リモートトップキャップの考え方

画像
2018年以降の2ポジションリモートのトップキャップパーツ取り付けの取り付けには、このツールが必要となります。
https://mamapapa.at.webry.info/201708/article_5.html

2017年以前のトップキャップパーツ、スプリング・プリロードは半回転でしたが、2018年以降は1回転させる必要があります。360度回しながらスプリングの中心をキープするためにも、このツールが必要なのです。

考え方のキモ。
取り付ける際のロックアウトのシャフト(正式名称はコンプレッションセレクター)のポジションは、レバーを操作していない状態にします。プッシュするとロックアウトが解除させるプッシュアンロックならば、時計回り一杯に回したロックアウトの位置。レバー操作(プッシュ)によって、左回りにシャフトが回転し、ロックアウトが解除される位置で固定されます。
解除するためにレバーを操作すると、左回りにひねられたバネが戻ろうとする、右回りの力でロックアウトの位置に戻ります。その際により強く確実に元の位置に戻すため、予め1回転のプリロードをかけておくわけです。
要はレバーをプッシュすると、プリロードの1回転+操作による半回転弱の位置エネルギーがスプリングに保持されたまま、ストロークするようになり、解除すると1回転+半回転弱の力(イメージはスピード)でロックアウトの位置に戻ってくるわけです。

取り付けに関しては、こちらに明快な動画があります。
https://www.ridefox.com/fox17/help.php?m=bike&id=851