、安価でしかも軽量、私たちもその操縦特性に慣れているため、この方式が採用され続けています。またブレーキをかけることによって、フロントを沈み込ませ回頭性を高めてコーナーを曲がる感覚は一体感や達成感などの官能性を高いレベルで演出することができる点も無視するわけにはいきません。

このテレスコピックタイプのサスペンションフォーク、硬めに設定してしまうと衝撃によって発生している前から押す力によるロスが無視することができなくなります。
路面に対して斜めにマウントされているインナーチューブをスムースに動かすため、カシマコートや新型ダストシールは重要な役割を果たしています。抵抗が大きければ、ストロークする前にフォーク全体がダウンチューブの方向に押されてしまい衝撃の緩和に対して十分な役割を果たすことができなくなります。
過剰に空気圧の高い設定もインナーチューブをスムースにストロークさせることができないため、同じようにダウンチューブの方向にフォークが押される現象が発生します。ボトムケースにインナーチューブを挿入することによって、二つの部品を組み合わせているサスペンションフォークは押されることによって、インナーチューブにストレスが集中するため更に動き難くなります。
適度な動きが得られるようなセッティングによって押される力を緩和し、フレームへのストレスの軽減だけではなく、前に進むことを邪魔する要素を排除することが可能になります。実際に旧タイプのダストシールから新型に交換された方はインナーチューブの動きの良さだけではなく、前に進むようになったとお感じになられているはずです。

くれぐれも、上下動だけではなく前後の動きもロスになっていることをお忘れなく。
1.5Tのフレームになれば、首の部分(クラウンとコラムとの接合部)でのロスも少なくなり、更にボトムケースとインナーチューブ接合部への力は大きくなっています。
高めに空気圧設定をされている方、柔らかい設定を感覚ではなくタイムで確認してみて下さい。
楽になった上に速く走ることができるようになりますよ。