ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS FLOAT X2のセットアップ手順

<<   作成日時 : 2016/11/18 19:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

エアボリュームスペーサーの調整するタイミングが難しいようで、それを間違ってしまうと必要以上の数を入れてしまう方向に進んでしまうケースがあるようです。今日は失敗しない手順をお伝えしたいと思います。

まずは正確にサグの設定を行ってください。
画像
推奨されたサグが得られた空気圧を記録します。

画像

FLOAT X2をその空気圧に該当するリバウンドとコンプレッションの値に設定します。
110psiであれば、
『LSR 21-23・HSR 19-21・LSC 22-24・HSC 21-23』
が該当します。

この設定値は間違いなく『使い物』になる数値であり、事実この範囲内の設定でCJ エリートクラスを何度も優勝しています。

この数値の範囲で調整するようにすれば、バランスが崩れてしまうことはありません。
リバウンド弱め、コンプレッション強めがお好みならば、
『LSRは23戻し、HSRは21戻し、LSCは22戻し、HSCは21戻し』
となります。

この状態で走行してみて下さい。
ボトムをしてしまう位、柔らかな感覚であれば、ボリュームスペーサーを一つ追加します。
全体に動きが欲しければ、ボリュームスペーサーを一つ取り外します。

既に限界までスペーサーが入っていても、ボトムするようならばHSCを調整します。

サグ値が適正であり、バランスの取れた推奨設定の範囲で設定を行っていれば、まずスペーサーを限界まで使用するケースはないと思います。
強すぎるリバウンド設定や弱すぎるコンプレッション設定によって発生しているボトムアウトを除外することができますから、過剰なエアボリュームスペーサーを使用するケースは無くなるはずです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
FLOAT X2のセットアップ手順 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる