F-Podiumの登坂性能

マイペースで登坂する際、大腿部の負担の少なさは想像以上。

他のバイクに乗っている時とは違う筋肉を使っているイメージなのです。急な上りなどは階段を上る時など日常的に使っている筋肉を使っているため、楽ができている感じ。

海外のFOXYのインプレで、「リアサスについているロックアウト機能は使うな。その存在を忘れろ。」とまで言われたリアサスペンションシステム。EVOL化され、初期の反応性が改善され、更に上りやすくなっています。実際にEVOLではないリアユニットに換装したり、サグを減らしたりすると登坂タイムが落ちます。

アスファルトであっても楽ちん。斜度にかかわらず、シッティングの状態が一番効率的にトラクションを生み出してくれるポジションのため、スキルがなくても上級者と同じような荷重配分を実現することができます。登坂時には斜度に比例して、フロントから荷重が抜けていきます。フロントとリアの間で行われる荷重の受け渡しがスムースに行うことができるサスペンションシステムであることを実感できます。(これはコーナーを速く走るためにも重要なポイント。)

ダンシング時における正しい体の使い方ができていないと、立ち上がると極端にしんどくなります。

5cdbf340e58d0_f-podium-d-jpg_fill_2000_1247-(1).jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス