クリック感がなくなると交換します。

フロントフォーク、3Pos-Adjのレバーが取り付けてある部品です。左側、二本のフランジの間にOリングが取り付けられます。その上のカプセル型のくぼみに、スチールボールがスプリングで押し付けられ、クリックを生み出しています。土と錆びた鉄粉がスチールボールの隙間に侵入、コンパウンドの役目をするため、溝が掘れてしまいます。カプセル状のくぼみと同じ深さになると、クリック感がなくなります。SHAFT.jpg