前下がりのサドルセッティング

画像
最近のWC(トイレではない)で流行している前下がりのサドルセッティング。あれ、ジオメトリの変化による影響なのです。
Mondraker に乗るとよくわかるのですが、斜面を登る際、坂の斜面に正対して座っているような感覚になります。まるで便座に座っているような感覚。(トイレから離れろ!)その状態まま、階段を上がるような下肢の使い方で登坂していきます。
通常の自転車を使っての登り際に使う筋肉と違う筋肉を使っているような感じがします。事実、運動不足な私でも富士見の洗車場からゲレンデに上がる坂を、乗車したまま登ることができます。日常的に使っている筋肉に対する負荷が多めになるようで、試しに違う自転車では登れないことはないのですが、違う部分の筋肉が悲鳴を上げていました。

最新のジオメトリのXCOバイクは、登坂時に後輪へのトラクションをより効果的にかけることができるような仕様が主流。サドルを前下がりにセットすると、更に楽に(=効率が良くなる)登ることができるポジションを得ることができるのです。

サドルを前下がりにするメリットは他にもあります。
コースの難易度が上がり、高速安定性を求めるフレーム設計になってきていますから、長めのトップチューブでロングホイールベース。シートチューブは立ち気味になってきているものの、コーナリング時には前輪への荷重が不足気味になります。前下がりのサドルは、この悩みを解決してくれるのです。サドルに臀部を当ててさえいれば、前輪への荷重を増加させることができるフォームになります。
百聞は一見にしかず。実際にセットアップして感じてみて下さい。
(『しまった。大き目のサイズを買ってしまったかも?』と嘆いている方、悩みを解消できるかもしれません。)
真面目な話、平地走行の際、かなり積極的な気分になります。
トライアスロン専用のジオメトリが確立されていなかった頃、流行した前乗りのような乗車姿勢。ただし通常とは異なる部位の筋肉を使う感覚が強くなります。

背筋の力が平均値、引き腕を有効に使うことができる方ならば、Mondrakerの指定するサイズをお選び下さい。日本の常識では長すぎるトップチューブでも大丈夫です。いつの時代もフロンティアは、固定観念に支配されることなく、古い常識を打ち砕きながら進み続けます。